本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は、 オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter
HOT TOPIC
第33回 日本語プロダクトウェビナーのご案内:What’s New in VMware Cloud Director 10.2 ~自動化&外部連携編~

11月と12月はVMCloud Director 10.2 について2回にわけて解説します。
ぜひ、ご参加ください!

開催日時: 2020年11月26日(木)14:00~(40分程度を予定)
スピーカー: ヴイエムウェア株式会社 ククラウドソリューションアーキテクト Cuong Nguyen

アジェンダ:

  1. VMware Cloud Director 10.2 自動化&外部連携について
  2. Q&A

参加URL:
https://VMware.zoom.us/webinar/register/WN_lz_YU6YkRU-d7I7Ogve1vA
(※事前登録制です)

【アーカイブのご案内】第32回プロダクトウェビナー

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。

第32回: VMworld 2020 Update
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000005JK2N

こちらの「VCPP Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

2020年11月号
Partner Central ご利用はこちら

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud ご利用はこちら
クラウドパートナー様向けアセットページ ご利用はこちら

VMware Partner Connect最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect 説明会(2019年10月18日開催)の動画とQ&A >

Partner Connect 説明会資料 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY21 カレンダー

・ Q1: 2020/2/1-2020/5/1

・ Q2: 2020/5/2-2020/7/31

・ Q3: 2020/8/1-2020/10/30

・ Q4: 2020/10/31-2020/1/29

VCPP関連最新コンテンツ

ブログ: Feature Fridays Episode 23 – Tenant App 2.5
ビデオ: Feature Fridays Episode 23 – Tenant App 2.5
ブログ: Build a Custom Theme in VMware Cloud Director
ブログ: VMware Cloud Director Remote Access VPN Integration Guide is Available
ブログ: Guided Tours in VMware Cloud Director 10.2
資料: VMware Cloud Partner Navigator FAQ
ブログ: NSX-T 3.1: Sharing Transport VLAN between Host and Edge Nodes
ブログ: VMworld Rewind #5: Scale Your Cloud Services with Multitenancy on VMware Cloud on AWS

過去のコンテンツはこちらの「最新コンテンツ(英語)」からご覧いただけます。

セールス

要アクション:Partner Connect メンバーシップの更新と監査の準備をお忘れなく

Partner Connect の更新プロセスが 9 ⽉ 25 ⽇に復活しました(プログラムの法定通知)。多くの皆さんはマイルストーン期⽇が 10 ⽉と 11 ⽉に予定されています。今年度の健全性チェックのお知らせが 10 ⽉ 5 ⽇にパートナー各社の窓⼝担当者様に送付されています。

  • 9 ⽉ 22 ⽇ vmLIVE のビデオで更新プロセス(と必要なアクション)をご確認ください。今年 度の健全性チェック、1 ⽉監査に向けたアクション、プログラムの進捗をサポートするリソー スの重要な情報が含まれています。
  • パートナー ビジネス マネージャとご相談のうえ、2021 年 2 ⽉の最終監査に向けたプログラム の進捗に⼗分な備えをしてください。

将来に備えるためのフレックス価格

フレックス価格モデルにアップグレードする時期です。VMware では旧来のバンドルを廃⽌して、新しい Usage Meter 4.x アーキテクチャへと移⾏を進めています。ぜひお試しください。

すぐに使えてカスタマイズ可能な販売促進ツールキット

DRaaS、ネットワーク セキュリティ、ロードバランシング セールスの価値提案、ガイドライン、トレーニングとマーケティング資料を活⽤して、サービスの拡⼤と顧客の製品導⼊の促進にお役⽴てください。キットのダウンロードはこちら。

