富士通とVMware、グローバルにおける協業を拡大し、エンタープライズの

デジタルトランスフォーメーションを支援

 

~VMwareのクラウドソリューションにより、オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境を提供~

 

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)とVMware, Inc.(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、CEO:パトリック・P・ゲルシンガー、以下、VMware)は、エンタープライズのデジタルトランスフォーメーションを支援するため、グローバルにおけるクラウド分野の協業を拡大することで合意しました。

今回の合意により、富士通は2017年度第4四半期(2018年1~3月)からVMwareのクラウドソリューションをクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、「K5」)上からグローバル展開していきます。合わせて、VMwareのクラウド基盤プラットフォーム「VMware Cloud Foundation™」を含むクラウドサービスとして拡大していきます。

 

近年、VMwareの仮想化技術を活用したオンプレミス資産のクラウドへの移行や、オンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッド環境構築のニーズが高まっています。そのようなニーズに応えるため富士通は、VMwareとのクラウド分野における協業を拡大し、エンタープライズのデジタルトランスフォーメーションを支援するクラウドソリューションサービスを2017年度第4四半期(2018年1~3月)より順次グローバル展開していきます。

 

また、合わせて提供する「VMware Cloud Foundation™」は、次世代のクラウド基盤プラットフォームで、コンピューティング(VMware vSphere®)、ストレージ(VMware vSAN™)、ネットワークおよびセキュリティ(VMware NSX®)によって構成されています。組み込み型のライフサイクル管理自動化ソリューション(VMware SDDC Manager)により容易な運用が可能で、既存のアプリケーション、クラウドネイティブのアプリケーションの双方に対応します。

 

これにより、オンプレミスでVMwareのソフトウェアを運用しているお客様は、システム環境の変更に伴うリスクを抑えながら、「K5」のクラウドサービスを中核とする最適なハイブリッド環境を実現できます。また、本クラウドサービスは「K5」サービスの一環として提供されるため、お客様は「OpenStack」ベースのIaaSや「Cloud Foundry」ベースのPaaS、IoT基盤、AIサービス基盤など、より多彩な「K5」サービスラインナップを利用できるようになります。加えて、富士通はVMwareの仮想化技術を活用したお客様のシステム環境検証から、システムの「K5」への移行までを総合的にサポートするサービスを提供します。

 

さらに、富士通のプライベートクラウドシステム向け垂直統合型仮想化クラウド基盤「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX」とVMware仮想化技術を組み合わせることで、お客様はオンプレミスとクラウドをシームレスにつないだハイブリッド環境を迅速に実現することが可能になります。

 

 

【 富士通株式会社 デジタルビジネスプラットフォーム事業本部長 太田雅浩のコメント 】

お客様は、オンプレミスのVMware環境をクラウドサービス上へ迅速かつ最小限のリスクで移行でき、同時にコストダウンも可能となります。さらに、そのクラウド上のアプリケーションを必要に応じてクラウドネイティブに作り替えていく、あるいは他クラウドサービスと組み合わせて高度化することで、お客様ビジネスの更なる価値向上になると考えております。このデジタルトランスフォーメーションの実現に向け、VMwareの技術を「K5」に組み込むことは必須であり、この協業拡大は大変有意義であります。

 

【 VMware, Inc. クラウドプロバイダーソフトウェア部門 上級副社長 Ajay Patelのコメント 】

富士通とVMwareは、お客様のデジタルトランスフォーメーション実現に向けてビジョンを共有しています。これまでも高い成果をあげてきた富士通との協業を拡大し、富士通が自らのデータセンターで活用してきた洗練された自動化技術とともに、「K5」およびハイブリッドクラウド環境上にVMwareが提唱する”Software-Defined Data Center”を実現するソリューションを迅速に提供できることを嬉しく思います。

 

【ヴイエムウェア社について】

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド インフラとビジネス モビリティの分野で世界をリードし、顧客のデジタル トランスフォーメーションを加速させています。顧客はヴイエムウェアのソリューションを利用してデータセンタの革新とパブリッククラウドとの統合、最新のアプリケーションを用いたイノベーションの推進、デジタルワークスペースを活用した卓越した体験の創出、そして、セキュリティ変革による信頼性の確保を実現し、ビジネスの俊敏性を向上しています。今日、全世界で50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、2016年度の売上高は、70億9,000万米ドルに上ります。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

 

【 商標について 】

・記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

・VMware Cloud Foundation、VMware vSphere、VMware vSAN、VMware NSX、VMware SDDC Managerは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。

 

【 関連リンク 】

 ・富士通とVMware、クラウド分野でのグローバル協業を拡大(2015年11月10日プレスリリース):http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/11/10.html