資料ダウンロード
MC24428

【導入事例】読売新聞東京本社様:Uila 社製 仮想基盤/VDI ボトルネック可視化ツール「Uila」

『読売新聞を支える統合仮想化基盤 最短距離で問題解決・最適化が可能に』
これまでアプリケーション、仮想化ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークごとの担当に分かれ、システムごとにトラブルを解決していたため、問題可決に多大な時間がかかることや未解決のまま終わってしまうことも少なくなかった。
Uila の導入により、仮想化基盤の動作状況が完全に見える化でき、問題が発生している場所が一目でわかるため、最短距離でアプリと基盤の問題切り分けが完了し、これまで、半月~1 か月かかっていた事象の調査が、たった 1~3 日で完了できるようになった。

提供企業 : 東陽テクニカ

関連資料・ビデオ

関連ハンズオンラボ