その他 セールス情報

【2020 年度第 3 四半期版製品使⽤ガイド】
最新情報はこちら。

【価格、測定、レポート、その他の最新情報】
8 ⽉の記事でプログラムの新しい内容と変更をご確認ください。
【クラウド プロバイダー プラットフォームの新デザインとトレーニングの更新】
こちらのデザインを⼀新したクラウド パートナー Web サイトのソリューション ページで、マルチクラウド サービス ポートフォリオの拡⼤をサポートする新しいトレーニングとリソースをご覧いただけます。
【欧州の成熟するデジタル市場】
VMware は IDG Connect に欧州のデジタル成熟度の状況調査を依頼しました。その結果がこちらの 2 ページのスポットライトにまとめられています。

【VMware Cloud Director:10 周年記念ビデオのご紹介】

  • Cloud Director がクラウド プロバイダーにもたらすメリット
  • Cloud Director によるクラウド プロバイダーとの⾃然な連携

【クラウド認定パートナー最新情報】
  • DataBank:デジタル⾰命の実現をサポート
  • UKFast:カスタム クラウド ソリューションの提供


【VMware Cloud on AWS 情報】
HighWire が導⼊したディザスタ リカバリ スキームは数分でデータを復元できる業界最⾼⽔準のものです。
詳細については、こちらを参照してください。

CRN の「VMware's Revamped 'Partner-First' Culture」

チャネルを統括する新しい幹部の採⽤から新しいパートナー ライフサイクル サービス組織の構築まで、VMwareがパートナー重視の⽂化をどのように醸成しているかについて、CRN が⾒解を述べています。ぜひご覧ください

ソリューション
Cloud Partner Navigator の導⼊

クラウド プロバイダーと MSP パートナー向けの新しいプラットフォームは、顧客があらゆるクラウドとサービスを利⽤できます。
こちらの記事またはvmLIVE でご覧いただけます。

VMware Cloud Director 10.2 GA(2020 年 2 度⽬のメジャーリリース)

絶えず変化を続ける困難な経済環境のなかで、弊社では皆さんからのご意⾒、ご要望に積極的に⽿を傾け、製品やサービスのさらなる向上に取り組んでいます。 こちらの記事概要をご覧ください。

Kubernetes のサポートを向上させる Container Service Extension 3.0

開発環境に対応した(Dev-Ready)クラウド ポートフォリオの拡張に備えはできていますか?
Kubernetes クラスタ サービスが VMware Cloud Director からセルフ サービスまたはマネージド サービスとして提供可能になりました。最新情報をご確認ください

プラットフォーム利⽤を促進する App Launchpad 2.0

テナントの新規アプリケーションの提供への備えはできていますか?
App Launchpad は VMwareCloud Marketplace、サードパーティ、カスタム仮想マシン、またはコンテナ アプリケーションを使⽤してプラットフォームの利⽤を促進します。こちらの概要で Dev-Ready クラウドの準備を始めてください。

新しいストレージ サービスを提供する Object Storage Extension 2.0

VMware Cloud Director OSE と AWS ネイティブ S3 の詳細情報はこちら

Tenant App 2.5 で価格、測定、ダッシュボードの機能を強化

vRealize Operations Tenant App 2.5 がクラウド プロバイダー向けに提供され、新しい測定およびモニタリング機能が導⼊されました。こちらの概要VMworld 2020 セッションのビデオをご覧いただけます。

VMware Cloud Director Availability 4.0.1 GA

DRaaS パートナー向けにさらにコントロールと機能が強化されました。こちらの記事をご覧ください。

UM4.2 の⾃動測定とレポート作成

こちらの最新情報製品検出に関するホワイトペーパーのダウンロードで⾃動測定とレポート作成の構成⽅法をご覧いただけます。

Usage Meter 4.2:API の復活

製品構成、アプライアンス情報の取得、通知アクセスができる新しい API の使⽤⽅法をご紹介しています。

vRealize Operations 8.2 GA

Kubernetes モニタリング、アプリケーションからインフラストラクチャまでのトラブルシューティング、拡張性、使いやすさを 4 つの柱とする vRealize Operations 8.2 がリリースされました。詳細については、こちらをご覧ください。

