個性の違いが生むパワー

VMware は、社員の幅広いバックグラウンド、経験、視点を尊重しており、個々の個性を引き出し、多様性を受け入れ、取り入れて活用していく環境を確立することによって、革新的な IT ソリューションを提供できると考えています。ダイバーシティとインクルージョンの活動のひとつに、VMware がグローバルにビジネスを展開していく上で重要と考えている、多様な国籍、文化の人材の確保と活用があり、VMinclusion というイニシアティブとして社を挙げて取り組んでいます。

 

「ダイバーシティとインクルージョンへのフォーカスは、VMware が掲げている価値に沿ったものであり、私たちのビジネスに非常に重要な意味を持ちます。まず、弊社の説明責任を担う経営陣から組織の変革を図り、その後、マネージャ層も巻き込み、従業員に浸透させていきました。私たちの取り組みは結果を出し、さらなる向上を図ることができると確信しています」


- 最高経営責任者 (CEO) 兼 VMinclusion 共同スポンサー、パット・ゲルシンガー

企業文化

VMware は、社員が個性を発揮できる職場環境を推進しており、職務、役職、勤務地を問わず、その取り組みを加速していけるよう支援しています。個性を尊重したリーダーシップ事例の紹介もそのひとつで、社内のあらゆる部署のリーダーや社員が、それぞれの体験を共有しています。

「創造性は、VMware の文化の根幹を成すものです。そして、個性の違いが生むパワーこそが、創造性を高めるのです」


- 最高人材責任者(CPO)兼 VMinclusion 共同スポンサー、ベッツィー・サッター(Betsy Sutter)

POWER OF DIFFERENCE コミュニティ(POD)

だれもがもたらすことができる個性のパワー

Power of Difference コミュニティ(POD)は、VMware のインクルージョンの文化を広げ、個性の違いが生むパワーの活用に向けた取り組みを進める、社員主導のグループです。各地域の POD に加え、女性やマイノリティ グループのネットワークを強化するために作られた POD もあります。POD は社員のだれもが参加でき、参加者がリーダーとして成長し、さまざまなコミュニティと連携してビジネスへの影響力を発揮できるよう支援しています。

POD コミュニティには、Asian@VMware、Black@VMware、Disability@VMware、Latinos@VMware、PRIDE@VMware、Veterans@VMware、Women@VMware などがあります。

地域別には、VMinclusion@ANZ、VMinclusion@Bulgaria、VMinclusion@China、VMinclusion@Cork、VMinclusion@CostaRica、VMinclusion@France、VMinclusion@Germany、VMinclusion@India、VMinclusion@Japan、VMinclusion@METNA、VMinclusion@SEAK、VMinclusion@UK などがあります。

POD 活動紹介ビデオ 

(3:30)

VMware の Power of Difference コミュニティ

VMware は、会社全体でダイバーシティとインクルージョンを活性化および推進する取り組みの一環として、1 年前に Power of Difference コミュニティ(POD)を立ち上げました。

(1:51)

Latinos@VMware POD

このビデオでは、Latinos@VMware POD と、VMware  におけるインクルージョンへの取り 組みについて紹介しています。

(2:28)

Women@VMware POD

VMware は、テクノロジーにおける女性のコミュニティを強化することでインクルージョンを推進しています。 

このビデオでは、Women@VMware Power of Difference コミュニティについて、そして世界をリードし、世界を変える力を VMware がどのように女性たちに提供しているのかについて紹介しています。

(2:05)

Black@VMware POD

VMware は、Black@VMware Power of Difference コミュニティ(POD) を通じて、意見の多様性を尊重し、新しいリーダーを育成しています。

(2:03)

PRIDE@VMware

VMware は、Power of Difference コミュニティ(POD)の PRIDE@VMware を通じて、LGBTQ の社員をサポートしています。VMinclusion のエネルギー源の 1 つである PRIDE コミュニティが生み出すパワーと、多様な個性を持つ社員をどのように育成しているかをご紹介します。

(2:41)

VMinclusion POD

VMware はさまざまな意見に耳を傾け、社員が職場で輝くための機会を提供しています。ダイバーシティとインクルージョンを推進するアンバサダーを育成し、VMware そして各コミュニティが、すべての人にとってより良い場所になるようサポートしています。このビデオでは、地域の Power of Difference コミュニティについてご紹介します。ぜひご覧ください。 

Belong Here.Transform Everywhere 

社会に受け入れられているという安心感をだれもが必要としていると、私たち VMware は考えています。「コミュニティ」という考え方は、あらゆる文化に欠かせない要素であり、私たちの DNA の一部であると言っても過言ではありません。一人ひとりの個性を認め合える環境づくりを通じて、すべての従業員が VMware というコミュニティとの絆を実感できるよう取り組みを進めています。

研究開発部門担当副社長、キャシー・チョウ(Kathy Chou)

Video Play Icon

研究開発部門担当副社長、キャシー・チョウ(Kathy Chou)

ダイバーシティに対する自身の考え方に影響を与えた出来事と、インクルージョンに重きを置いたリーダーシップでどのようにだれもが気持ちよく働ける職場環境つくってきたかをご紹介します。

