企業のデータセンターをクラウドへ

企業は、社内または外部の顧客や競合企業に対してより迅速に応答する必要があります。アプリケーションをクラウドへ移行することは、俊敏性や費用対効果が向上するため、魅力的なオプションです。

ハイブリッド クラウドでは、社内または外部サイトの IT 環境を単に接続するだけでなく、共通の方法で管理することができます。 また、既存および新規のアプリケーションをまったく同じ方法で実行できるように設計されています。 ハイブリッド クラウドにより、企業は管理、オーケストレーション、ネットワーク、およびセキュリティの共通モデルをオンプレミス (社内サイト) およびオフプレミス (外部サイト) の両方で活用できます。 つまり、アプリケーションや運用方法を変えずに、パブリック クラウドのメリットを利用できるということです。

VMware と VMware vCloud® サービス プロバイダが提供する IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) ハイブリッド クラウドにより、セキュリティ、パフォーマンス、可用性のニーズに合わせて、特定のアプリケーションを最適な場所に展開できます。また、オンプレミスおよびオフプレミス環境間でアプリケーションをシームレスに移動することが可能です。

ハイブリッド クラウドのメリット

VMware または VMware vCloud サービス プロバイダ パートナーが提供するクラウド サービスを選択することで、他のサービスで見られるようなアプリケーションの互換性の問題や、特定のサービス プロバイダへの依存がなくなります。 これにより、新たな管理ツールやインフラストラクチャ構築への投資、プロセスの見直し、および既存の従業員の再教育をせずに、リスクとコストを削減できます。

  • クラウド内でのアプリケーションの開発、展開、管理方法はこれまでと変わりません。基盤のプラットフォームである、VMware のインフラストラクチャがもたらすセキュリティ、信頼性、パフォーマンスが提供されます。
  • また、データセンターやパブリック クラウドも含めたハイブリッド インフラストラクチャ全体を、1 つの画面の管理フレームワークでまとめて管理できます。 既存のツール、プロセス、およびスキルを使用します。
  • シームレスな相互運用性により、ワークロードをクラウドへ自由に展開できるようになります。変化するニーズに合わせて、オンプレミス環境とオフプレミス環境間でワークロードを柔軟に移動することが可能です。

VMware のハイブリッド クラウド ソリューション

VMware vCloud Hybrid Service

VMware vCloud® Hybrid Service™ は、VMware が所有、運営する安全な専用の IaaS クラウドで、既存または新規の任意のワークロードを実行できます。 信頼性に優れた VMware vSphere® を基盤としており、既存および新規のデータセンター キャパシティ間の統一されたネットワークと、共通の管理およびセキュリティを提供します。これにより、社内のデータセンターと同様の信頼性とパフォーマンスを実現します。 このサービスは現在、米国でのみ提供されます。

VMware vCloud サービス プロバイダ

VMware のグローバルなパートナーが提供するクラウド サービスにより、社内の IT インフラストラクチャを安全に拡張することができます。 大規模で多様なパートナー コミュニティにより、業界をリードする vSphere の仮想化プラットフォームで構築されるさまざまなクラウド サービスから、適切なものを選択していただけます。クラウド サービスは、特定の時期にのみ発生するプロジェクト、開発 / テスト、ディザスタ リカバリ、ミッション クリティカルなアプリケーションなど、幅広い種類の使用環境に合わせて最適化されています。 VMware vCloud サービス プロバイダのサービスは、世界中でご利用いただけます。

vCloud Hybrid Service

vCloud Hybrid Service によるデータセンターの拡張

Web キャストを見る (英語)