個性の違いが生むパワー

VMware は、社員の幅広いバックグラウンド、経験、視点を尊重しており、個々の個性を引き出し、多様性を受け入れ、取り入れて活用していく環境を確立することによって、革新的な IT ソリューションを提供できると考えています。ダイバーシティとインクルージョンの活動のひとつに、VMware がグローバルにビジネスを展開していく上で重要と考えている、多様な国籍、文化の人材の確保と活用があり、VMinclusion というイニシアティブとして社を挙げて取り組んでいます。

 

「ダイバーシティとインクルージョンへのフォーカスは、VMware が掲げている価値に沿ったものであり、私たちのビジネスに非常に重要な意味を持ちます。まず、弊社の説明責任を担う経営陣から組織の変革を図り、その後、マネージャ層も巻き込み、従業員に浸透させていきました。私たちの取り組みは結果を出し、さらなる向上を図ることができると確信しています」


- 最高経営責任者(CEO)兼 VMinclusion 共同スポンサー、パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)

企業文化

VMware は、社員が個性を発揮できる職場環境を推進しており、職務、役職、勤務地を問わず、その取り組みを加速していけるよう支援しています。個性を尊重したリーダーシップ事例の紹介もそのひとつで、社内のあらゆる部署のリーダーや社員が、それぞれの体験を共有しています。

「創造性は、VMware の文化の根幹を成すものです。そして、個性の違いが生むパワーこそが、創造性を高めるのです」


- 最高人材責任者(CPO)兼 VMinclusion 共同スポンサー、ベッツィー・サッター(Betsy Sutter)

POWER OF DIFFERENCE コミュニティ(POD)

だれもがもたらすことができる個性のパワー

Power of Difference コミュニティ(POD)は、VMware のインクルージョンの文化を広げ、個性の違いが生むパワーの活用に向けた取り組みを進める、社員主導のグループです。各地域の POD に加え、女性や少人数のグループのネットワークを強化するために作られた POD もあります。POD は社員のだれもが参加でき、参加者がリーダーとして成長し、さまざまなコミュニティと連携してビジネスへの影響力を発揮できるよう支援しています。

POD コミュニティには、Black@VMware、Chinese@VMware、Latinos@VMware、PRIDE@VMware、Veterans@VMware、Women@VMware などがあります。

地域別には、VMinclusion@Bulgaria、VMinclusion@China、VMinclusion@Cork、VMinclusion@CostaRica、VMinclusion@India、VMinclusion@Japan、VMinclusion@UK などがあり、今後も増える予定です。

POD 活動紹介ビデオ 

(3:30)

VMware の Power of Difference コミュニティ

VMware は、会社全体でダイバーシティとインクルージョンを活性化および推進する取り組みの一環として、1 年前に Power of Difference コミュニティ(POD)を立ち上げました。

(1:45)

Latinos@VMware POD

このビデオでは、Latinos@VMware POD と、VMware におけるインクルージョンへの取り組みについて紹介しています。

(2:28)

Women@VMware POD

VMware は、テクノロジーにおける女性のコミュニティを強化することでインクルージョンを推進しています。 

このビデオでは、Women@VMware Power of Difference コミュニティについて、そして世界をリードし、世界を変える力を VMware がどのように女性たちに提供しているのかについて紹介しています。

(2:05)

Black@VMware POD

VMware は、Black@VMware Power of Difference コミュニティ(POD)を通じて、意見の多様性を尊重し、新しいリーダーを育成しています。

(2:03)

PRIDE@VMware

VMware は、Power of Difference コミュニティ(POD)の PRIDE@VMware を通じて、LGBTQ の社員をサポートしています。VMinclusion のエネルギー源の 1 つである PRIDE コミュニティが生み出すパワーと、多様な個性を持つ社員をどのように育成しているかをご紹介します。

(2:41)

VMinclusion POD

VMware はさまざまな意見に耳を傾け、社員が職場で輝くための機会を提供しています。VMware は、ダイバーシティとインクルージョンを推進し、VMware とコミュニティがすべての人にとってより良い場所になるようサポートしています。このビデオでは、地域の Power of Difference コミュニティについてご紹介します。ぜひご覧ください。 

無意識の偏見の根絶

VMware では、Stanford University の先端の研究者の協力の下、無意識の偏見とはなにか、職場でこの偏見を防ぐにはどうすればよいかについて、調査に基づいた社員教育を行っており、参加者の 92 % が、職場での偏見を防ぐ取り組みを行っています。

変化を推進する人材の育成

DIALOGUE Peer Mentoring Circles は、Stanford University の Clayman Institute for Gender Research による、ジェンダーの視点を介したリーダーシップ開発を提供しています。世界中から参加した女性が、リーダーとしての自己認識が高まったと報告しており、キャリアアップのためのネットワークも強化しています。男性の参加も可能です。

自分らしくある勇気 

(2:47)

人事担当上級副社長、リッチ・ラング(Rich Lang)

LGBT コミュニティのメンバーであることを社内で公表したことにより、社員がより個性を発揮できるきっかけを推進した事例をご紹介します。

(3:41)

ヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)担当、副社長兼法務部長代理、ヘレ・フランク・ジュル・ハンセン(Helle Frank Jul-Hansen)

