ヴイエムウェア、

通信サービスプロバイダ向けに俊敏なマルチクラウド運用を支援する

クラウド オーケストレータ、Project Maestroを公開

 

あらゆるネットワークおよびクラウドに跨るオーケストレーションと自動化を統合した

クラウドファーストのソリューション

 

Millicomがデジタルトランスフォーメーション推進に向け、

通信事業クラウド構築にヴイエムウェアを選定

 

【2019年11月13日(日本時間)東京発】

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は、通信事業者(CSP)向けのクラウド オーケストレータとなるProject Maestroのテクノロジ プレビューを公開しました。Project Maestroは、CSPがコアからエッジ、またプライベートクラウドからパブリッククラウドへと、クラウド全体に跨り最新のネットワーク機能やサービスを迅速に投入できるようにします。また、ケーブル/モバイルサービスのプロバイダであるMillicomが、ネットワークとITの変革のため、同社の通信事業クラウド基盤にヴイエムウェアを選定したことを明らかにしました。ヴイエムウェアはさらに、仮想ネットワーク機能(VNF)向けの新たな自己認定プログラムに関する詳細を公開しました。このプログラムは、既存のVMware Ready® for NFV 認定プログラムに基づくものです。 

 

Project Maestroの投入

Project Maestroは、仮想ネットワークの機能とサービスのモデリング、オンボーディング、オーケストレーション、管理を統一した手法で行えるようにします。このクラウドファーストなオーケストレーション ソリューションにより、CSPは多岐にわたるネットワーク機能方式のネットワーク サービスを開発、自動化でき、NFVと通信事業者向けクラウドアーキテクチャのあらゆるレイヤーで相互運用と最適化を図ることができます。Project Maestroは、大規模展開時の運用効率を向上させるため、CSPは新サービスの開発期間の短縮や複雑化が増すネットワーク管理のコスト削減、また顧客体験の改善を実現できます。

 

VMware Inc. Telcoおよびエッジクラウド担当 上席副社長兼ゼネラル マネージャ

シェイカー・アイヤー(Shekar Ayyar)コメント

「通信業界で5Gおよびエッジコンピューティングへの移行が進行する中、CSP各社は俊敏性と拡張性を備えた次世代アプリやサービスを消費者と企業に提供できるよう、インフラ整備に努めています。そこで必要となってくるのが、ネットワークとITの環境を統合し、プライベートのエンタープライズクラウド、エッジクラウド、それにパブリッククラウドと接続できる通信事業者向けクラウドアーキテクチャです。この全体を実現するには、オーケストレーションに対する新たなアプローチが不可欠であり、その一つが、クラウドファーストの発想でマルチクラウドの複雑さを抽象化することです。Project Maestroはまさにこの実現を目指しています」

 

*その他、発表詳細は下記本社リリースをご覧ください(英語)

https://ir.vmware.com/overview/press-releases/press-release-details/2019/VMware-Unveils-Project-Maestro-A-Telco-Cloud-Orchestrator-To-Help-CSPs-Accelerate-Multi-Cloud-Operational-Agility/default.aspx

 

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、ネットワーキング、セキュリティ、デジタルワークスペースを、世界中のパートナー エコシステムを通じて顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤として提供しています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するヴイエムウェアの革新的なイノベーションの提供からグローバル インパクトまで世界への貢献に努めています。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

 

VMware、Project Maestro、VMware Readyは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。