最高経営責任者(CEO)

パット・ゲルシンガーは 2012 年 9 月に VMware の CEO に就任して以来、企業規模を 2 倍に成長させており、彼のテクノロジー分野とリーダーシップにおける 40 年近くにわたる経験は VMware に大きな価値をもたらしています。

VMware に入社する前は、EMC(現 Dell EMC)の情報インフラストラクチャ製品部門のプレジデント兼 COO(最高執行責任者)を務めていました。また、30 年間勤務した Intel では、Intel 初の CTO(最高技術責任者)に就任しました。USB や Wi-Fi など重要なテクノロジーの開発を推進した経歴は、IT 業界で高い評価を受けており、初代 80486 プロセッサーのアーキテクトとして重要な役割を果たしながら、Intel をマイクロプロセッサー市場で圧倒的なシェアを占める企業へと成長させました。

ゲルシンガーは、電気工学の分野で、1979 年にリンカーン技術研究所(Lincoln Technical Institute)の準学士号、1983 年にサンタクララ大学(Santa Clara University)の学士号(優等)、1985 年にスタンフォード大学(Stanford University)の修士号を取得しています。2008 年には IEEE のフェローとなり、同年にウィリアム ジェサップ大学(William Jessup University)の名誉学術博士号を授与されています。また、VLSI 設計、コンピューター アーキテクチャ、通信の分野で、7 件の特許を取得しています。

パット・ゲルシンガー