VMware、

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureを提供

 

エンタープライズ用途での運用が世界規模で広がるAzureと

VMwareの仮想デスクトップと仮想アプリケーションの連携を支援

 

*本内容は、2017年5月16日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

 

【2017年5月16日(米国時間)カリフォルニア州発】VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、VMware Horizon® Cloud on Microsoft Azureの提供を発表しました。この統合ソリューションにより、顧客はWindows 10への移行を加速させるとともに、エンタープライズ用途での運用が世界38の地域へと広がるAzureとVMwareの仮想デスクトップおよび仮想アプリケーションを連携できるようになります。

 

VMware Horizon Cloudは、クラウド上に配置された単一のコントロールプレーンを通じて、顧客が仮想デスクトップや仮想アプリケーションを配信/管理するために利用したいインフラを選択できる柔軟性を備えているなど、独自の特長を備えています。VMwareが提唱するCross-Cloud戦略を通じて、顧客は複数の導入オプションから選択することができ、また用途の変更、従業員の異動、予算の変動などがあった場合でも、選択したオプションを動的に切り替えることができます。複数の導入オプションを通じて仮想デスクトップと仮想アプリケーションを柔軟に拡張できることは、VMware Horizon独自の特徴といえます。導入オプションには以下が含まれます。

 

  • VMwareが提供する完全なマネージド パブリック クラウド インフラ
    DaaS(Desktop-as-a-service)を利用するにあたり、インフラの管理をクラウドに委託したい組織向けに開発され、迅速な拡張やコストの予測可能性に優れた導入オプションです。
  • Microsoftが提供するパブリック クラウドを活用したインフラ
    Microsoft AzureのIaaSとVMware Horizon Cloudを接続し、Horizonによる仮想デスクトップや仮想アプリケーションを配信/管理できるため、Microsoft Azureのサブスクリプションを利用する組織には最適な導入オプションです。
  • ハイパーコンバージド インフラ(HCI)アプライアンスをベースとしたオンプレミスのインフラ
    利用する仮想デスクトップ インフラ(VDI)を自社で確実にコントロールしたい組織向けに開発され、セキュリティやパフォーマンスに関する要件に厳しい組織向けに最適な導入オプションです。

 

VMware Horizonにより、顧客は業界をリードするソリューションを活用できます。調査会社であるIDC社が発行した2016 IDC Marketscapeでは、「ビジネスおよびソリューション戦略と仮想デスクトップと仮想アプリケーションを配信するための機能との組み合わせにおいて最も完成されたソリューション」と評価されています(1)。

 

VMware Inc. エンドユーザ コンピューティング部門担当上級副社長 兼 ゼネラルマネージャ スミット・ダーワン(Sumit Dhawan)コメント:

「VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureの追加により、VMwareは、異なるプラットフォーム間での仮想デスクトップと仮想アプリケーションの柔軟な移行を可能にするインフラを複数、顧客に提案できることになり、ユニークな地位を築くことができます。今回の発表は、私たちのCross-Cloud戦略の推進と、2009年にVMwareが拓いたDaaS(Desktop-as-a-service)分野に革新をもたらす取り組みを表す一例と言えます」

 

■ご購入および価格について

VMware Horizon Cloud on Microsoft Azureは、2017年後半に提供開始予定です。

※日本における展開は未定です。提供開始時期が明確になりましたら、改めてお知らせいたします。

 

■ その他、コメントなどの発表詳細は下記本社リリースをご覧ください(英語)

https://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-newsfeed.VMware-to-Deliver-VMware-Horizon-Cloud-on-Microsoft-Azure.1326186.html

 

(1) IDC MarketScape: Worldwide Virtual Client Computing, Software 2016 Vendor Assessment, by Robert Young and David Laing

 

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド インフラとビジネス モビリティの分野で世界をリードし、顧客のデジタル トランスフォーメーションを加速させています。そして、Cross-Cloud Architecture™や、データセンタ、モビリティ、セキュリティのソリューションの提供を通じて、顧客企業がビジネスやITに対してSoftware-Definedの手法を活用できるように支援しています。今日、全世界で50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、2016年度の売上高は、70億9,000万米ドルに上ります。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

 

# # #

 

VMware、Horizonは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

 

# # #