クラウド サービス部門ゼネラル マネージャ

マーク・ローマイヤーは 2014 年に VMware に入社し、フィデルマ・ルッソとともに VMware のクラウド サービス部門の責任者を務めています。現職においてローマイヤーは、主要なパブリッククラウド、クラウド プロバイダー パートナー、および各地域のクラウド ソリューションにわたり、VMware Cloud のサービス ポートフォリオのエンジニアリング、クラウド運用、製品管理、製品マーケティング、ユーザー体験および開発環境の向上を統括しています。現職への就任以前は、クラウド プラットフォーム部門の上級副社長兼ゼネラル マネージャを務め、vSphere プラットフォームおよび VMware Cloud on AWS のほか、データ分析やユーザー体験の向上などの各製品に共通する VMware サービスを担当していました。

VMware 入社以前は、Cisco でエンタープライズ ルーティング事業の製品チームを指揮した経験を有しています。この職務では、同社の核となる ISR および ASR 1000 シリーズのハードウェア プラットフォーム、業界初のエンタープライズクラス仮想ルータ、CSR、およびこれらのプラットフォームにまたがるネットワーク サービス全般を担当していました。Cisco に入社する以前は、Veritas Software でクラスタリング、ストレージ、データセンター管理ソリューションの製品チームを指揮していました。またそれ以前には Sarnoff Research Labs でデジタル イメージングの研究とハードウェア設計を担当し、その成果に基づく 1 件の特許を取得しています。

ローマイヤーはマサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)で電気工学とコンピューター サイエンスの学士号および修士号を取得しています。同大学では、計算構造講座の主任テクニカル アシスタントも務め、Eta Kappa Nu および Tau Beta Pi の優等生協会メンバーに選出されました。

マーク・ローマイヤー(Mark Lohmeyer)