クラウドへの移行

 

 

使い慣れたツールを活用したクラウドへの移行

 

競合他社との差別化や、市場投入期間の短縮、総合的な拡張性の強化を目指し、多くの企業がクラウドへの移行を進めています。今こそ、迅速かつ確実にクラウドへ移行するまたとない機会です。使い慣れた VMware のツールとインフラストラクチャを利用して始めてみませんか?

 

ソリューションの概要を読む

L4-cloud-migration

クラウドへの移行に VMware のソリューションを選択する理由

ワークロードの迅速な移行

イメージの再作成やリファクタリングを行うことなく、ワークロードを迅速に移行できます。

リソースの最適化

データセンターを統合し、パブリック クラウドを拡張することで、適切なコストで運用できます。

コストの最小化

複雑かつ不要になりかねないアプリケーションの再開発を回避できます。

一貫性のあるポリシーの適用

ワークロードの展開場所を問わず、セキュリティおよびガバナンスのポリシーを一貫して適用できます。

大規模な移行

アプリケーションの整合性を維持しながら、パブリック クラウドの規模を活用できます。

最適な環境の利用

パフォーマンスを確保するために最適な環境を選択できます。

クラウドへの移行によって実現できるメリット 

L4-benifits2

グローバル規模のハイブリッド クラウドへの、コスト効率の高いサービスの拡張

IHS Markit では、1,000 のワークロードをわずか 6 週間で VMware Cloud on AWS に移行し、一貫した運用モデルでインフラストラクチャを管理しています。

お客様事例:IHS Markit(情報提供事業、イギリス) 

俊敏性の向上、総所有コスト(TCO)の削減、イノベーションの加速

効果的なハイブリッド クラウド インフラストラクチャを備えたクラウドに移行することで、ビジネス クリティカルなワークロードを最適な IT 環境で運用できます。

ホワイトペーパー:エンタープライズ企業のためのクラウドへの移行ガイド 

IT インフラストラクチャのアップグレードによる価値の実現

VMware が提供するハイブリッド クラウド ソリューションを使用してエンタープライズ アプリケーションを展開することで、どのような価値を実現できるのか。実際に導入されているお客様への調査結果から分析したレポートでぜひご確認ください。

IDC ホワイトペーパー:The Business Value of Hybrid Cloud with VMware 

クラウドへの移行を支援する VMware 製品

VMware Cloud Foundation

クラウド インフラストラクチャとクラウド管理の統合サービスにより、プライベート クラウドとパブリック クラウドの両方でエンタープライズ アプリケーションを実行できます。

VMware Cloud on AWS

市場をリードするパブリック クラウドである AWS で、一貫性のある vSphere ベースのインフラストラクチャを利用し、迅速にクラウドへ移行できます。

VMware HCX

アプリケーションのモビリティをサポートするプラットフォームにより、アプリケーションをパブリック クラウドへ簡単に移行できます。

VMware のソリューションに対する市場のリーダーからの高い評価  

230266-L2-cloud-965x965-ihs-bg

 

 

 

 

IHS Markit(情報提供事業、イギリス)

「自社のオンプレミス環境を成功裏に立ち上げることができたことを踏まえ、VMware Cloud on AWS を導入し、グローバルなハイブリッド クラウドへとコスト効率よくサービスを拡張することができました」– Director of Cloud Enablement、Ben Tanner 氏

事例を読む 

関連するハイブリッド クラウド ソリューション

データセンターのモダナイゼーション

IT インフラストラクチャを変革することで、プライベートおよびハイブリッド クラウドの柔軟性、スケーラビリティ、パフォーマンスをフルに活用できます。

ニーズに応じた柔軟な拡張

災害対策や、需要の急激な変化に応じたスケール アップ/スケール ダウンにクラウド インフラストラクチャを活用できます。サービスの中断や無用なコスト、煩雑な手間が生じることもありません。

ハイブリッド クラウド運用の拡張

単一の IT 運用モデルで仮想マシンとコンテナのワークロードに対応できるため、アプリケーションが展開されているすべての環境で、ビジネスの俊敏性を高め、コストの削減とリスクの低減を実現できます。