vSphere 6.5:新機能

業界をリードする仮想化プラットフォームである vSphere 6.5 により、さまざまなクラウドやデバイス共通の運用環境でアプリケーションの実行、管理、接続、保護が実現します。アップグレードを行い、よりシンプルなユーザー環境、組み込みのセキュリティ機能、ユニバーサル アプリケーション プラットフォームを活用し、プロアクティブなデータセンター管理を実現しましょう。

vSphere 6.5 を選択する理由

VMware の Software-Defined Data Center(SDDC)アーキテクチャの主要な構成要素である vSphere 6.5 によって、次世代の VMware テクノロジーを最大限に活用し、強力かつセキュアで柔軟な基盤を構築できます。これにより、複数のクラウドやデバイスにわたって、既存および最新のアプリケーションを実行できます。

vSphere 6.5 にアップグレードすべき 10 の理由

情報に敏感な IT リーダーは、いち早くvSphere 6.5 の新機能を活用しています。

vSphere 6.5 の新機能

サーバ仮想化の定番製品、その最新版を技術的側面から詳しく解説

vSphere のアップグレード

古い vSphere を最新の vSphere 6.5 にするには

vSphere のビデオ

強力で革新的な VMware vSphere 6.5 の新機能によって、貴社のデジタル トランスフォーメーションはさらに加速します。詳細は、以下の紹介ビデオをご確認ください。

いちからわかるvSphereその1

仮想化のメリットとvSphereの概要についてご紹介します。

いちからわかるvSphereその2

アプリケーション プラットフォームとしてのvSphereがもたらすパフォーマンスの向上と可用性についてご紹介します。

いちからわかるvSphereその3

仮想化環境の可視化や自動化など、インフラをより円滑に運用するためのソリューションをご紹介します。