本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は、 オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter
HOT TOPIC
11/25-26開催!VMworld 2021 Japan

2日間で180以上の多彩なセッションをお届けします。
VMworld ポイントを獲得して「ライフスタイル変革グッズ」への応募もお待ちしております!

▼詳細・登録はこちら▼
https://vmworld.jp/?src=EPN567
こちらの招待コード付きURLからのご登録でVMworld ポイントが獲得できます。

「Cloud ナレッジ」 マルチクラウド時代のパートナー最新情報をお届けするポータルサイト

その他の情報はこちら→ https://jp.cloudknowledge.vmware.com/<

第45回 日本語プロダクトウェビナーのご案内: vRealize Operations 最新アップデート

開催日時:2021年11月18日(木)14:00~15:00
スピーカー:
ヴイエムウェア株式会社 クラウドサービス技術統括部
スタッフクラウドソリューションアーキテクト 屋良 旦

【概要】
VMware の管理ソリューションである vRealize 製品の最新版となる 8.6 がリリースされました。その中でも、vRealize Operations では、パブリッククラウドやアプリケーションへの対応強化など、これまで以上に活用いただける用途が広がっています。
本セッションでは、vRealize Operations 8.6 の最新アップデートと共に、一緒に活用いただける Tenant App や、vRealize True Visibility Suiteといったソリューションについても合わせてご紹介いたします。

【参加URL】 ※事前登録制
https://VMware.zoom.us/webinar/register/WN__2WpT1IUTHmCZqGH9KmBKA

【アーカイブのご案内】第44回プロダクトウェビナー

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。

第44回VMware VCPP Monthly Webinar : VMworld 2021 アップデート
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000007l0wK

こちらの「VCPP Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

2021年11月号
Partner Central ご利用はこちら

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud ご利用はこちら
クラウドパートナー様向けアセットページ ご利用はこちら

VMware Partner Connect最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect 説明会(2019年10月18日開催)の動画とQ&A >

Partner Connect 説明会資料 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY22 カレンダー

・Q1 2021/01/30-2021/4/30

・ Q2 2021/05/01-2021/07/30

・ Q3 2021/07/31-2021/10/29

・ Q4 2021/10/30-2021/01/28

VCPP関連最新コンテンツ

ビデオ: Episode 50 - VMware Cloud Director Autoscaling
ブログ: VMware Cloud Director Assignable Storage Policies to Entity Types
資料: VMware Cloud Provider Lifecycle Manager Deployment Guide
ブログ: Feature Friday Episode 50 - Autoscaling for VMware Cloud Director 10.2
デモ : Deploy VMware Cloud Director using VMware Cloud Provider Lifecycle Manager
デモ: VMware Cloud Verified Application Process


過去のコンテンツはこちらの「最新コンテンツ(英語)」からご覧いただけます。

セールス

VMware のパートナー ビジョンに新たなセールス チャンスを数多く追加

VMworld 2021 では、世界中の数千ものパートナー様、お客様、業界リーダー、および分野を代表する知識豊富なエキスパートをお招きし、VMware の全体的な戦略と今後のイノベーションについて詳しくご紹介しました。 サンディ・ホーガン(Sandy Hogan)のブログ投稿では、VMware とパートナー様にとってのマルチクラウド時代の意味、VMware が現在構築している「クラウド スマート」なエコシステム、そしてお客様のマルチクラウド移⾏をパートナー様がより効果的に⽀援できるようにするための戦略の強化についてご紹介しています。 カスタマー ライフサイクル インセンティブ ポートフォリオも拡⼤し、お客様の移⾏をサポートするほど、多くのインセンティブを獲得できるようになりました。VMware Marketplace での商⽤取引についても公表していますが、この商⽤取引により、VMware 互換ソリューションに基づいて、まったく新しい収⼊源を構築できます。さらに、Cloud Universal 3.0 の登場により、パートナー様はお客様がマルチクラウドへの移⾏を加速させるサポートができるようになりました。詳細については、トレイシー・アン・パルマー(Tracy-Ann Palmer)のブログ投稿をご覧ください。
今回が初となるマルチクラウド イベントを VMworld プラットフォーム上で無償で視聴できる期間は終了しましたが、新たに開設された Partner University サイト内の「VMworld ContinuedLearning」をご確認ください。さまざまな担当業務に応じて実施されたパートナー様向け専⽤セッションをご覧いただけます。

新しい VMware Sovereign Cloud Initiative のご紹介

このイニシアティブは、さまざまな⽅法を通じて ESG(特にガバナンスの「G」)に対応することで、データ主権に取り組んでいる世界中のクラウド プロバイダー パートナーの集まりです。ソブリン クラウド プロバイダーは、データ主権、データ保管、データ アクセス、管轄区域、制御などに確実に準拠することで、お客様の機密データをセキュアに管理しています。詳細については、こちらをご覧ください。 VMworld でのパートナー紹介において、UKCloud Ltd の CTO、Leighton James ⽒とガイ・バルトラム(Guy Bartram)が、パブリック サービス向けの Sovereign Cloud Initiative について話し合いました。こちらの録画をご覧ください。

