マルチクラウドのセキュリティとコンプライアンスの管理

 

 

マルチクラウドのセキュリティ リスクの低減

リアルタイムのインサイト、脅威検出、強力なコラボレーション機能を利用してクラウド全体のセキュリティとコンプライアンスを管理することにより、開発者の負担を軽減し、より重要性の高い業務に注力できる環境を提供することが可能です。


ソリューション概要のダウンロード

L4-multi-cloud-ops-security

マルチクラウドのセキュリティに VMware のソリューションが最適な理由

構成エラーによるリスクの低減

構成エラーによるリスクの低減

設定済みのセキュリティ ルールとカスタム ポリシーに基づいて、構成エラーをリアルタイムで可視化し、クラウドのセキュリティを強化できます。

迅速な問題の特定

迅速な問題の特定

アラートの即時発信、脅威と構成エラーの関連付け、状況把握を補完するコンテキストの活用により問題を特定し、深刻な脅威のリスクに初期段階で対処できます。

リスク低減のためのアクティビティの優先的な実行

リスク低減のためのアクティビティの優先的な実行

スマート リスク スコアを使用して問題に優先順位を付け、視覚的なコンテキストを使用して調査を実施できます。異なる部門間で迅速に問題を解決できるようスムーズな連携を支援します。

包括的なポスチャ管理

包括的なポスチャ管理

単一のビューを利用して、コンプライアンス スコア、違反数、部門ごとの問題解決状況を追跡できます。

リアルタイムでの脅威の検出

リアルタイムでの脅威の検出

クラウドネイティブの脅威フィードのデータを利用して、継続的にクラウドを監視して異常や疑わしいアクティビティを検出できます。

SecOps と DevOps の統合

SecOps と DevOps の統合

アプリケーションが本番環境で実行される前に対策を講じて、セキュリティ リスクをプロアクティブに低減できます。

マルチクラウドのセキュリティとコンプライアンスの強化 

L4-security

クラウド セキュリティのポスチャ管理のための 10 のベスト プラクティス

セキュリティ基準の改善と運用の拡張に向けて、業界の専門家が実用性のある推奨プランを解説します。また、クラウドを一元的に可視化する方法やコンプライアンス基準に対応する方法など、クラウド セキュリティのヒントも紹介しています。

eBook をダウンロード 

VMware による相互接続されたクラウド セキュリティの実現

クラウド リソースの適切な構成、悪意のあるアクティビティの監視、不正アクセスの防止により、パブリック クラウド内のアプリケーションとデータを保護する方法に関する情報をお読みください。

ソリューションの概要を読む 

マルチクラウドのセキュリティ管理を支援する VMware 製品 

VMware Secure State

インテリジェントなリアルタイムのセキュリティ インサイトにより、リスクを低減できます。

vRealize Network Insight Cloud

ハイブリッド クラウドおよびマルチクラウドにわたり、アプリケーション視点でセキュリティおよびネットワークを可視化できます。

VMware のソリューションに対する市場のリーダーからの高い評価 

L4-security2

 

 

 

 

Zipwhip(IT、米国):Azure と AWS を活用した持続性の高いビジネス成長

開発手法におけるセキュリティ管理基準の統合は、難しいながらもセキュリティの強化に不可欠なステップです。VMware Secure State を使用してこのような課題に取り組まれているお客様事例をご紹介します。

お客様事例を読む 

「VMware Secure State を使用することで、攻撃対象領域を縮小しながら、クラウド アプリケーションとデータの保護を強化でき、セキュリティ侵害のリスクを最小限に抑えられます。VMware のソリューションのおかげで、私たちはグラフ ビューを使用してリスクを可視化し、変更の影響を重要な関係者に簡単に共有できるようになりました」

– Zipwhip プラットフォーム エンジニア、Kolby Allen 氏

関連するマルチクラウド運用ソリューション 

コストの最適化

コストの最適化に関するインサイトを活用し、アカウンタビリティを高め、マルチクラウドの運用効率を向上させることが可能です。

運用の効率化

クラウド リソースの使用状況を管理することにより、開発部門やシステム管理部門に悪影響を及ぼすことなく、運用効率を高め、セキュリティを強化できます。