最高情報責任者(CIO)

ジェイソン・コンヤードは 2015 年 7 月に VMware に入社し、2020 年 10 月より VMware の IT 部門をグローバルに統括する最高情報責任者(CIO)を務めています。全世界における VMware の事業運営をサポートする重要なテクノロジー システムを管理し、VMware およびお客様のデジタル戦略を全社にわたりお客様と緊密に連携しつつ推進するための業務に、情熱をもって取り組んでいます。

 

コンヤードは、コラボレーション、プランニング、ガバナンスを通じて大規模な変革プログラムを長年にわたり成功させてきた実績を有しています。人材の育成、職場における多様性と公平性の推進に尽力しており、VMware のダイバーシティ & インクルージョンの活動の 1 つである「PRIDE(LGBTQ への支持)」のエグゼクティブ スポンサーも務めています。

 

現職以前は、VMware の Colleague Experience & Technology 担当副社長を務め、従業員が使用するすべてのテクノロジーを見直し、従業員とその使用環境を第一に考える組織へと IT 部門を変革する取り組みを指揮しました。ユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーションのプログラム、全世界の従業員のサポート、およびヨーロッパ、中東、アフリカ地域への IT サービスの提供はその一環です。

 

業界での豊富な経験が高く評価されているコンヤードは、25 年以上にわたり、グローバルなテクノロジー企業の変革を推進してきました。VMware 入社以前には、Juniper Networks の IT 担当副社長を務め、インフラストラクチャとエンドユーザー サービスをグローバルに統括し、多国籍のチームとサービス プロバイダーを統括していました。Juniper Networks に入社する以前は、BlackRock(旧 Barclays Global Investors)のマネージング ディレクター、Global Communications Partners の社長、Symantec のワールドワイド コミュニケーション ディレクターを歴任しました。

vmware-jason-conyard