より効果的なハイブリッド クラウド運用

 

 

あらゆる環境にわたり一貫性のあるハイブリッド クラウド運用

 

データセンター、クラウド、エッジに展開されている多様なアプリケーション ポートフォリオの管理を簡素化できます。

 

VMware が提供する、環境全体にわたり一貫性のあるハイブリッド クラウド運用のためのソリューションにより、どのようなメリットを実現できるかをご紹介します。

 

ソリューションの概要を読む

L4-operations

より効果的なハイブリッド クラウド運用に VMware のソリューションが最適な理由

コスト削減とサイロ化の解消

使い慣れたツールとプロセスを活用できるため、新たなスキルの習得のための時間やコストをかけることなく、データセンターとクラウドにおけるサイロ化を回避することができます。

キャパシティ プランニングの最適化

キャパシティ使用率とパフォーマンスを最適化することで、適切な環境を把握し、活用できます。

ハイブリッド クラウド全体の可視性の向上

ハイブリッド クラウド内およびハイブリッド クラウド間のネットワーク インフラストラクチャの可視性とセキュリティを強化できます。

コンプライアンスの確保

あらゆる環境に対応可能な構成とポリシーにより、ビジネスの継続性とコンプライアンスを確保することができます。

迅速なサービス デリバリ

アプリケーションとユーザーの場所を問わずに、安定したサービス デリバリとパフォーマンスを保証できます。

迅速なトラブルシューティング

問題を素早く発見して修復するために必要なツールと可視性を提供します。

一貫性のあるハイブリッド クラウド運用のメリット 

L4-benifits3

俊敏性と運用効率の向上

一貫性のあるハイブリッド クラウド運用により、俊敏性と運用効率を高める方法をご紹介します。

ホワイトペーパー:ハイブリッド クラウドの運用によるクラウド活用成功の秘訣 

迅速なサービス デリバリとビジネス価値の向上

ハイブリッド クラウドにより、迅速なサービス デリバリと、ビジネス価値の向上を実現する 4 つの方法をご紹介します。

eBook:一貫性のある運用によるハイブリッド クラウドのメリットの最大化 

自動運用による最適化

AI と機械学習を活用した自動運用により実現する 5 つの主なメリットをご紹介します。

ホワイトペーパー:自動運用によるハイブリッド クラウドの最適化 

ハイブリッド クラウド運用を支援する VMware 製品

VMware Cloud Foundation

プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド、パブリック クラウドに対応したソフトウェアベースのプラットフォームです。従来型(仮想マシン ベース)のアプリケーションやコンテナ化されたアプリケーションを統合的にサポートします。

vRealize Network Insight

最適化されたセキュアなネットワーク インフラストラクチャをマルチクラウドで構築するためのソフトウェアです。

vRealize Operations

Software-Defined Data Center およびマルチクラウド インフラストラクチャのプランニングと拡張を支援する統合管理プラットフォームです。

NSX Data Center

Virtual Cloud Network を実現する、L2 ~ L7 に対応したネットワークとセキュリティの仮想化プラットフォームです。

vRealize Automation

自動化機能と事前定義されたポリシーにより、IT サービスの迅速な提供を可能にするソフトウェアです。

VMware のソリューションに対する市場をリードする企業からの評価 

vmw-cognizant-customer-logo

 

 

 

 

Cognizant(IT、インド)

「このプロジェクトでは、セキュアなハイブリッド クラウドの実現に向けて vRealize Automation とさまざまなサードパーティ製ツールを複雑に連携させなければなりませんでしたが、VMware のおかげで期限内に無事に完了することができました。以前はリソースのプロビジョニングに 10 日間かかっていましたが、今ではわずか数時間に短縮されています。その結果、開発者の生産性とユーザー体験が大幅に向上しました」
IT インフラストラクチャ担当 AVP、Vellaiyan Manohar 氏

お客様事例を読む 

関連するハイブリッド クラウド ソリューション

データセンターのモダナイゼーション

IT インフラストラクチャを変革することで、プライベートおよびハイブリッド クラウドの柔軟性、スケーラビリティ、パフォーマンスをフルに活用できます。

クラウドへの移行

使い慣れた VMware のツールとインフラストラクチャを使用して、異なる環境へ自在にアプリケーションを移行できます。アプリケーションをリファクタリングするコストや手間をかけることなく、リスクを抑えた対応が可能です。

ニーズに応じた柔軟な拡張

災害対策や、需要の急激な変化に応じたスケール アップ/スケール ダウンにクラウド インフラストラクチャを活用できます。サービスの中断や無用なコスト、煩雑な手間が生じることもありません。