DRaaS 認定パートナーにお申し込みください

VMware は、クラウド プロバイダーの皆様が VMware とのビジネスを拡⼤できる公平な機会を提供するため、最⼩参加要件となる保護対象の仮想マシン台数を 50 台に引き下げました。DRaaS 認定パートナーは、各種ニーズに応じて構築されたあらゆるプログラムとイニシアティブ(顧客開拓アセットやカスタムの市場開拓アセットなど)を最⼤限に活⽤できます。このプログラムの詳細および無償のカスタマイズ サービスについては、クラウド チームにお問い合わせください。

最新情報:VMware Zero Carbon Committed Initiative

このイニシアティブでは、2030 年までにデータセンターを 100%(または 2025 年までに 50% 以上)再⽣可能エネルギーで運⽤することを公約としている VMware Cloud Verified プロバイダーを表彰しています。⼆酸化炭素削減⽬標の達成⽅法については、こちらを参照してください。

VMworld でクラウド プロバイダー向けマルチクラウド ソリューションを発表

VMworld では、さまざまな新しいマルチクラウド ソリューションが発表されました。こちらの最新情報では、VMware のマルチクラウド サービス ポートフォリオを活⽤して⾃社のサービスを差別化する⽅法について説明しています。

クラウド プロバイダー向け VMware Tanzu Basic

2021 年 10 ⽉ 1 ⽇より、VMware Flex モデルをご利⽤のクラウド プロバイダー パートナー様は、VMware Tanzu Basic Edition を無償でご利⽤いただけるようになりました。これにより、パートナー 様がお望みの場合、期間契約を結ぶことなく Tanzu Basic を展開できます。すでに Tanzu Basic でマ ルチテナント マネージド Kubernetes(K8s)サービスを展開しているパートナー様は、引き続き現 在のライセンスを利⽤できます。今後は最⼩使⽤要件は適⽤されません。Tanzu Basic を無償で利⽤ できるため、より容易に Tanzu Basic を導⼊して、VMware Cloud Director と統合できます。これに より、開発者のニーズに対応したクラウドやアプリケーションのモダナイゼーションなどのユースケ ース向けに Tanzu ベースのマルチテナント マネージド K8s サービスを提供できます。FAQ をご確認ください。

Cloud Director Availability による移⾏

10 ⽉ 18 ⽇より、クラウド プロバイダー パートナー様は、VMware Cloud Director Availability を使⽤して移⾏を⾏う権限を付与されます。Cloud Director Availability をご利⽤のパートナー様は、すでにお客様の仮想マシンと vApp を無償で移⾏する権限を得ています(ディザスタ リカバリ保護を利⽤する場合には追加コストが発⽣します)。パートナー様は引き続き、移⾏と保護を毎⽉報告する必要があります(フレックス コアを含みます)。これは、コア バンドルに移⾏機能が含まれていることを確認するための⼿順です。

新しいマルチテナント クラウド ソリューション

VMware Cloud Director on VxRail により、クラウド サービス プロバイダーは、標準化された多⽬的ハードウェア プラットフォーム モデルでセキュアなマルチテナントとお客様によるセルフサービスを実現し、リソース利⽤を必要な分のみに抑えることができるため、エンジニアリング コスト、運⽤コスト、設備投資コストを削減できます。

App Launchpad サービスの提供開始

App Launchpad が VMware Cloud Director で利⽤可能になりました。これにより、クラウド サービス プロバイダーは、お客様向けのカタログを効率的に作成および管理できます。この拡張機能は、Partner Navigator の SaaS 製品として利⽤できます。また、複数の Cloud Director クラウド エンドポイントでグローバル カタログを利⽤できるようになりました。詳細については、こちらを参照してください。

マネージド サービス プロバイダー向けの VMware Cloud Disaster Recovery の提供開始

クラウド エコノミクスを備えた使いやすい SaaS ソリューションとして提供される VMware Cloud Disaster Recovery は、コスト効率の⾼いクラウド ストレージとシンプルな SaaS ベースの管理を組み合わせて、IT レジリエンスを⼤規模に実現します。 詳細については、こちらを参照してください。

VMware NSX Migration for VMware Cloud Director 1.3:技術概要

この第 5 版では、共有ネットワークのサポート、名前付きディスク、動的グループを備えた分散ファイアウォール、モジュール⽅式など、多くの新機能が追加されています。概要については、こちらを参照してください。

VMware Cloud Director Availability 2.1 の最新情報

Object Storage Extension(OSE)2.1 は、クラウド プロバイダーの S3 ストレージをサポートするための信頼性に優れたソフトウェアベースのサービスです。相互運⽤性機能の拡張や Kubernetes バックアップ/リストア サービスのサポートの追加など、OSE 2.1 には、⼤量の⾮構造化データを管理するための⾼度な機能が数多く含まれています。

Terraform VMware Cloud Director Provider 3.3.0 の最新情報

3.3.0 では、NSX-T のサポートが強化されており、6 つのリソースと対応データ ソース(セキュリティ グループ、IP セット、アプリケーション ポート プロファイル、ファイアウォール、NAT ルール、IPsec VPN トンネル)が新たに追加されています。また、ロールと権限の管理が新機能として組み込まれ、これには専⽤の操作ガイド(権限、ロール、グローバル ロール、権限バンドル)が付いています。 詳細については、こちらを参照してください。

