不可能と思えることへの挑戦は VMware の原点です。VMware はイノベーションの文化をたゆまず育みながら、知的好奇心と実行力によって、未来を拓くテクノロジーを開発しています。これを体現するのが、VMware のイノベーション エンジン。その主な原動力は 3 つあります。(1)お客様のデジタル トランスフォーメーションを加速するイノベーションを実現する VMware のグローバルな研究開発チームとそこで生み出される強力なソフトウェア製品群、(2)事業開発部門による戦略的買収、パートナーシップ、投資を通じた VMware 製品ラインの拡大と強化、(3)VMware の多彩なプログラム ポートフォリオを活用し Office of the CTO が中心となり推進するリサーチ業務とイノベーションです。

(2:16)

VMware のイノベーション ストーリー

小さな会社から出発した VMware が世界的なイノベーションを牽引する企業に成長するなかで、勇敢な革新者としてどのようにデジタル革命の道を切り開いてきたかをご紹介します。

OFFICE OF THE CTO

VMware の Office of the CTO(OCTO)は、将来を見据えた探求、創造、イノベーションに取り組んでいるほか、OCTO は研究機関の技術者と VMware のフィールド チーム、さらにお客様やパートナーのコミュニティまでつなぐ架け橋となって、イノベーション プログラムと研究を推進しています。また、望ましい未来を形作るために、VMware とオープンソース コミュニティとの関わりやサステナビリティへの取り組みにも重点を置いています。

リサーチ/アカデミック プログラム

ともに創造する未来

未来を変える優れたアイデアは、日々生まれています。VMware の研究開発部門と Academic Program が受け皿となって、世界中から業界の研究者、大学の教授や学生が集まり、テクノロジーの未来を拓くアイデアをともに育んでいます。

詳細情報

イノベーション プログラム

あらゆる局面でイノベーションを推進

テクノロジーに対する諸部門の意欲、情熱、知的好奇心に端を発し、VMware では多彩なイノベーション プログラムを提供し、VMware のコミュニティに可能性の探求を促す取り組みを行っています。VMware のチーム メンバーには、現状に甘んじることなく常にあらゆる可能性を自問して新しいテクノロジーを探求することが推奨され、そのための環境も整備されています。

詳細情報

オープンソース

VMware のコア バリューであるコラボレーション

コラボレーション、そして卓越した技術の追求は、VMware のコア バリューです。VMware は既存のプロジェクトに貢献するとともに、新しいオープンソースのプロジェクトやイニシアティブを開発、公開、主導することにより、オープンソース コミュニティと積極的に協業を行っています。

詳細情報

サステナビリティ

より良い未来の実現

VMware は、環境、社会、世界経済から受けた恩恵よりも多くのものを返すことこそが、より良い未来をつくる上での企業としての使命と考えており、従業員やお客様、パートナー様にもそのビジョンを共有しています。VMware にとっては、不可能に思えることは可能なことであり、それを実現するために日々努力を続けています。

詳細情報

ソート リーダーシップ

DELL Luminaries シリーズ:VMware 上席副社長兼最高技術責任者のレイ・オファレル(Ray O'Farrell)、IT 部門のリスクと信頼性について語る

CTO のレイ・オファレル(Ray O'Farrell)はポッドキャスト シリーズの「Dell EMC Luminaries」で Mark Schaefer、Douglas Karr の両氏と対談し、企業がイノベーションと IoT への対応に向けて進めているデジタル トランスフォーメーションについてディスカッションを行いました。

CTO 就任後の 4 か月を振り返る

CTO の「T」は「Travel(トラベル)」の頭文字と言われるほどに、アジア パシフィックおよび日本地域のフィールド CTO に就任した直後の 4 か月では、太平洋を 7 回渡り、赤道を 9 回越えました。

ビジネス チャンス:VMware が形作る IoT の未来

この数か月の間に、IoT 分野の大手インフラストラクチャ企業や大手インフラストラクチャ ソフトウェア企業の多くが新製品を発売し、新たなパートナーシップの提携を発表しました。これは決して驚くべきことではありません。