VMware フェロー 

オーレ・エイジェセンは 1999 年に VMware に入社し、継続的なイノベーションと高品質な製品の提供に取り組んでいます。VMware および業界への傑出した技術的貢献が評価され、2012 年に VMware フェローに任命されました。12 年に及ぶチーフ エンジニアとしての在職期間は、エンタープライズ クラス初の x86 仮想マシン モニター (VMM) や仮想 SMP のサポートなど、VMware が業界で初めてリリースした製品の開発をリードしてきました。エイジェセンが取得した 52 件の交付済み特許のうち、25 件は VMware で活用され、VMware vSphere の開発に大きく貢献しました。

 

VMware 入社以前は、Sun Microsystems 社において、同社初のサーバー クラス Java 仮想マシンである ExactVM の技術責任者を務めていました。デンマークのオーフス大学 (Aarhus University) でコンピューター サイエンスの修士号、米国のスタンフォード大学 (Stanford University) でコンピューター サイエンスの博士号を取得しています。

オーレ・エイジェセン (Ole Agesen)