スタッフ II テクニカル プログラム マネージャ、ブリアンナ・ブロフィ(Briana Brophy)

Video Play Icon

スタッフ II テクニカル プログラム マネージャ、ブリアンナ・ブロフィ(Briana Brophy)

自己受容とダイバーシティを尊重する企業文化の下、自分本来のあり方を大切にしながら日々業務に励む社員をご紹介します。

Video Play Icon

シニア ソリューション アーキテクト(TAM)、エリック・クロスリー(Eric Crossley)

米国海軍で 6 年以上にわたり兵役を務めたのち、軍での生活で得られた経験や知識を自身が情熱を傾けるテクノロジーの分野で活かし、充実感をもって活躍する社員をご紹介します。

Video Play Icon

ビジネス オペレーション部門プログラム マネージャ、ジェイ・プライス(Jey Price)

ジェイ・プライスは、家族のなかで初めて大学に進学した、いわゆる第 1 世代にあたります。自分が属する文化を代表して発言し行動することの重要性と、自らの文化を尊重した活動がどのような可能性とビジネス チャンスを生み出すことができるか、彼女の経験から導き出された見解をぜひお聞きください。

(4:01)

副社長、リリー・チャン(Lily Chang)

人生の局面で下した決断が大きく人生を変え、リーダーとして、グローバルに多くの影響を与えている社員をご紹介します。

(3:18)

シニア ディレクター、アンソニー・アルバレス(Anthony Alvarez)

さまざまなバックグラウンドを持つリーダーが、職場環境を活性化させている事例をご紹介します。

金融ソリューション担当シニア アナリスト、ラビ・ラスナベルブ(Ravi Rathnaveluv)

Video Play Icon

金融ソリューション担当シニア アナリスト、ラビ・ラスナベルブ(Ravi Rathnaveluv)

障害の有無を問わず個人を尊重する企業文化の下、故郷から遠く離れた地でもVMware というコミュニティの一員であるということを強く感じながら活躍する社員をご紹介します。

Video Play Icon

エンタープライズ データおよび分析担当部長、スティーブン・ハリス(Stephen Harris)

自らのビジネス観に影響を与え、プロフェッショナルとして成功する基礎となった 3 つの重要な経験をご紹介します。

Video Play Icon

パートナー組織担当ディレクター(METNA)、オサマ・エルディーブ(Ossama Eldeeb)

エジプトの先進的な家庭に育った背景から導き出された、伝統的な社会におけるさまざまな障壁、特に女性の社会参加を阻んでいる壁を取り除き、機会の平等を実現することの重要性についての見解をぜひお聞きください。

(2:47)

人事担当上級副社長、リッチ・ラング(Rich Lang)

LGBT コミュニティのメンバーであることを社内で公表したことにより、社員がより個性を発揮できるきっかけを推進した事例をご紹介します。

(3:42)

上級副社長、ブランドン・スウィーニー(Brandon Sweeney)

全社員が活躍できる文化を推進するリーダーとしての取り組みが、社員間の密な連携を生み、お客様のビジネス目標の達成に貢献している事例をご紹介します。

(3:25)

シニア ディレクター、レヌカ・ラジャゴパル(Renuka Rajagopal)

VMwomen での活動を経て、社員が忌憚なく意見を述べ、個性を発揮できる職場環境づくりに、VMinclusion の活動を通じて取り組んでいる社員をご紹介します。

変化の評価

VMware では、多様性を受け入れるインクルージョンの文化を積極的に育みながら、業界でも特に優れた人材を惹きつけ、採用し、尊重していきたいと考えています。多様性に富んだ経験や視点は VMware のイノベーションの推進力となり、業界をリードする企業としてそのポジションを確立していくことができると確信しています。

 

私たちは、多様性に富んだ企業づくりを、さまざまな取り組みを通して着々と進めてきたと自負しています。世界各地の多様性に富んだお客様と同様に、VMware 社内の多様化も年を追うごとに進んでいます。しかし、テクノロジー業界自体もそうであるように、VMware の取り組みはこれからも続きます。

 

VMware では、取り組みを行う際に定量的な目標を定めて進めることが重要だと考えています。進捗状況を具体的に分析することで、現在の達成状況と今後必要な取り組みを見極め進めていくことができるためです。私たちが進めている取り組みの成果にぜひご期待ください。

2019 年度年次報告書

「VMwareでは、ダイバーシティとインクルージョンの理念を尊重しています。私たちは多様性とインクルージョンの視点に基づいた業務環境づくりは、企業としての成功に極めて重要なことだと考えており、イノベーションとビジネスの成長を加速させる推進力としてダイバーシティとインクルージョンの活動を行っています。VMware のこれまでの歩みと成果については、2019 年の年次報告書をご覧ください」

 

