データセンターのモダナイゼーションに VMware のソリューションが選択される理由

サイロ化の解消

既存の投資を活用して新たにクラウドを利用しつつ、インフラストラクチャのサイロ化を解消できます。

クラウド活用に向けたモダナイゼーション

パブリッククラウドやエッジに拡張可能な一貫したソフトウェア スタックをオンプレミスに展開することで、将来の進化に対応できます。

一貫性のあるアプリケーションの実行

一貫性のあるオペレーティング モデルを提供するインフラストラクチャで、従来のアプリケーションとクラウドネイティブ アプリケーションを実行できます。

既存のリソースの活用

モダン化された環境全体で同じ管理ツールと一貫性のあるオペレーティング モデルを活用できるため、すべてを入れ替えるリスクを排除できます。

効率的な運用

パフォーマンス管理の自動化、キャパシティ利用の最適化、プロアクティブなプランニング、平均修復時間(MTTR)の短縮により、TCO を 28% 以上低減できます。

業界をリードするソリューションの採用

市場のリーダー企業が提供する管理機能があらゆるコンポーネントに統合されているため、最高レベルのソフトウェアベースのインフラストラクチャ スタックを活用できます。

配信開始:マルチクラウド ブリーフィング

新しいエグゼクティブ ブリーフィングでは、マルチクラウドの複雑さを解消して、組織のアイデアをより迅速に実現する方法を紹介しています。ぜひご視聴ください。

データセンターのモダナイゼーションのメリット

ハイパーコンバージド インフラストラクチャによるモダナイゼーションのメリット

103% の ROI の実現や数百万ドルの節約など、HCI で達成できる成果とコスト削減をご確認ください。

投資の優先順位付けによるモダナイゼーション目標の達成

オンプレミス アプリケーションをモダン化してクラウド対応にする方法をご確認ください。

ハイブリッドクラウドの総所有コスト(TCO)の低減

ハイブリッドクラウドのアーキテクチャが長期的に優れた選択肢となる理由と、VMware Cloud Foundation によってハイブリッドクラウドを低コストで簡単に実現する仕組みを説明します。

ビジネス レジリエンスを実現する俊敏なインフラストラクチャ

VMware の HCI ソリューションを使用して、事業継続性、バースト キャパシティ、ディザスタ リカバリをシンプルかつ俊敏に実現する方法を解説します。

柔軟性と拡張性に優れたアーキテクチャ

HCI を使用してデータセンターを変革する方法とタイミングや、対象とすべき領域について解説します。

データセンターのモダナイゼーションを支援する VMware 製品

HCI powered by VMware vSAN

VMware Cloud Foundation の重要な要素の 1 つである業界をリードする HCI ソリューションにより、仮想化への投資をさらに活用できます。

VMware Cloud Foundation

プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドに対応したソフトウェアベースのプラットフォームです。従来型(仮想マシン ベース)のアプリケーションおよびコンテナ化されたアプリケーションを統合的にサポートします。

VMware Cloud on Dell

Dell EMC のハードウェアで VMware Cloud Foundation を展開することができるソリューションです。フルマネージドのサービスとして提供、運用されます。

VMware のソリューションに対する市場のリーダーからの高い評価

Cenitex(IT、オーストラリア)

「今回の移行は、本来は更改を目的として始まったものでしたが、新しいテクノロジーを採用してお客様のデジタル化の推進につなげる方法が明確になり、より大きな取り組みへと急速に発展しました」

– Digital Transformation、Director、Nav Pillai 氏

Suzhou Gas Group

「VMware の仮想化テクノロジーにより、仮想化リソース プールを構築し、データセンターの IT リソースを統合することができました。こうした取り組みがコスト削減とリソース活用の向上につながっているほか、クラウド プラットフォーム構築の複雑性の緩和や、事業の要件に対する即応性の強化も実現できました」

– IT Department General Manager、Zhao Xiaoyun 氏

関連するハイブリッドクラウド ソリューション

クラウドへの移行

使い慣れた VMware のツールとインフラストラクチャを使用して、異なる環境へ自在にアプリケーションを移行できます。アプリケーションをリファクタリングするコストや手間をかけることなく、リスクを抑えた対応が可能です。

ニーズに応じた柔軟な拡張

ディザスタ リカバリや、需要の急激な変化に応じたスケールアップ/スケールダウンにクラウド インフラストラクチャを活用できます。サービスの中断や無用なコスト、煩雑な手間が生じることもありません。

より効果的なハイブリッドクラウド運用

単一の IT 運用モデルで仮想マシンとコンテナのワークロードに対応できるため、アプリケーションが展開されているすべての環境で、ビジネスの俊敏性を高め、コストの削減とリスクの低減を実現できます。 

導入に向けて