クラウド データ セキュリティを向上させる Fortanix

VMware Cloud Director 10.1 ではテナント ストレージの暗号化ポリシー機能が公開されましたが、クラウド プロバイダーにはキー管理システム(KMS)が必要とされました。パートナーの Fortanix により KMS サービスを VMware Cloud Director で利⽤できるようになりました。詳細については、こちらを参照してください。

AWS のトランザクションを直接使える VMware Cloud on AWS

マネージド サービス プロバイダー(MSP)向けに AWS の VMware クラウド サービスが購⼊可能です。現在の Amazon Web Services Enterprise Discount Program(AWS EDP)や、そのほかの AWSプログラムがご利⽤いただけます。AWS リセラーのメリットの詳細情報をご覧ください。

新規 VMware Cloud on AWS MSP コミット契約階層

VMware は SaaS の価格体系とパッケージングを合理化するレート カード モデルへの移⾏を進めています。完全なレート カード モデルの前に、新しい VMware Cloud on AWS MSP コミット/割引契約が導⼊されます。価格ハンドブックにアクセス

Microsoft サービス プロバイダーの VMware Cloud on AWS 使⽤許諾契約書

Microsoft SQL Server/Microsoft Windows Server ライセンスを VMware から購⼊することを検討されている MSP 向けの FAQ ドキュメントをご覧いただけます。

MSP お客様事例:Effectual

Effectual では顧客のモダナイゼーションをサポートするために VMware Cloud on AWS の移⾏サービスとマネージド サービスを活⽤しています。お客様事例をダウンロード

VMware vRealize Network Insight Cloud

ハイブリッド環境やマルチクラウド環境で、アセットライトの柔軟なモジュラー式 SaaS ネットワークの可視化と分析サービスを可能にするにはどうすればよいでしょうか?すべてこちらでご確認いただけます

vRealize Operations Cloud が Cloud Provider Hub で利⽤可能に

VMware vRealize Operations Cloud の⾃動運⽤機能は、クラウド プロバイダーの効率的なクラウド運⽤と収益拡⼤を⽀援します。その⽅法をこちらでご覧ください

Workspace ONE Enterprise for VDI SaaS 提供終了のお知らせ

このソリューションは、2020 年 11 ⽉ 6 ⽇に提供終了となります。以降販売される SKU は、Workspace ONE Enterprise(SaaS)と Horizon Universal Subscription Add-on for Workspace ONE Enterprise の 2 つのみとなります。 詳細については、こちらを参照してください。

3 年連続で VMware が Gartner の WAN エッジ インフラストラクチャの 2020 年 マジック クアドラントでリーダーとして選出

VMware は、Gartner の WAN エッジ インフラストラクチャの 2020 年 マジック クアドラントにおいて、3 年連続でリーダーとして選出されました。VMware は、「ビジョンの完全性」と「実⾏能⼒」において最上位に位置付けられました。詳細については、レポートをダウンロードしてこちらの記事をご覧ください

イネーブルメント
注目の有償トレーニングコース

VMware vSAN: Troubleshooting [V7]
日程:12月10日(木) – 12月11日(金)
受講費用:$1,850 / 19クレジット
コース概要:vSAN を使用した Software-Defined Storage に対し、トラブルシューティングを行いたいストレージおよび仮想インフラストラクチャ管理者に最適なナレッジを習得いただくコースです。トラブル対処のアプローチを把握し、コース内で実践的な経験を積むことにより安定基盤運用をめざします。

VMware vSphere with Tanzu: Deploy and Manage [V7]
日程:12月7日(月) - 12月9日(水)
            1月13日(水) - 1月15日(金)
受講費用:$2,775 / 28クレジット
コース概要:Sphere環境でKubernetesクラスターとコンテナ化されたアプリケーションの配信方法を習得する、vSphere with Kubernetesの実行と管理にフォーカスしたコースです。

