会場
MC21701

【お客様事例】群馬大学病院における医療 DX とセキュリティを実現した「医療を止めない IT インフラ」

再生時間 42:35
Day 1: 11月15日(火) 12:00 - 12:40
資料の提供はありません

コンテンツタイプ

キーワード

医療DXには「現場での試行錯誤」が伴う。試行錯誤をスムーズに行うために「仮想化」が役に立つ。病院はサイバー攻撃の危険に対処しながら、外来・病棟を安全に稼働させながら医療DXを推進しなくてはならない。セキュリティを担保するためにも「仮想化」は役に立つ。仮想化は、時代によって求められる目的が変遷してきた。改めて、「仮想化」とは何か、また医療分野においてなぜ今仮想化が必要であるのかを、群馬大学医学部附属病院での導入・運用事例をもとに解説する。

  • 国立大学法人 群馬大学医学部附属病院
    システム統合センター 副センター長/ 准教授
    鳥飼 幸太 氏

関連ハンズオンラボ

TOP