Cloud Services のエンゲージメント プラットフォームがもたらすメリット

従業員のエンゲージメントを継続的に引き出し、実用的な情報を提供することで生産性を高め、IT チームおよび開発者チームが必要とするリソースを提供できます。

統合管理

  • 企業 ID によるサインインに加え、多要素認証が利用可能な VMware ID による安全なログインを利用できます。 
  • ユーザーをグループや組織に分けて管理できます。
  • サービスやリソースへのアクセスを一元的に保護できます。 
  • あらゆるサービスのコストや請求書をリアルタイムで把握し、利用分の支払いをワン ステップで行うことができます。

シンプルで直感的な操作

  • サービスを購入前に試し、容易に導入することができます。
  • 実用的な情報を提供する、安全性と信頼性に優れたフルマネージドの Pub/Sub サービスおよび通知サービスを活用できます。 
  • 包括的な検索が可能なドキュメント、ナレッジベース、およびコミュニティの記事から、いつでも状況に即した情報を得ることができます。 
  • チャットを使用して VMware のサポートに問い合わせたり、ガイド付きサポート リクエストを簡単な操作で要請したりできます。

安全性に優れた設計

  • 包括的なセキュリティが組み込まれた、コンプライアンス準拠のプラットフォームでの運用を実現できます。
  • エンドツーエンドの監査証跡にアクセスできるため、包括的な可視性を得ることができます。
  • SOC2 Type1、ISO*、および FedRamp のコンプライアンス認証を利用できます。

統合サービス

VMware Cloud Marketplace

VMware ベースのクラウド向けに設計およびテストされた、実績豊富なテクノロジーに基づくサードパーティのソリューションとサービスの選択肢を提供するエコシステムです。

VMware Cloud Provider Hub

パートナー様が VMware のマネージド サービス ポートフォリオを拡張し、シンプルなプロバイダー管理とエンドツーエンドのカスタマー ライフサイクル管理を行うための中心となるハブです。 

基本的なコンポーネント

アクセス管理

VMware Cloud Services とリソースへのアクセスを、組織、チーム、ユーザー、サービス アカウント全体にわたり安全に管理できます。

 

メリット

組織構造に合わせた管理

きめ細かいアクセス コントロール

企業の組織構造を反映し、ビジネス ニーズと組織の構成に沿ってユーザーを管理できます。

承認の範囲を設定することで、サービス レベルやリソース レベルでアクセスを制御できます。

 

機能

組織の作成

3 種類のプリンシパルのサポート

ロールと権限の割り当て

アクセス、認可、支払い、購買、サポートの承認範囲を設定します。必要に応じて複数の組織を作成し、ビジネス ニーズに合わせてそれぞれを論理的にマッピングできます。ユーザーは再認証を必要とすることなく組織間を移動できます。詳細については、こちらを参照してください。

ユーザー、グループ、OAuth アプリケーション経由でのアクセスを管理します。ユーザーは、企業の認証情報または VMware ID を使用して認証できます。グループは、複数のユーザーの集合に名前を付けたものです。OAuth アプリケーションを使用すると、アプリケーションからリソースへのセキュアなアクセス許可の付与を OAuth アプリケーションに任せることができます。

ユーザーを組織に招待し、リソースに対するロールベースのアクセス許可を割り当てることができます。VMware Cloud では設定済みの幅広いロールが用意されており、管理者やサービスのニーズに合わせて活用することができます。詳細については、こちらを参照してください。




コストの透明性

リアルタイムの推定コストと過去の請求額を、メトリック レベルの詳細情報とともに確認できます。

 

メリット

支出の監視

使用状況の情報を明確化

支出のスナップショットが毎日作成され、請求サイクルのどの時点でも、現状を常に正確に把握できます。

クラウドの使用パターンを把握して、最適な請求になるよう使用状況を簡単に調整できます。管理者はさまざまな方法を定義し、コストを調整できます。

 

機能

請求明細の履歴

傾向と分析

最大 15 か月分の請求明細を表示して、前年と比較できます。

支出の内訳をサービス別に分析することや、全体像を可視化して予算の確認や事前のプランニングを行うことができます。

ID 管理

安全でシンプルな ID 管理によってユーザーの使用環境を効率化できます。

 

メリット

単一のログイン認証情報

企業のセキュリティ ポリシーの適用

単一のログイン認証情報をすべての VMware Cloud Services で使用できるため、ユーザーの負担が軽減されます。企業の独自の ID とポリシーを持ち込むこともできます。

フェデレーション ID 管理を設定し、企業が定めるセキュリティ ガイドラインおよびセキュリティ ポリシーを適用できます。

 

機能

シングル サインオン(SSO)と多要素認証(MFA)

SAML 2.0 と企業 ID とのフェデレーション

安全性に優れた VMware ID

SSO を有効にすると、単一の認証情報だけですべての VMware Cloud Services にアクセスできます。スマートカードやワンタイム パスワード生成アプリケーションなど、より強力な MFA スキームを使用してセキュリティをさらに強化することもできます。詳細については、こちらを参照してください。

