モダン アプリケーションおよびマネジメント ビジネス グループ 上級副社長兼ゼネラルマネージャ

アジャイ・パテル(Ajay Patel)は、VMware のモダン アプリケーションおよびマネジメント ビジネス グループでゼネラルマネージャを務めています。この役職においてパテルは、VMware Tanzu と vRealize のポートフォリオを通じて、アプリケーションのモダナイゼーション、クラウドネイティブ アプリケーションの開発、マルチクラウド管理の分野で業界をリードすることをミッションに掲げ、事業を指揮しています。

同ビジネス グループは、パブリッククラウドや vSphere ベースのクラウド上のあらゆるワークロードを対象に、アプリケーションの開発、管理、運用の全範囲にわたってお客様をサポートしています。パテルは同ビジネス グループのゼネラルマネージャとして、戦略的なプランニング、製品およびポートフォリオの管理、製品のエンジニアリング/サポート/プロフェッショナル サービス/市場開拓全般のすべてを対象としたデリバリとプロセス遂行の監視などを行い、ビジネス グループの損益全体に対する責任を担っています。

現職以前には VMware Cloud Provider 事業を統括しており、VMware Cloud Provider Program の下で運用されている、4,100 社を超えるサービス プロバイダーのサービスと主要なハイパースケーラー クラウドでの VMware Cloud サービスを担当していました。

VMware 入社以前は、Oracle のミドルウェア ビジネスの中核である Cloud Application Foundation の責任者として、ミドルウェア エンジニアド システムの Oracle Exalogic を担当したほか、Java EE アプリケーション サーバの Oracle WebLogic を市場をリードする製品へと成長させました。Oracle Java Cloud Service の提供開始や、Oracle のプライベート クラウド ソリューションのロードマップの策定に携わった経験を有しています。

エンタープライズ ソフトウェア分野で 30 年以上の経験を持つパテルは、Apigee(Sonoa Systems)の上級副社長と、BEA Systems のデータ サービス部門のゼネラルマネージャを務めたほか、Price Waterhouse Coopers、EDS、および AT&T で経営コンサルティングとシステム インテグレーションを担当しました。

パテルは、カリフォルニア大学アーバイン校(University of California, Irvine)で電気工学とコンピューター サイエンスの学士号を取得しています。以前は、Cloud Foundry Foundation の財務部長および取締役を務めていました。また現在、非上場およびベンチャー キャピタルが資金提供する複数のソフトウェア企業で取締役およびテクニカル アドバイザーを務めています。

アジャイ・パテル(Ajay Patel)