VMware、

企業のKubernetes上でのソフトウェアの開発、実行、管理を変革する

VMware Tanzuポートフォリオを発表

 

VMware Tanzu Portfolioにより、顧客はKubernetes上での最新アプリケーションの開発と

単一のコントロール ポイントによるすべてのクラスタの管理を実現

 

Project Pacificにより、IT運用担当者と開発者はコンテナと仮想マシンの両方を実行させる

ネイティブKubernetesをサポートしたVMware vSphereを利用して、イノベーションを加速化

 

*本内容は、2019年8月26日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

 

【2019年8月26日(米国時間)カリフォルニア州発】

VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、企業のKubernetes上でのソフトウェアの開発、実行、管理を変革する新しい製品/サービス ポートフォリオとなるVMware Tanzuを発表しました。VMware Tanzuには、将来のVMware vSphere®をネイティブのKubernetesプラットフォームへと変革させるProject Pacificのテクノロジ プレビューと、顧客が実行環境を問わず、すべてのKubernetesクラスタを単一のコントロール ポイントから管理できるようにするVMware Tanzu Mission Controlが含まれています。また、先日発表したPivotal買収の最終合意により、VMwareは最新のアプリケーションの実現に向けて、最も包括的なエンタプライズグレードのKubernetesベースのポートフォリオを提供できようになります。

 

企業がKubernetesの潜在能力を最大活用できるようにするVMware

VMware Tanzu製品/サービスは、企業が最新のアプリケーションを開発し、環境を問わず一貫性を確保しながらKubernetesを実行でき、単一のコントロール ポイントからすべてのKubernetesクラスタを管理できるようにします。VMwareが提供する機能は以下の通りです。

 

  • 先進的なソフトウェア サプライチェーンによる最新アプリケーションの開発

VMwareは、包括的な開発者ツール ポートフォリオと先進的なソフトウェア サプライチェーンの提供のため、これまで以下を含む多大な投資を行ってきました。

    ◦Pivotal:VMwareは先日、Pivotal買収の最終合意を発表しました。Pivotalは、包括的なプラットフォームを提供するとともに、開発者コミュニティに深く関与しています。毎月、Spring Initializerを使用した新しい開発プロジェクトは150万以上行われ、Spring Bootのダウンロード数も7,500万回以上に達しています。また、企業の本番環境で実行されているPivotal Application Service(PAS)のインスタンスは世界中で75万を超えています。Pivotalは、Pivotal Build ServiceやPivotal Function ServiceなどのPASとそのコンポーネントをKubernetesで実行できるよう開発を進めていると発表しました。

     

    ◦Bitnami:Bitnamiは、250万人の開発者を対象に、Kubernetesクラスタ用として事前構築、スキャン、テストされ、常に維持されたアプリケーション コンテンツのカタログを提供しています。 VMwareは本日、Project Galleonのベータ版を発表しました。Project Galleonは、エンタープライズIT部門がカスタマイズされた最新のアプリケーション スタック/フォーマットを、マルチクラウド対応のエンド開発者に提供します。

     

    ◦ISVエコシステム:VMwareは、Kubernetesを通じて付加価値サービスを提供するとともに、Bitnamiコミュニティカタログ経由で利用できるKubernetesアプリケーションの開発のため、広範なISVエコシステムの拡大を続けています。 また、VMware PKS Solution Competencyを完了したパートナ数も大幅に増加しました。

 

  • Kubernetesを活用した最新アプリケーションの実行

Project Pacificの発表はVMware Tanzuの中核です。Project Pacificは、VMware vSphereをネイティブKubernetesプラットフォームへと変革し、数十万社に上るVMware vSphereの顧客の可能性を広げます。この画期的なプラットフォームの再アーキテクチャ化により、企業のこれまでの投資や既存のテクノロジ、ツール、スキルを今後も生かしながら、VMware vSphere上での最新アプリケーションの開発と運用を加速させることができます。Project Pacificは以下の機能を提供します。

 

◦ネイティブKubernetesをサポートしたVMware vSphere KubernetesをVMware vSphereのコントロールプレーンに組み込み、仮想マシンとコンテナを単一のプラットフォームで統合することにより、プラットフォームを変革します。さらにハイパーバイザにコンテナのランタイムを追加します。この新しいVMware vSphere® ESXi™のネイティブ ポッドは、優先度の高いKubernetesのポッドとVMを統合し、ミッションクリティカルなワークロードに対してパフォーマンスの高いランタイムを確保できるようにします。

 