企業が持つ Active Directory などの既存の ID ソリューションや、SAML 2.0 をサポートするサードパーティの ID 管理ソリューションを使用して、VMware Cloud Services へのフェデレーション アクセスを提供できます。詳しくはこちら

VMware Cloud への登録の際には、VMware ID を作成できます。この ID を使用すると、オンプレミスとクラウドの両方ですべてのアカウントを追跡できます。詳細については、こちらを参照してください。

国際化

VMware Cloud Services には、言語と通貨を管理するための 2 つの選択肢が用意されています。

 

メリット

ロケーションに合わせてカスタマイズ可能

税制のサポート

VMware Cloud Services では Web コンテンツ、E メール、電話サポートなどで 8 つの異なる言語への翻訳が利用でき、6 つの通貨での支払いに対応しています。

年度末の処理を容易にするため、VMware Cloud Services は 40 を超える国の税制に対応しています。

 

機能

8 か国語

6 つの通貨

VMware のコンテンツは、英語(米国)、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語で閲覧できます。詳細については、こちらを参照してください。

料金のお支払では、米ドル、英国ポンド、ユーロ、オーストラリア ドル、日本円、人民元をご利用いただけます。適用される通貨は、お客様の組織の所在地に基づいて決まります。詳細については、こちらを参照してください。

通知

VMware Cloud Services の管理に役立つタイムリーな通知を受け取ることができます。

 

メリット

状況に即した実用的な情報

統合のカスタマイズ

状況に即して VMware と連携し、E メール、Webhook、またはアプリケーション内のチャネル経由で迅速に対応できます。

Webhook 経由で管理イベントをサブスクライブし、独自の統合を構築できます。

 

機能

ユーザーに応じたメッセージ

状況に即した通知は、アクセスするユーザーの使用言語に合わせてローカライズされます。

決済

新しい組織で VMware Cloud Services をオンボーディングする際に、組織の希望の支払い方法を選択できます。

 

メリット

支払い方法の選択

請求書の整理

サービス全体で単一の支払い方法を使用します。サブスクリプション購入プログラムのクレジットクレジット カード、または請求書払いのいずれかから選択できます。

PO 番号や部門名などの情報を請求書にタグ付けし、請求書を容易に参照することができます。

 

機能

請求の管理

キャンペーン クレジット

請求の処理方法は、お客様のビジネス ニーズに合わせて簡単にカスタマイズできます。包括的なコストの透明性が確保され、予算編成が容易になります。また支払い方法の追加、削除、変更は、数回のクリックだけで行うことができます。

キャンペーン クレジットをお持ちの場合は、VMware Cloud Services の支払いにお使いいただけます。キャンペーン クレジットには、特定のサービスのみ、または特定のサービスのグループのみに適用されるものがあります。

オンボーディングの効率化

登録はワンステップで行うことができます。また、ご購入の前に VMware Cloud Services の一部の機能を無償でお試しいただくこともできます。

メリット

シームレスなセットアップ


リスクなしのトライアル


支払いの簡単な管理

オンボーディングの際に必要な新しい組織の作成は、すばやく簡単に行えます。新規ユーザーを組織に招待する操作も簡単です。

VMware Cloud Services の一部の機能は無償でお試しいただけるため、有料登録の前にお客様のニーズに合致するかどうかを確認できます。

オンボーディング中に支払い情報を登録しておくと、VMware の有料サービスの購入がスムーズになります。

 

機能

ワンステップのオンボーディング

無償トライアルへのアクセス、組織の設定、支払いオプションなどがワンステップのオンボーディング プロセスに統合されているため、すぐに開始できます。

サポート

必要な回答をすばやく得ることができます。VMware Cloud Services では 24 時間 365 日のサポートとガイダンスが提供されます。

 

メリット

迅速なサポート

セルフサービスのチケット発行

多言語対応の迅速かつ状況に即したサポートを受けることができます。24 時間 365 日体制のエージェント サポートもご利用いただけます。

作成者にかかわらず、組織のすべてのサポート チケットを 1 箇所で管理できます。

 

機能

インテリジェントな検索


チャットによるサポート

状況に即したサポート


VMware Cloud Services のドキュメント、VMware ナレッジベース、VMware コミュニティ全体から、状況に即した情報を検索できます。レーティングの指定により検索性が向上します。


エージェントから 24 時間 365 日のサポートを受けることができます。VMware Cloud Services の操作をしながら、チャットで迅速にトラブルシューティングできます。


コンテキストに応じたコンテンツを見ながら手順の実行や回答の検索を行ったり、チャットによるサポートが必要な場合にはカスタマー サポートに連絡したりすることができます。詳細については、こちらを参照してください。

 

 

ご興味をお持ちの方はこちら