2019 年の年次報告書の全文を読む

同一労働、同一賃金

VMware は、個性の違いが生むパワーを活用するには、同一労働、同一賃金の考えが重要であると考えています。そのため、在職期間、勤務地、パフォーマンスなど給与に影響を与える各種要因を考慮しつつ、グローバルな報酬分析を継続的に行っています。サードパーティによる最新のデータ分析によると、VMware の女性社員はグローバルで同職種の男性社員の 99 % の給与を得ており、米国のマイノリティ人種および民族にあたる社員は白人社員と同等の給与を得ています。このような結果を嬉しく思うとともに、今後も性別や人種の違いを超えた賃金の平等と機会均等を強力に推進していきます。

VMware における性別の内訳(グローバル) 

全体

vmw-gender-overall

技術系

vmw-gender-tech

経営陣

vmw-gender-leadership

技術系以外

vmw-gender-non-tech

地域別

vmw-gender-region-amer
vmw-gender-region-apj
vmw-gender-region-emea

VMware における人種、民族別に見た社員の割合(米国) 

全体

vmw-race-overall-us

技術系

vmw-race-tech-us

経営陣

vmw-race-leadership-us

技術系以外

vmw-race-non-tech-us

ジェンダー、人種、職務レベルによるインターセクショナリティ(米国) 

技術系

vmw-intersectionality-tech

職務レベル

vmw-intersectionality-gender-race-job

技術系以外

vmw-intersectionality-non-tech

その他のカテゴリ別に見た社員の割合 

地域ごとの従業員数

vmw-communities-regional-wrkforc

自己認識

vmw-communities-self-idntfy

グローバルでの年齢の内訳

vmw-communities-global-age

データは各年度での集計に基づきます。2020 年度のデータは 2020 年 1 月 31 日時点の集計に基づきます。2019 年度のデータは 2019 年 2 月 1 日時点の集計に基づきます。2018 年度のデータは 2018 年 2 月 3 日時点の集計に基づきます。無回答および回答拒否は集計の対象外としています。同一賃金に関する分析は 2019 年 6 月に実施されたものです。

 

経営陣はディレクター以上の職務レベルと定義しています。

 

*「Other」には先住アメリカ人、アラスカ先住民、ハワイ先住民、太平洋諸島住民が含まれます。

 

「自己認識」グラフの数値は、回答者本人から開示された情報に基づきます。LGBTQ に関するデータは、インクルージョンに関するアンケートの一環として、明示が法的に認められている国において収集されたものであり、全従業員を対象とするものではありません。兵役経験のデータは、保護対象の退役軍人についてのみ収集されており、すべての兵役経験者が含まれるわけではありません。現在の性別に関するレポートにはノンバイナリーが含まれていないことは認識しており、よりインクルーシブな形でデータ収集を行うよう、取り組みを進めています。

 

2018 年米国の EEO-1 レポートはこちらからご覧いただけます。ここにご紹介しているデータは、VMware のダイバーシティへの取り組みを明確に示すうえで有意義であると考えています。

テック コミュニティへの貢献

VMware は、テクノロジー産業の業界コミュニティの立ち上げに参画し、次世代の女性リーダーの育成を支援しています。

WT2:Women Transforming Technology

VMware は 2016 年、テクノロジー業界のあらゆるレベルでのジェンダーの多様性に取り組む業界リーダーとコミュニティが集まる、Women Transforming Technology(WT2)を設立しました。

(1:59)

VMware CodeHouse

VMware は、キャリアをスタートしたばかりの女性たちのネットワークを支援する、CodeHouse の取り組みを始めました。世界中の大学に通う女性たちを招待し、女性エンジニアのネットワークと直接コラボレーションができるコミュニティ プロジェクトに参加してもらうものです。コーディングと女性に特化したプログラムです。

Women Who Code

主要スポンサーとして、バンガロル、北京、上海、ソフィア、パロアルトに新たなネットワークを立ち上げ、  2,500  人を超える新メンバーの参加を可能にしました。 VMware  はこれまでに  25  回のイベントを主催し、 1,000  人を超えるライブでの参加者、 3,500  人を超えるオンラインでの参加者を記録しています。

コミットメント

VMware では、社員のだれもが自分の個性を誇れる職場環境を実現することにより、個性の違いが生むパワーを活用できるよう取り組んでいます。その一環となるのが、社内外を問わずだれに対しても柔軟性のある、インクルージョンの視点を重視した環境づくりです。私たちは、性別や性自認、性的指向、人種/民族、年齢、障がい、宗教、兵役経験などの違いに基づく差別を助長するような法律を一切支持しません。従業員一人ひとりがベストな状態で業務を遂行できる、多様性に富んだ職場環境こそが従業員にとっても会社にとっても多くをもたらすものと考えています。

 

VMware は、社内のすべての人々と積極的に関わり、変化を加速させ、テクノロジー業界全体の改善できるよう取り組みを行っています。そのためにも、高い目標を掲げ、テクノロジー業界において女性をはじめとする多様な人材のコミュニティを育てるためのプログラムにも投資しています。

最新情報を確認する

VMware Radius

評価

VMware は、今後もダイバーシティとインクルージョンを推進し、より良い職場環境を追求していきます。これまでの取り組みでは、さまざまな賞を受賞しています。

vmw-forbes-2020
vmw-human-rights-campaign-2020

VMware は個性の違いを尊重しています

求人情報