◦アプリケーション中心の管理

Project Pacificでは、開発者がポリシー/クォータ/ロール ベースのアクセスの適用をアプリケーションレベルのコントロールで行えるようにします。IT部門はProject Pacificを利用してKubernetesのクラスタとコンテナ、ならびに既存の仮想マシンの稼働をVMware vCenter® Serverで一元的に可視化できるほか、高可用性(HA)や分散リソース スケジューラ(DRS)、VMware vSphere® Storage vMotion®などのエンタープライズ グレードの機能をアプリケーション レベルで適用できます。

 

◦開発とIT運用のコラボレーション

IT運用担当者はVMware vSphereツールを使用してKubernetesクラスタを開発者に提供し、また、開発者はKubernetes APIを使用してSDDC(Software-Defined Data Center)インフラにアクセスできます。Project Pacificにより、開発者とIT運用担当者の双方が、VMware vSphereのKubernetesのコンストラクトを介して一貫性のあるビューを利用できます。

 

VMware vSphereを起点としてKubernetesの手法を取り入れたいと考える企業は、VMware PKSを選択できます。VMware PKSはKubernetesのフラッグシップ製品であり、世界の大手企業のマルチクラウドの本番環境でKubernetesの展開、実行、管理を支援しています。

 

  • マルチクラウド/マルチクラスタ インフラの管理

VMware Tanzuには、VMware Tanzu Mission Controlのテクノロジ プレビューが含まれています。顧客はTanzu Mission Controlにより、VMware vSphere、パブリック クラウド、マネージド サービス、パッケージ化されたディストリビューション、Do-It-Yourself(DIY)Kubernetesなど、実行環境を問わずすべてのKubernetesクラスタを単一のコントロール ポイントで管理できます。Tanzu Mission Controlは、VMwareの広範な製品ポートフォリオとオープンソース プロジェクトを活用してさまざまな機能を提供します。

 

◦すべてのKubernetesクラスタを可視化できる管理者向け機能

管理者はTanzu Mission Controlにより、すべてのKubernetesクラスタについて、クラスタおよびコンポーネントの健全性の評価など、可観測機能を利用できます。Tanzu Mission Controlを介して直接、Wavefront™ by VMwareを利用することにより、より詳細な診断やフルスタックな詳細を把握することもできます。

 

 

◦運用担当者によるポリシー管理

運用担当者はTanzu Mission Controlを利用して、アクセス、バックアップ、セキュリティなどのポリシーを容易に個々のクラスタまたは複数の環境にまたがるクラスタ群に適用できます。これは、クラウドの選択肢を重要視するVMwareのコミットメントを象徴しており、場所を問わずKubernetesを実行できるようになります。

 

 

◦開発者の開発の独立性

開発者はTanzu Mission Controlを利用して、ワークスペース(ネームスペースの集合)、あるいはKubernetes APIベースのセルフサービス方式でリソースにアクセスできます。

 

VMware Tanzuポートフォリオの基本原則は、オープンソース ソフトウェアの良さを最大限生かすことにあります。このため、Cluster API for Lifecycle Managementや、バックアップとリカバリにVelero、コンフィグレーション コントロールにSonobuoy、そしてイングレス コントロールにContourを活用していますVMwareは現在、オープンソース プロジェクトのコントリビュータとして上位3社に入ります。

 

VMware Inc. 最高執行責任者 (COO)、プロダクトおよびクラウド サービス担当

Raghu Raghuram(ラグー・ラグラム)コメント

「顧客はクラウドネイティブ アプリケーションへの移行に際して、現状を理解した上で変革プロセスをガイドしてくれるパートナを求めています。VMwareは、アプリケーションの開発ではPivotal開発者プラットフォーム/ツール/サービスの追加、アプリケーションの実行ではVMware vSphereをネイティブのKubernetesプラットフォームへと変革させる画期的なProject Pacificの発表、拡大するKubernetesのフットプリントの管理では、環境を問わず、Kubernetesクラスタを単一のコントロール ポイントから管理できるVMware Tanzu Mission Controlの発表により、このジャーニの各工程で顧客の成功を支援します」

 

*US参考資料原文、および参考資料内コメントは下記URLよりご覧ください。(英語サイト)

https://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-newsfeed.VMware-Announces-VMware-Tanzu-Portfolio-to-Transform-the-Way-Enterprises-Build-Run-and-Manage-Software-on-Kubernetes.1906432.html

 

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、ネットワーキング、セキュリティ、デジタルワークスペースを、世界中のパートナ エコシステムを通じて顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤として提供しています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なイノベーションの提供からグローバル インパクトまで世界への貢献に努めています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

 

