あらゆるクラウド、あらゆるアプリケーションに対応する信頼性の高い運用

VMware のソリューションは、あらゆるアプリケーションをあらゆるクラウドで実行するために必要となる、マルチクラウド運用機能を提供します。VMware ベースのプライベートおよびハイブリッドクラウド上での仮想マシンとコンテナの実行に加え、AWS、Azure、Google、Oracle などにおけるネイティブのパブリッククラウド ワークロードの実行にも対応します。

可視性と管理性の向上

アプリケーションのアーキテクチャを問わず、開発から運用ライフサイクルまでにわたりクラウド リソースの使用を自在に制御し、運用効率を改善できます。 

クラウド コストの最適化

ワークロードのプランニングの改善とリソース使用率の継続的な最適化により、複数のクラウドにまたがる移行と拡張に伴うコストをコントロールできます。

セキュリティとガバナンスの維持

コンプライアンスを維持しながら、自社の要件に合わせてクラウド導入を進め、アプリケーションのモダナイゼーションを高速化できます。実際に問題が生じる前にリスクを検知して修正できるよう、開発者を支援します。

マルチクラウド運用を支援する VMware 製品

vRealize Cloud Universal

SaaS とオンプレミスの機能を組み合わせることで、クラウド導入を加速させます。

vRealize Automation

最新のソフトウェア テクノロジーをシームレスかつ効率的に利用できます。 

vRealize Operations

SDDC およびクラウド環境の最適化、プランニング、拡張を行います。

vRealize Log Insight

一元的なログ管理、運用状況の詳細な可視化、インテリジェントな分析機能を提供します。

CloudHealth Suite

包括的な管理機能を提供する単一のソリューションにより、クラウドにおける業務運用を変革します。

CloudHealth Secure State

インテリジェントなリアルタイムのセキュリティ インサイトにより、リスクを低減できます。

VMware のソリューションによるあらゆるクラウドの管理の強化

マルチクラウド運用の効率化

マルチクラウド運用上のニーズに合わせてカスタマイズした、ポリシーおよび自動化されたワークフローにより、インフラストラクチャの管理を継続的かつ容易に行うことが可能です。

ライフサイクル全体にわたるコスト最適化

チャージバックのコストの効率的な配分や、予算の使用状況の監視、予算申請やコスト削減プランに関するより適切な意思決定を支援する機能により、開発から運用ライフサイクルまでのプロセス全体を通して予算超過を回避できます。

セキュリティとコンプライアンスの管理

クラウドのリソース構成を継続的に検査し、セキュリティおよびコンプライアンスについてクラウド、業界、自社独自の基準とのベンチマーク比較を実施できます。セキュリティに関する潜在的な脅威があれば、プロアクティブに通知を受け取ることが可能です。

マルチクラウド運用に関する FAQ

ハイブリッドクラウド運用は、あらゆるクラウドにわたり展開されるテクノロジーを基盤とする共通のインフラストラクチャ レイヤーに対して、一貫性のある運用を行うことにフォーカスしています。一方、マルチクラウド運用は、一貫性のあるインフラストラクチャを持たない複数のクラウドで、一貫性のある運用を行うことにフォーカスするものです。 

はい。VMware のマルチクラウド ソリューションは、AWS、Azure、Google Cloud などのパブリッククラウドのネイティブなインフラストラクチャで実行されるワークロードの管理を支援するよう設計されています。また、クラウドにネイティブに展開されるワークロードの運用と並行して、VMware テクノロジーを基盤とする一貫性のあるインフラストラクチャを使用する、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの管理も支援します。

マルチクラウド全体の管理が課題となることもあれば、コストの増加やワークロードの保護が課題となる場合もあります。運用上のガバナンスの強化やコア プロセスの自動化も、優先度の高い、解決すべき課題です。

ご興味をお持ちの方は、今すぐお問い合わせください。