リーダーとしてのキャリアを重ね、その影響力の大きさに気付き、積極的に多様性を取り入れる職場環境づくりに取り組んでいる社員をご紹介します。

(3:18)

グローバル ライセンス コンプライアンス上級ディレクター、アンソニー・アルバラド(Anthony Alvarado)

さまざまなバックグラウンドを持つリーダーが、職場環境を活性化させている事例をご紹介します。

(4:01)

セントラル エンジニアリング、R&D 担当副社長、リリー・チャン(Lily Chang)

人生の局面で下した決断が大きく人生を変え、リーダーとして、グローバルに多くの影響を与えている社員をご紹介します。

(3:42)

アメリカ地域コマーシャル担当上級副社長、ブランドン・スウィーニー(Brandon Sweeney)

全社員が活躍できる文化を推進するリーダーとしての取り組みが、社員間の密な連携を生み、お客様のビジネス目標の達成に貢献している事例をご紹介します。

(3:25)

総務および職場環境ディレクター、レヌカ・ラジャゴパル(Renuka Rajagopal)

VMwomen での活動を経て、社員が忌憚なく意見を述べ、個性を発揮できる職場環境づくりに、VMinclusion の活動を通じて取り組んでいる社員をご紹介します。

変化の評価

女性社員による取り組みの結果、この数年間で、VMware での女性を取り巻く環境は大きく改善しました。現在は、いまだ十分とは言えない米国内でマイノリティにあたる人材の開発にフォーカスしており、今後もさらなる向上に向けた取り組みを続けていきます。持続可能な変化と継続的な改善のためには、テクノロジー業界全体における責任の明確化と透明性が必要と考えており、VMware はダイバーシティに関する情報の公開を進めています。

同一労働、同一賃金

VMware は、個性の違いが生むパワーを活用するには、同一労働、同一賃金の考えが重要であると考えています。そのため、在職期間、勤務地、パフォーマンスなど給与に影響を与える各種要因を考慮しつつ、グローバルの報酬を継続的に分析しています。サードパーティによる最新のデータ分析によると、VMware の女性社員はグローバルで同職種の男性社員の 99 % の給与を得ており、米国のマイノリティ人種および民族にあたる社員は白人社員と同等の給与を得ています。このような結果をうれしく思うとともに、今後も性別や人種の違いを超えた賃金の平等と機会均等を強力に推進していきます。

グローバルでの女性社員の割合

地域/職種別に見た女性社員の割合

米国内での人種、民族別に見た社員の割合

米国内での社員の職種別に見た人種、民族の割合

VMware 社内の多様なコミュニティ

世界の従業員数の割合

  • アメリカ地域:52 %
  • アジア パシフィックおよび日本地域:30 %
  • ヨーロッパ、中東、アフリカ地域:18 %

グローバルでの年齢の内訳

  • 30 歳未満:18 %
  • 30 ~ 50 歳:72 %
  • 51 歳以上:10 %

その他のダイバーシティ*

  • 身体障害者(米国):0.5 %
  • LGBTQ(グローバル):2 %
  • 退役軍人(米国):2.5 %

データは 2016 年 6 月のものです。同一賃金に関する分析は 2016 年 9 月に実施されたものです。

* 任意で開示されたデータに基づく値です。LGBTQ に関するデータは、新しいデータ収集プロセスにより、明示が法的に認められている国で収集されたものです。

WOMEN IN TECH

VMware は、テクノロジー産業に従事する女性のための業界規模のコミュニティの立ち上げに参画し、次世代の女性リーダーの育成を支援しています。

WT2:Women Transforming Technology

VMware は 2016 年、テクノロジー業界のあらゆるレベルでのジェンダーの多様性に取り組む業界リーダーとコミュニティが集まる、Women Transforming Technology(WT2)を設立しました。

(1:59)

VMware CodeHouse

VMware は、キャリアをスタートしたばかりの女性たちのネットワークを支援する、CodeHouse の取り組みを始めました。世界中の大学に通う女性たちを招待し、女性エンジニアのネットワークと直接コラボレーションができるコミュニティ プロジェクトに参加してもらうものです。コーディングと女性に特化したプログラムです。

Women Who Code

創設パートナーの一員として、バンガロール、北京、上海、ソフィア、パロアルトで新しいネットワークを立ち上げ、2,500 人を超える新メンバーを迎え入れました。VMware はこれまでに 25 回のイベントを主催し、1,000 人を超えるライブでの参加者、3,500 人を超えるオンラインでの参加者を記録しています。

2017 Women Tranforming Technology のビデオをご覧ください

視聴する >>

コミットメント

VMware は、あらゆるのコミュニティと積極的に関わり、変化を加速させ、テクノロジー業界全体を改善できるよう取り組みを行っています。そのためにも、高い目標を掲げ、テクノロジー業界において女性をはじめとする多様な人材のコミュニティを育てるためのプログラムにも投資しています。

最新情報を確認する

VMware Radius

評価

VMware は、今後もダイバーシティとインクルージョンを推進し、より良い職場環境を追求していきます。これまでの取り組みでは、さまざまな賞を受賞しています。

vmw-recognition-section-graphhic

VMware は個性の違いを尊重しています

求人情報