VMware、Tanzu、vSphere、Tanzu Mission Control、Bitnami、vCenter、vCenter Server、vMotion、ESXi、Wavefrontは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。

 

Forward-Looking Statements

 

This press release contains forward-looking statements including, among other things, statements regarding the proposed acquisition of Pivotal Software by VMware, such as the growth opportunities and expansion of VMware’s offerings associated with each acquisition and potential benefits to VMware and its customers and partners. These forward-looking statements are subject to applicable safe harbor provisions under federal securities laws. Actual results could differ materially from those projected in the forward-looking statements as a result of certain risk factors, including but not limited to: (1) the satisfaction or waiver of the conditions to closing the proposed acquisition (including the failure to obtain necessary regulatory approvals) in the anticipated timeframe or at all; (2) uncertainties as to the outcome of the vote by Pivotal stockholders to approve the Pivotal acquisition; (3) the possibility that the acquisition does not close; (4) the possibility that competing offers may be made; (5) risks related to the ability to realize the anticipated benefits of the proposed acquisition, including the possibility that the expected benefits from the proposed acquisition will not be realized or will not be realized within the expected time period; (6) the risk that the business will not be integrated successfully; (7) disruption from the transactions making it more difficult to maintain business and operational relationships; (8) negative effects of this announcement or the consummation of the proposed acquisition on the market price of VMware’s common stock, credit ratings and operating results; (9) the risk of litigation and regulatory actions related to the proposed acquisition; (10) other business effects, including the effects of industry, market, economic, political or regulatory conditions; and (11) other unexpected costs or delays in connection with the acquisition. These forward-looking statements are made as of the date of this press release, are based on current expectations and are subject to uncertainties and changes in condition, significance, value and effect as well as other risks detailed in documents filed with the Securities and Exchange Commission, including VMware’s most recent reports on Form 10-K and Form 10-Q and current reports on Form 8-K that we may file from time to time, which could cause actual results to vary from expectations. VMware assumes no obligation to, and does not currently intend to, update any such forward-looking statements after the date of this release.

 

Additional Information about the Pivotal Acquisition and Where to Find It

 

This communication may be deemed to be solicitation material in respect of the proposed merger with Pivotal (the “Pivotal Merger”). This communication does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy VMware securities or the solicitation of any vote or approval. The proposed Pivotal Merger will be submitted to Pivotal’s stockholders for their consideration. In connection with the proposed transaction, Pivotal intends to file a proxy statement and other relevant materials with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”) in connection with the solicitation of proxies by Pivotal, the Company and Dell Technologies in connection with the proposed transaction. The definitive proxy statement will be mailed to Pivotal’s stockholders.

 

BEFORE MAKING ANY VOTING OR INVESTMENT DECISION WITH RESPECT TO THE PROPOSED TRANSACTION, INVESTORS AND STOCKHOLDERS OF PIVOTAL ARE URGED TO READ THE DEFINITIVE PROXY STATEMENT REGARDING THE PROPOSED TRANSACTION (INCLUDING ANY AMENDMENTS OR SUPPLEMENTS THERETO) AND OTHER RELEVANT MATERIALS CAREFULLY AND IN THEIR ENTIRETY WHEN THEY BECOME AVAILABLE BECAUSE THEY WILL CONTAIN IMPORTANT INFORMATION ABOUT THE PROPOSED TRANSACTION. The proxy statement, any amendments or supplements thereto and other relevant materials, and any other documents filed by Pivotal with the SEC, may be obtained once such documents are filed with the SEC free of charge at the SEC’s website at www.sec.gov.

 

In addition, Pivotal’s stockholders may obtain free copies of the documents filed with the SEC through the Investors portion of Pivotal’s website at pivotal.io/investors or by contacting Pivotal’s Investor Relations Department via e-mail at ir@pivotal.io.

 

Pivotal, VMware, Dell Technologies Inc. and certain of their respective executive officers, directors, other members of management and employees, may under the rules of the SEC, be deemed to be “participants” in the solicitation of proxies from Pivotal’s stockholders in connection with the proposed transaction. Information regarding the persons who may be considered “participants” in the solicitation of proxies will be set forth in Pivotal’s preliminary and definitive proxy statements when filed with the SEC and other relevant documents to be filed with the SEC in connection with the proposed transaction, each of which can be obtained free of charge from the sources indicated above when they become available. Information regarding certain of these persons and their beneficial ownership of Pivotal’s common stock is also set forth in Pivotal’s proxy statement for its 2019 annual meeting of stockholders filed on May 3, 2019 with the SEC, which may be obtained free of charge from the sources indicated above.

 

Note: There is no commitment or obligation that technology preview or beta features will become generally available.