VMware Carbon Black Portfolio: Configure and Manage
日程:12月14日(月) – 12月 18日(金)
受講費用:$4,250 / 43クレジット
コース概要:組織 / 企業のセキュリティポリシーに応じて、Carbon Clack製品の機能を有効利用する手法を習得いただくための包括的なコースです。

Nwe! VMware NSX Advanced Load Balancer: Install, Configure, Manage
日程:2021年2月8日(月) - 2月12日(金)
受講費用:$4,250 / 43クレジット
コース概要:VMware NSX Advanced Load Balancer (Avi Networks) ソリューションのインストール、構成、管理方法について、包括的に習得いただけるコースです。

* 上記受講費用に対し、ご契約に応じた割引が適用されます

全コース日程・詳細はこちら
https://secure.vmware.com/jpedu_classroom/

ご予約 / ご相談 / お問合せ: japan-education@vmware.com
お席の仮予約もお気軽にご相談ください

VMware Customer Connect:無償の VCPP テクニカル イネーブルメント&コンテンツ

スキルアップに役⽴つ無償のオンライン テクニカル トレーニングを受けることができます。VCPP関連のコンテンツにアクセスするには、最初に VMware Connect Learning のアカウントを作成してVCPP グループに登録する必要があります。そのうえで CloudFlix Web セミナー シリーズにアクセスして、ネットワーク セキュリティ、ストレージ、移⾏と DR に関する製品と機能の最新情報をソリューション エンジニアから直接⼊⼿することができます。

VMware Cloud Director v10.1 トレーニング:この機会をお⾒逃しなく

  • 1 ⽇講習:VMware Cloud Director サービスと VMware Cloud on AWS/VMware HCX の統合など、機能の導⼊と考慮事項を紹介した e ラーニング コースです。今すぐ登録

  • シリーズ講習:トレーニング、構成と管理 [v10.1] の集中コース。今すぐ登録

  • 上級ワークショップ:VMware Cloud Director、Cloud Director Availability、vRealize® Orchestrator、vRealize Operations、NSX-T、VMware NSX Advanced Load Balancer の⾼度な知識とスキルを獲得。今すぐ登録

  • ハンズオン ラボ:SDDC サービスを完全な仮想データセンターとして展開。サービス提供の準備が数分で完了します。登録はこちら

  • ライトニング ラボ:VMware Cloud Director サービスが瞬時に利⽤できるテナント UI の使⽤など、マルチ テナント機能の概要を紹介。アクセスはこちら

その他 イネーブルメント情報

【VMware Cloud Provider:ツールとサービスの最新情報】
vSphere、VMware vSAN、VMware vRealize Operations、VMware vRealize Log Insight 向けにVMware Cloud Director と VMware NSX を構成する⽅法。ハンズオン ラボにアクセス

【クラウド プロバイダー向けの VMware Validated Design】
VMware Cloud Director v10.1 をベースとする最新情報をダウンロード
【VMware Cloud Director Availability 向け vRealize Operations 管理パック】
こちらの構成アラートのビデオで、新しいパックを DRaaS ソリューションに接続して基本管理情報をビューに抽出するための構成を紹介しています。

【VMware Cloud Director Availability 向け vRealize Log Insight コンテンツ パック】
こちらのビデオで VMware Cloud Director Availability 4.0 の新しい syslog 機能を使⽤した vRealizeLog Insight の syslog イベントのモニタリングと管理が学べます。

【VMware Cloud Director Availability 向け Usage Meter 4.2 サポート構成】
こちらの記事ビデオで⾃動測定とレポート作成の構成⽅法が学べます。

【VMware Cloud Director Availability を使⽤した DR と移⾏のハンズオン ラボ】
こちらのハンズオン ラボでは、データセンターのフェイルオーバー/フェールバックとvSphere/VMware Cloud Director 環境へのデータセンターの移⾏⽅法が学べます。
【VMware Cloud Director Service のライフサイクル機能】
こちらのビデオを⾒る
【VMware Cloud Director Service Global Availability と MSP のリファレンス アーキテクチャ】
詳細を読む

