最⾼情報責任者(CIO)兼最⾼デジタル トランスフォーメーション責任者 

バスク・アイヤーは VMware の最高情報責任者(CIO)を務めています。2015 年 3 月に VMware に入社し、現在は VMware の IT 部門をグローバルに統括しています。この部門では、全世界における VMware の事業運営をサポートする重要なテクノロジー システムを管理しています。2019 年 7 月には、新たに最高デジタル トランスフォーメーション責任者に就任しました。全社的に一気通貫した運⽤、システム、ツールの責任者を務めるかたわら、さまざまな部門間での協力体制の強化や、SaaS による変革と M&A による統合の推進も担当しています。2016 年 12 月から 2018 年 8 月までは Dell Technologies の CIO を、2018 年 8 月から 2019 年 7 月までは Dell Technologies のエッジ/IoT 部門ゼネラル マネージャも務めていました。

業界での豊富な実績を持つアイヤーは、25 年以上にわたり、伝統的な Fortune 100 の製造業やシリコン バレーをベースとするハイテク企業に変革をもたらしてきた経験を有しています。VMware 入社以前は、Juniper Networks で上級副社長兼 CIO を務め、ビジネスの変⾰に関わる重要なサービス、グローバル ビジネス サービス、IT 及び総務部門を含むテクノロジーと事業運営を担当していました。Juniper Networks 以前は、Honeywell の CIO を務めていました。また、グラクソ・スミスクラインで、消費者向け医薬品研究開発部門の CIO や、E コマースの責任者を務めた経験も有しています。アイヤーは、インドのアンナーマライ大学(Annamalai University)で機械工学の学士号を、フロリダ工科大学(Florida Institute of Technology)でコンピューター サイエンスの修士号を取得しています。

バスク・アイヤー(Bask Iyer)