複数のクラウドにわたる Kubernetes の活用

 

 

あらゆるクラウドにわたる Kubernetes クラスタの管理

多くの企業が Kubernetes に高い関心を寄せている理由は、誰の目にも明らかです。VMware が実施した調査では、早期に導入した企業においてリソース効率が大幅に向上し、開発サイクルが短縮されていることが明らかになっています。

Kubernetes に潜むこのような可能性を引き出すには、既存環境への Kubernetes の導入と、マルチクラウドでの柔軟性の高い運用を支援する「パートナー」が不可欠です。VMware は、特定のクラウドに依存することなく一貫性と信頼性を確保できるソリューションを提供しています。



Kubernetes の活用傾向調査レポート

Kubernetes の運用に VMware のソリューションが最適な理由

開発者向けのセルフサービス

インフラストラクチャを問わず開発者向けのセルフサービスを提供

ネイティブの Kubernetes API を使用して、開発者がチケットを申請することなくオンデマンドでリソースを利用できます。

複数のクラウドにわたる運用の自動化

宣言型の API ベースのワークフローに移行することにより、vSphere、パブリック クラウド、エッジにわたり、展開後のクラスタ管理を一貫性をもって行うことができます。

セキュリティ ポリシーおよび順守ポリシーの適用

インフラストラクチャとそのインフラストラクチャ上に展開されたワークロードの両方において、セキュリティを確保しながら本番環境に対応させることが可能です。

クラウドの選択肢の確保

アプリケーションやデータをほかのクラウドに移行する必要が生じた際に、VMware Tanzu を使用することで、ワークロードのバックアップを確実に行い、可搬性を確保できます。

アプリケーション

アプリケーションの耐障害性と可用性の強化

開発者が耐障害性の高いアプリケーションを提供できるよう、複数のクラウドにまたがる展開環境を構成、管理することが可能です。

グローバルなオープンソース コミュニティとの連携

業界をリードするオープンソース テクノロジーをビジネス環境の運用に取り入れ、Kubernetes エコシステムのイノベーションとサポートを活用することができます。

Kubernetes の活用 

L4-benifits2

既存の vSphere インフラストラクチャからスタート

企業のワークロードの多くが vSphere 上で実行されています。そのワークロードに対しても Kubernetes の API を使用し効率性を活用することが可能です。コードの記述や新しいテクノロジーとの連携は不要です。vSphere with Kubernetes には、VMware Tanzu Kubernetes Grid が組み込まれており、vCenter から直接 Kubernetes クラスタをプロビジョニングすることができます。

vSphere with Kubernetes の詳細情報 

パブリック クラウドおよびエッジへの Kubernetes の拡張

VMware が提供する共通の Kubernetes ランタイムである Tanzu Kubernetes Grid により、オンプレミス、パブリック クラウド、エッジにわたり一貫した展開と運用が可能です。業界標準のオープンソース テクノロジーをベースとして開発されており、企業での導入のしやすさも考慮してパッケージ化もされています。サポートは VMware が行います。大規模な運用と様々な環境に対応する高い可搬性を実現するサービスです。

Tanzu Kubernetes Grid の詳細情報  Tanzu Application Catalog 

あらゆる Kubernetes クラスタの管理

Kubernetes の導入後、クラスタの数が数十から数百、数千と増え、複数の環境に広がった場合でも、Tanzu Mission Control により、一か所で統合的に管理することができます。新しいクラスタのプロビジョニング、既存のクラスタの接続と管理、複数の環境にまたがるクラスタのグループに対する一貫したポリシーやセキュリティの適用を行うことができるほか、Tanzu Mission Control では、特定のクラウドに依存しない、マルチクラウドのスケーラビリティに優れた運用が可能です。

Tanzu Mission Control の詳細情報 

よくある質問 

VMware Tanzu について教えてください。

VMware Tanzu とは、Kubernetes 環境におけるモダン アプリケーションの開発と運用に変革をもたらす製品およびサービス ポートフォリオです。 

Kubernetes の導入はどのように始めるのが良いでしょうか?

VMware Tanzu Kubernetes Grid の導入から始めることをお勧めします。vSphere にネイティブに組み込まれた共通の Kubernetes ディストリビューションを提供でき、パブリック クラウドやエッジへの展開や運用を容易に行うことができます。 

VMware Tanzu は、vSphere ベースではない環境でも実行できますか?

はい。VMware Tanzu のポートフォリオは、特定のクラウドやプラットフォームに依存しません。任意の環境でワークロードを実行できるよう設計されています。Tanzu Kubernetes Grid は、vCenter などの使い慣れたツールを使用して Kubernetes を導入できる点が特長ですが、パブリック クラウドやエッジでも、一貫性のある展開と運用が可能です。  

VMware Tanzu Mission Control を使用して、VMware 以外の製品を基盤とする環境で運用されているクラスタも管理できますか。

はい。Tanzu Mission Control では、vSphere 環境またはパブリック クラウドで新しい Kubernetes クラスタのプロビジョニングができます。また、適合性のあるすべての Kubernetes クラスタの接続と管理が可能です。さらに、展開場所を問わず導入されている Kubernetes 環境全体のポリシーとセキュリティを管理できます。 
 

アプリケーションのモダン化を支援するその他のソリューション 

既存アプリケーションの進化

商用オフザシェルフをニーズに応じてカスタマイズしながらセキュアに提供することで開発スピードを加速させることができます。

クラウドネイティブ アプリケーションの開発

クラウドネイティブの原則を取り入れた迅速なアプリケーション開発を支援するプログラムをご用意しています。