ヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)担当上級副社長兼ゼネラル マネージャ

ルイージ・フレギアは 2014 年に VMware に入社し、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)における戦略の立案、事業運営、市場参入戦略をはじめとして、VMware のビジネス全体の管理責任者を務めています。

 

この役職以前には、EMEA 中央地域担当副社長を務め、ドイツ、オーストリア、スイス、ロシア/CIS 諸国、イスラエル、東ヨーロッパ全域における、ビジネス成長、販売、運営の促進を担ってきました。

 

Oracle、Microsoft、HP、IBM など、世界最大規模のテクノロジー企業で 35 年以上にわたって勤務してきた経験があり、キャリアをスタートした IBM では、EMEA 地域担当副社長職をはじめ、国際経営部門のさまざまな役職を 20 年以上歴任しました。

 

フレギアは、ローマ大学(University of Rome)で電気通信学を中心に学び、電気工学の学位を取得しています。

エイミー・フリーゲルマン・オリー(Amy Fliegelman Olli)