VMware、マイケル・デルの取締役会長への就任を発表

Dell Technologiesの取締役を務めるエゴン・ダーバンがVMwareの取締役に就任


*本内容は、2016年9月7日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

【2016年9月7日(米国時間)カリフォルニア州パロアルト発】
VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、現在Dell Technologiesの取締役会長 兼 最高経営責任者(CEO)を務めるマイケル・デル(Michael S. Dell)がVMwareの取締役会長に任命されたと発表しました。また、現在Dell Technologiesの取締役を務めるエゴン・ダーバン(Egon Durban)が、VMwareの取締役に任命されたと発表しました。これらの任命は、本日発表されたDell TechnologiesによるEMC Corporationの買収完了を受けたものです。Dell Technologiesは、EMC Corporationの買収により、組織のデジタル化された未来の創造、ITの変革、最も重要な資産である情報の保護に必要不可欠なインフラを提供するために独自の事業体制を構築します。

また、今回の取締役会の体制変更に伴い、2007年からVMwareの取締役会長を務めてきたジョー・ツッチ(Joseph M. Tucci)、ならびに、同じく2007年から取締役を務めてきたジョン・イーガン(John R. Egan)の両名はそれぞれ取締役会の役職を退任します。

*US参考資料原文は下記URLよりご覧ください。
https://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-newsfeed.Michael-Dell-Joins-VMware-Board-of-Directors-as-Chairman.1326061.html

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウドインフラとビジネス モビリティの分野で世界をリードし、顧客のデジタルトランスフォーメーションを加速させています。そして、Cross-Cloud Architecture や、データセンタ、モビリティ、セキュリティのソリューションの提供を通じて、顧客企業がビジネスやITに対してSoftware-Definedの手法を活用できるように支援しています。今日、全世界で50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、2015年度の売上高は、66億米ドルに上ります。VMware の詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。