データセンターのモダナイゼーション

 

 

データセンターのモダナイゼーションによるクラウドの最大活用

 

IT インフラストラクチャを変革することで、プライベートおよびハイブリッド クラウドの柔軟性、スケーラビリティ、パフォーマンスをフルに活用できます。

 

インフラストラクチャのサイロ化が解消されるため、1 つの環境として管理でき、クラウドと同様の機能をデータセンターでも利用することが可能です。

 

ソリューションの概要を読む

L4-modernize-data-center

データセンターのモダナイゼーションに VMware のソリューションが選択される理由

サイロ化の解消

既存の投資を活用して新たにクラウドを利用しながらも、インフラストラクチャのサイロ化を解消できます。

既存のリソースの活用

モダン化された環境全体で同じ管理ツールと一貫した運用モデルを活用できるため、すべてを入れ替えるリスクを排除できます。

クラウド活用に向けたモダナイゼーション

パブリック クラウドやエッジに拡張可能な一貫したソフトウェア スタックをオンプレミスに展開することで、将来の進化に対応できます。

効率的な運用

パフォーマンス管理の自動化、キャパシティ利用の最適化、プロアクティブな計画策定、平均修復時間(MTTR)の短縮により、TCO を低減できます。

一貫性のあるアプリケーションの実行

一貫した運用モデルを提供するインフラストラクチャで、従来のアプリケーションとクラウドネイティブ アプリケーションを実行できます。

業界をリードするソリューションの採用

市場のリーダー企業が提供する管理機能があらゆるコンポーネントに統合されているため、最高レベルのソフトウェアベースのインフラストラクチャ スタックを活用できます。

データセンターのモダナイゼーションのメリット 

L4-existing-apps

ハイパーコンバージド インフラストラクチャによるモダナイゼーションのメリット

HCI によって実現するメリットとコストの削減について解説します。

アナリストによる調査レポート:The Total Economic Impact of HCI Powered by vSAN 

ハイブリッド クラウドの実現に向けて

VMware のクラウド プラットフォーム部門 CTO のキット・コルバート(Kit Colbert)が、ハイブリッド クラウド実現に向けた必須要件を解説します。

ビデオ:次世代のハイブリッド クラウドを形作るイノベーション 

ハイブリッド クラウドの総所有コスト(TCO)の低減

ハイブリッド クラウドのアーキテクチャが長期的に優れた選択肢となる理由と、VMware Cloud Foundation によってハイブリッド クラウドを低コストで簡単に実現するしくみを説明します。

インフォグラフィック:VMware Cloud Foundation を活用したハイブリッド クラウドの総所有コスト(TCO)の低減 

データセンターのモダナイゼーションを支援する VMware 製品

HCI powered by VMware vSAN

VMware Cloud Foundation の重要な要素の 1 つである業界をリードする HCI ソリューションにより、仮想化への投資をさらに活用できます。

VMware Cloud Foundation

プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド、パブリック クラウドに対応したソフトウェアベースのプラットフォームです。従来型(仮想マシン ベース)のアプリケーションおよびコンテナ化されたアプリケーションを統合的にサポートします。

VMware Cloud Foundation on Dell EMC

Dell EMC のハードウェアで VMware Cloud Foundation を展開することができるソリューションです。フルマネージドのサービスとして提供、運用されます。

VMware のソリューションに対する市場のリーダーからの高い評価 

vmw-cenitex-casestudy-logo

 

 

 

Cenitex(IT、オーストラリア)

「今回の移行は、本来は更新を目的として始まったものでしたが、新しいテクノロジーを取り入れたことで、お客様のデジタル化の推進に貢献できることが明確になり、より大きな取り組みへと急速に発展しました」– Digital Transformation、Director、Nav Pillai 氏

お客様事例を読む 

関連するハイブリッド クラウド ソリューション

クラウドへの移行

使い慣れた VMware のツールとインフラストラクチャを使用して、異なる環境へ自在にアプリケーションを移行できます。アプリケーションをリファクタリングするコストや手間をかけることなく、リスクを抑えた対応が可能です。

ニーズに応じた柔軟な拡張

災害対策や、需要の急激な変化に応じたスケール アップ/スケール ダウンにクラウド インフラストラクチャを活用できます。サービスの中断や無用なコスト、煩雑な手間が生じることもありません。

ハイブリッド クラウド運用の拡張

単一の IT 運用モデルで仮想マシンとコンテナのワークロードに対応できるため、アプリケーションが展開されているすべての環境で、ビジネスの俊敏性を高め、コストの削減とリスクの低減を実現できます。