お知らせ

本セッションのオンデマンド配信はございません。何卒ご了承ください。

公開終了
会場
NS21702

【お客様事例】サイバーセキュリティ研究の最前線 2022 〜サイバー攻撃観測と仮想化技術の深い関係〜

資料の提供はありません

カテゴリ

コンテンツタイプ

サイバー攻撃、特にHuman-operatedな攻撃に対しては、「攻撃者の要求」に合わせて攻撃者を誘き寄せるネットワーク環境をカスタマイズしつつ攻撃者の活動を観測する必要があります。このカスタマイズはある1台のホストを設定変更するような細かなものだけでなく環境全体を作り替える大きなものまであり、ここに仮想化技術を活用することで効率的な攻撃観測を実現できます。本発表では、情報通信研究機構が研究開発を進めるサイバー攻撃誘引基盤STARDUSTをはじめとした研究成果のデモを交えながら攻撃観測事例について紹介します。

  • 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
    サイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室
    主任研究員
    津田 侑 氏

関連資料・ビデオ

資料ダウンロード
NS24488
ポイント対象
資料ダウンロード
NS24137
資料ダウンロード
NS24527
ポイント対象
資料ダウンロード
NS24520
ポイント対象
資料ダウンロード
NS24593
ポイント対象
TOP