Kubernetes の運用に VMware のソリューションが最適な理由

クラウド運用の簡素化

Kubernetes クラスタの自動的な展開と継続的なバックアップ、移行、モニタリングにより、運用上のオーバーヘッドを削減できます。

アプリケーションの耐障害性と可用性の強化

プロアクティブな障害検知とライブ マイグレーションにより、Kubernetes クラスタと制御プレーンにおけるストレージの可用性が高まります。

インフラストラクチャを問わず開発者向けのセルフサービスを提供

ネイティブの Kubernetes API を使用して、開発者がチケットを申請することなくオンデマンドでリソースを利用できます。

コストの最小化

リソース使用率を高め管理を簡素化することで、総コストを削減し、パフォーマンスを向上させます。

データ保護の実施

Kubernetes クラスタ、ネームスペース、またはポッドのレベルでハードウェアを分離した安全なインフラストラクチャ上で、コンテナ化されたアプリケーションを実行できます。

グローバルなオープンソース コミュニティとの連携

業界をリードするオープンソース テクノロジーをビジネス環境の運用に取り入れ、Kubernetes エコシステムのイノベーションとサポートを活用することができます。

Kubernetes の活用

既存の vSphere インフラストラクチャからスタート

企業のワークロードの多くが vSphere 上で実行されています。そのワークロードに対しても Kubernetes の API を使用し効率性を活用することが可能です。コードの記述や新しいテクノロジーとの連携は不要です。vSphere with Tanzu では、vCenter から直接クラスタをプロビジョニングできます。

複数のクラウドにまたがる Kubernetes の拡張

Kubernetes のメリットは、大規模なコンテナをサポートし、クラウド間での可搬性を実現できる点にあります。VMware Cloud Foundation with Tanzu は、Kubernetes と中央制御プレーンを含む統合スタックを提供するため、オンプレミスとパブリッククラウド内のすべての Kubernetes クラスタに一貫したポリシーとセキュリティを設定できます。

コンテナのライフサイクル全体の簡素化および保護

DevSecOps のパターンを導入するために必要なモジュール式の機能により、Kubernetes を超える環境を実現できます。Tanzu Advanced はコンテナのライフサイクル全体に対応しており、開発者がモダン アプリケーションを構築する方法と、運用担当者がそのアプリケーションを本番環境に展開する方法を、統合された可観測性、ネットワーク、セキュリティによって簡素化します。

FAQ

VMware Tanzu とは、Kubernetes 環境におけるモダン アプリケーションの開発と運用に変革をもたらす製品およびサービス ポートフォリオです。

まず vSphere with Tanzu、または VMware Cloud Foundation with Tanzu から始めるとよいでしょう。これらのプラットフォームには Kubernetes の機能が組み込まれているため、オンプレミスやパブリッククラウドでの導入を簡素化することができます。

はい。VMware Tanzu ポートフォリオは、特定のクラウドやプラットフォームに依存しません。任意の環境でワークロードを実行できるよう設計されています。vCenter などの使い慣れたツールを使用して、Kubernetes をオープンソース ベースで導入できる点が特長ですが、パブリッククラウドやエッジでも一貫性のある展開と運用が可能です。

はい。Tanzu では、vSphere 環境またはパブリッククラウドで新しい Kubernetes クラスタのプロビジョニングができます。また、適合性のあるすべての Kubernetes クラスタの接続と管理が可能です。さらに、展開場所を問わず導入されている Kubernetes 環境全体のポリシーとセキュリティを管理できます。

アプリケーションのモダナイゼーションを支援するその他のソリューション

既存アプリケーションの変革

商用オフザシェルフをニーズに応じてカスタマイズしながらセキュアに提供することで、開発スピードを加速させることができます。

クラウドネイティブ アプリケーションのビルド(構築)

クラウドネイティブの原則を取り入れた迅速なアプリケーション開発を支援するプログラムをご用意しています。

ご興味をお持ちの方はこちら