セキュリティ部門ゼネラル マネージャ

パトリック・モーリーは、Carbon Black がニッチ市場をターゲットにスタートアップとして事業をスタートさせてからエンドポイント セキュリティのリーダーへと成長を遂げるまで、全期間にわたり同社を指揮してきました。2007 年に同社の CEO に就任して以来、モーリーはいくつもの重要な成果を達成してきました。彼のもとで成し遂げられた業績には、Bit9 との合併、3 社の買収、SaaS モデルへの全社的移行、NASDAQ での株式公開(2018 年)などが挙げられます。また最終的に彼のリーダーシップのもと、21 億ドルで VMware への事業売却が成立しました。現在は VMware のセキュリティ部門のゼネラル マネージャを務めており、業界でもっとも思慮に富み、市場からの評価が高いリーダーの 1 人として広く知られています。

パトリック・モーリー(Patrick Morley)