VMware Cloud Director Availability 4.2.1 の提供開始

このリリースでは、NSX-T Data Center への移⾏を完了していないプロバイダーに対応するために、NSX Data Center for vSphere を基盤とするクラウドへのオンプレミスのレイヤー 2 ネットワーク⾃動延伸がサポートされるようになりました。詳細については、こちらを参照してください。

VMware Cloud Director Availability 4.2:クラウドへの移⾏をシンプルに

お客様の環境を VMware Cloud on AWS に移⾏する必要があるものの、パートナー様がお使いのサービスが Cloud Director である場合、このリリースを使⽤すれば、レイヤー 2 ネットワーク⾃動延伸や、Cloud Director サービスを使⽤した VMware Cloud on AWS へのワークロード移⾏など、さまざまな移⾏機能を強化することができます。

VMware Cloud Director 10.3 を発表

このリリースには、NSX-T への移⾏を簡素化する新しいネットワーク サービスや、クラウドのセキュリティを強化する新しい分散ファイアウォールの動的メンバーシップなど、クラウド機能が新たに追加されています。また、Tanzu Kubernetes Grid および Container Service Extension 3.1 のカバレッジを拡⼤することで、より多くの K8s クラスタ機能と開発者のニーズに対応したクラウド ポートフォリオを提供しています。詳細については、こちらを参照してください。

VMware Cloud Director 10.3:ネットワークとセキュリティの新機能

VMware Cloud Director 10.3 リリースでは、ルーティングされた vApp ネットワーク、動的なセキュリティ グループ、接続に関連する(新しいユースケースの開拓を可能にする)いくつかの新しいオプションなど、ネットワークとセキュリティの重要な機能が導⼊されています。

複数の NIC を使⽤するための VMware Cloud Director Availability の構成

VMware Cloud Director Availability のレプリケーション アプライアンスを構成する⽅法をご確認ください。この構成により、複数の仮想ネットワーク インターフェイス カード(NIC)を使⽤して異なるネットワークに接続するだけで、異なるクラウドサービスや分離されたネットワークで VMware Cloud Director Availability を使⽤できるようになります。

イネーブルメント
注目のトレーニングコース

コース名称:[New!] VMware NSX-T Data Center for Intrinsic Security [V3.1]
コース日数:5日間
受講費用:$4,250 / 43クレジット
開催予定日:12/20 (月) - 12/24 (金)
受講形態:ライブオンライン (zoomを利用したオンライントレーニング)
コース概要:Intrinsic Security の実現に向け、VMware NSX-T Data Centerの設定、運用、トラブルシューティングを行うために必要な知識、スキル、ツールを習得するコースです。

コース名称:VMware Kubernetes Fundamentals and Cluster Operations
コース日数:4日間
受講費用:$3,400 / 34クレジット
開催予定日:2022年 1/11 (火) - 1/14 (金)
受講形態:ライブオンライン (zoomを利用したオンライントレーニング)
コース概要:コンテナと Kubernetes の基礎及び、クラスタの操作について学ぶ最初の一歩です。コース通してコンテナと Kubernetes の基本的な概念を理解し、2 層のアプリケーションを Kubernetes にコンテナ化して展開する方法を習得します。

VMwareパートナー企業所属の方にはご契約に応じた割引が適用となります。
お申込み・お問合せ:japan-education@vmware.com

VMware パートナー アクセラレーション プログラム

VMware のマルチクラウド戦略およびアーキテクチャ チームが、クラウド設計と市場開拓戦略につい て、パートナー様とお客様に専⾨的なアドバイスを提供します。Feature Friday では、TietoEvry のハ イブリッドクラウド担当責任者である Paco ⽒が、どのようにして次のステップに進み、最新のソリ ューションを市場に投⼊したのかについて説明しています。

919067_INV_Nov
VMware, Inc. 3401 Hillview Ave. Palo Alto CA 94304 USA Tel 1-877-486-9273

Copyright © {{my.Emailyearfooter}} VMware は、米国およびその他の地域における VMware, Inc. またはその子会社の登録商標または商標です。このメールに含まれる内容およびリンク情報は、指名された受取人のみを対象としており、別途指定のない限り第三者と共有してはなりません。

このメールは、過去に VMware のイベントへの参加、製品の購入や使用、ホワイト ペーパーのダウンロード、ニュースレターの配信登録など、お客様と VMware の以前のやり取りに基づいてお送りしています。VMware からの情報配信を希望されない場合は、VMware サブスクリプションページ からいつでも配信を停止できます。

または、お客様情報の更新、Eメール配信リクエストの管理などは Customer Connect にアクセスしてください。VMware におけるお客様の個人データの取り扱いについて、詳しくは VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。

このメールは送信専用アドレスから配信されています。このメールに直接返信されてもご回答いたしかねますのでご了承ください。ご質問がある場合は こちら よりお問い合わせください。