アプリケーションの変革を促進

クラウドとアプリケーションの変革は複雑であり、計画が不可欠です。しかし、計画は遅くなりがちで、仮説が多いため、作業を開始する前に古くなる可能性があります。VMware は 4 ~ 6 週間にわたるお客様とのエンゲージメントのなかで、どのアプリケーションに最初に取り組むべきか、プロセスをスピードアップしてビジネスの成果を推進するためにどれくらいの変更が必要になるか、などの判断を支援します。実際のアプリケーションのモダナイゼーション作業を行う実験を通じてこの戦略を検証し、本番環境への展開のパスに存在する障害要因を特定して、将来に向けて最善の方法を確立します。

より迅速に成果を実現

ハンズオン作業による仮説の検証、戦略の周知、初期バックログの作成により、最小限のリスクでスムーズにプロジェクトを開始できます。測定可能な成果を段階的に実現する俊敏なアプローチにより、移行とモダナイゼーションのプログラムを加速します。

プランの作成

エンゲージメントの成果物には、組織が必要とするものをデリバリするための具体的な次のステップを含む、成果ベースのロードマップが含まれます。リホスト、リプラットフォーム、リファクタリングの対象になるアプリケーションの選択や、各ワークロードに対して最適なランディングゾーンの選択についてのガイダンスを得ることができます。

小規模で始めて迅速に拡張

VMware、お客様の実務担当者やパートナーと連携して、実証済みのプラクティスの習得、ツールの実装、エンゲージメントの終了後も成功を長期間持続するための、繰り返し可能なパターンの文書化を支援します。

Web セミナー:従来の概念を打ち破る速さでクラウド イニシアティブを開始して拡張する

クラウドとアプリケーション変革について語るのは簡単ですが、実行するのは困難です。イニシアティブのスタートダッシュを切り、クイックウィンを実現して、さらにチームが継続的な成功を収められるようにする方法をご紹介します。

メリット

合理化フレームワークを確立

技術的、ビジネス的、組織的な要因に基づいて、アプリケーションの選択と優先順位付けに使用する意思決定ファネルを作成できます。

本番環境への展開のベースラインを決定

ソフトウェア サプライ チェーンを分析して、既存のツールとプロセスを確認し、定量可能な改善の機会を特定できます。

成果ベースのロードマップを提供

ビジネス分析、技術的スパイク、ハンズオン作業に基づいて、調査結果をまとめます。価値主導型のロードマップを作成し、ステークホルダーとのエグゼクティブ向けセッションのなかで提示します。

関連リソース

数日から数週間でアプリケーションのモダナイゼーションに着手

小規模かつ的を絞ってスタートすることにより、アプリケーションのモダナイゼーションで反復的なアプローチを使用できます。VMware は、セキュリティ、レジリエンス、コンプライアンスを向上させながら、時間、コスト、運用効率の段階的な向上を実現できるよう支援します。 

アプリケーションをスキャンしてクラウドの準備状況をスコアリングし、より迅速な移行を可能に

VMware Cloud Suitability Analyzer は、App Navigator のエンゲージメント中に使用されるツールの 1 つです。ソース コードをスキャンして技術スコアを生成し、各アプリケーションのクラウドの準備状況をすばやく判定します。 

アプリケーションをクラウドに移行する際に、スマートな意思決定を行う方法

アプリケーションの移行やモダナイゼーションを行う対象がどのように決定されるか、およびアプリケーションの「ランディングゾーン」を選択するときにデータ グラビティなどの要素がどのように影響するのかをご確認ください。

ご興味をお持ちの方はこちら

App Navigator は、アプリケーションのモダナイゼーション戦略の迅速で確実な選択と実行に役立つため、結果をより早く実現することができます。