【拡⼤する VMware Cloud Director Terraform プロバイダー】
詳細については、こちらを参照してください。
【vRealize Network Insight ハンズオン ラボ】
Virtual Cloud Network 向けに vRealize Network Insight 6.0(オンプレミス)と vRealize NetworkInsight Cloud 6.0.0(SaaS)がクラウド プロバイダーに次四半期提供予定です。 ハンズオン ラボで今すぐ機能の詳細が学べます。

ビジネス イネーブルメント

【クラウド プロバイダー/MSP 向けの VMworld 主要セッション ビデオ】
初の仮想イベントとなった VMworld のコース セッション ビデオでクラウド サービス プロバイダー向けの最新の製品情報と発表内容をご覧いただけます。
【VMware Customer Connect:各種トピックの無償 VCPP 学習コース】
VCPP 関連のコンテンツにアクセスするには、最初に VMware Connect Learning のアカウントを作成して VCPP グループに登録する必要があります。 次のコースが利⽤できます。

【VMware Cloud Director IDC ビジネス バリュー報告】
VMware Cloud Director を使⽤するメリットを数値と事実で明確に⽰した必読のレポート。IDC レポートインフォグラフィックのダウンロード

【Dell Technologies クラウド プラットフォームと Cloud Director】
CloudSpot はご存じですか?こちらの記事のエピソード 18(Dell Technologies クラウド プラットフォームと Cloud Director)で新しいアーキテクチャ仕様をご覧いただけます。

【無償の Cloudian 50 TB Cloud Storage Starter Kit】
キットをダウンロードして、無償でクラウド ストレージを⼊⼿。

【無償 Cloudian Go-To-Marketing Boot Camp】
こちらで登録すると、ツールを Storage-as-a-Service や Backup-as-a-Service などの⾼付加価値サービスの販売に役⽴てる⽅法が学べます。

【VMware Cloud on AWS Global Availability で利⽤する VMware Cloud Director Service】
VMware Cloud Director Service のマルチテナント機能が VMware Cloud on AWS でグローバルに使⽤可能になりました。詳細については、こちらをご覧ください。

【クラウド ポートフォリオを拡⼤:AWS サービス キャンペーン ポスター】
地域のお客様に特化した VMware Cloud on AWS の⾰新的なサービスを提供するためのあらゆる⽅法が学べます。詳細については、こちらを参照してください。

今四半期より開始

VMware Cloud Foundation マスター サービス コンピテンシー(12 ⽉に開始)は、サーバ、ストレージ、ネットワーク仮想化、クラウド管理、⾃動化の⾼度な専⾨知識とともに、統合ソリューションの概念設計、詳細設計、構築、運⽤を⾏う能⼒を備えていることを認定するものです。

平素は VMware コミュニティに格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 お客様におかれましては、過去に VMware のイベントへの参加、製品の購入や使用、ホワイト ペーパーのダウンロード、ニュースレターの配信登録などを通じて、弊社と関わりを持っていいただいたことと存じます。 VMware に関心を寄せていただいたことから、今後 VMware に関するさらに有益なニュースや情報をお届けしたいと考えております。 なお、VMware からの情報を希望されない場合は、このメールのフッターにある登録解除用のリンクをクリックするか、直接 privacy@vmware.com までご連絡いただくことで、いつでも配信を停止いただけます。 VMware はデータ保護を重要視しています。VMware におけるお客様のデータの取扱いおよび保護方法に関する情報については、VMware の プライバシー ポリシーをご覧ください。


このメールに対するご意見ご質問等は パートナープログラム事務局までお願いいたします。
ヴイエムウェア株式会社 - パートナープログラム事務局 - Japan-Partners@vmware.com

Copyright © 2020 VMware, Inc. All rights reserved.
617010_INV_Oct