VMware、2019年度第4四半期および通期の業績を発表

 

通期の売上高は、過去最高となる89億7,000万米ドルを達成、前年同期比で14%増

第4四半期の売上高は前年同期比16%増、事業全般を通じて成長

 

*本内容は、2019年2月28日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

 

【2019年2月28日(米国時間)カリフォルニア州発】VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、2019年度第4四半期(2018年11月3日~2019年2月1日)及び会計年度通期(2018年2月3日~2019年2月1日)の業績を発表しました。

 

第4四半期の概要

  • 第4四半期の売上高は25億9,000万米ドルで、前年同期比16%増
  • 第4四半期のライセンス収入は12億3,000万米ドルで、前年同期比21%増
  • 第4四半期のGAAPベースの損益は、前年同期の3億8,700万米ドル(希薄化後1株当たり利益:0.96米ドル)の損失から、Pivotal Softwareへの投資に伴う3,800万米ドルの損失を含め、5億200万米ドル(同1.21米ドル)の純利益になりました。第4四半期の非GAAPベースの純利益は、前年同期の6億5,700万米ドル(同1.60米ドル)から、8億2,300万米ドル(同1.98米ドル)になり、同1株あたり利益は前年同期比23%増  
  • 第4四半期のGAAPベースの営業利益は6億6,400万米ドルで前年同期比10%増。非GAAPベースの営業利益は9億6,700万米ドル、前年同期比18%増
  • 第4四半期のキャッシュ フローは10億1,000万米ドル。フリー キャッシュ フローは9億4,600万米ドル
  • 第4四半期の売上高に前受収益の修正を加えた額は前年同期比17%増
  • 第4四半期のライセンス収入に前受ライセンス収入の修正を加えた額は前年同期比20%増

 

通期の概要

  • 2019年会計年度通期の売上高は89億7,000万米ドルで、前年比14%増
  • 2019年会計年度通期のライセンス収入は37億9,000万米ドルで前年比18%増
  • 2019年会計年度通期のGAAP ベースの純利益は、前年の6億5,900万米ドル(希薄化後1株当たり利益:1.59米ドル)から、Pivotal Softwareへの投資に伴う8億1,300万米ドル(同5.85米ドル)の収益を含め、24億2,000万米ドルになりました。2019年会計年度通期の非GAAPベースの純利益は、前年の21億7,000万米ドル(同5.24米ドル)から、26億2,000万米ドル(同6.33米ドル)になり、1株あたりの利益が前年比21%増
  • 2019年会計年度通期のGAAP ベースの営業利益は、前年比20%増の20億5,000万米ドル。非GAAPベースの営業利益は同14%増の30億4,000万米ドル
  • 2019年会計年度通期の営業活動によるキャッシュ フローは36億6,000万米ドル。フリー キャッシュ フローは34億2,000万米ドル
  • 2019年2月1日時点での現金、現金同等物および短期投資額は、28億5,000万米ドル、前受収益は69億8,000万米ドル
VMware, Inc. 最高経営責任者(CEO)パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)コメント:
「第4四半期は、さまざまな製品のポートフォリオで、また3つのすべての地域の全般を通じて成長し、2019年度の業績を堅調に終えることができました。VMwareは、顧客のデジタルトランスフォーメーションに不可欠なユビキタスなソフトウェア基盤を提供すると同時に、社員、製品、および地球全体により良いグローバル インパクトをもたらすよう努力しています」
 
VMware, Inc. 最高財務責任者(CFO)ゼーン・ロウ(Zane Rowe)コメント:
「12月の特別配当を通じて、株主に110億米ドルを還元できたことを含めて、この第4四半期と本年度は非常に良い成績を収められ嬉しく思っています。VMwareの製品ポートフォリオを活用して事業を推進している顧客やパートナとの関係を引き続き、強固にしています」
 
最近の戦略発表と重要事項
  • VMwareとAWSは2018年11月のAWS re:Inventで、顧客が自社データセンタ内で豊富なエンタープライズ クラスの機能をas-a-serviceモデルとして構築、導入できるAWS Outposts向けの新しいソリューションを公表しました。
  • VMwareは2018年11月、VMware Cloud™ on AWS GovCloud(米国)のイニシャル アベイラビリティ(最初の提供)を発表しました。VMware Cloud on AWS GovCloud(米国)のイニシャル アベイラビリティにより、米国政府の顧客およびパートナは、AWS GovCloud(米国)でVMware vSphere®のワークロードを稼働させることができます。
  • VMwareは2018年12月、Heptioの買収を完了しました。Heptioの買収により、VMwareはKubernetesをコンテナの標準にする取り組みを加速させ、顧客がクラウド全域で稼働するアプリケーションを開発できるよう支援するとともに、オープンソース コミュニティがこの重要なプラットフォームの開発できるよう引き続き、サポートします。
  • VMwareは、Microsoft AzureをサポートしたVMware PKS 1.3の一般提供を発表しました。これにより、このソリューションのマルチ クラウド機能を強化します。
  • エンタープライズ モビリティ管理(EMM)のベンダーを評価するForrester Wave の「Unified Endpoint Management, Q4 2018」において、業界リーダーとして評価されました。VMware Workspace ONE®は、市場プレゼンスのカテゴリーのほか、製品のビジョン、イノベーションへのコミットメント、パートナ エコシステムの基準で最高得点を獲得しました(1)。
  • Gartnerが発表したハイパーコンバージド インフラのMagic Quadrant(2)で、ビジョンに対する完全性と実行能力の高さを基にーダーに位置付けられました。
  • 今週開催されたMobile World Congressで、AT&Tとの5Gを含むSD-WANでのコラボレーションの強化やEricssonとの重要なアライアンス合意、VodafoneとのNFVの大規模導入など、5Gが現実化する中、通信事業者セグメントでの事業の勢いを示しました。
  • VMwareのカーボンニュートラル認証プログラムの一環として、VMwareは、インドとグアテマラでソーラーエネルギへの転換による二酸化炭素ガスの削減と森林破壊の抑制を目的としたカーボン・ファイナンス(炭素金融)のプロジェクトを支援するなど、低炭素経済の実現に向けた取り組みを継続して行っています。
■ その他、発表詳細は下記本社リリースをご覧ください(英語)
 
1 Forrester, Andrew Hewitt and Chris Sherman, The Forrester Wave™: Unified Endpoint Management, Q4 2018, 20 November 2018
 
2 Gartner, John MacAurthur, et. Al., Magic Quadrant for Hyperconverged Infrastructure, 2 January 2019.  Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner’s research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, express or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.
 
ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、ネットワーキングとセキュリティ、デジタル ワークスペースは、世界中で7万5,000社のパートナ エコシステムを通じて50万以上の顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤として利用されています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、画期的なイノベーションからグローバル インパクトの課題に取り組み、積極的に社会に貢献しています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。
 
# # #
 
VMware、VMworld、VMware Cloud、vSphere、Workspace ONE、Heptioは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。
 
将来予想に関する記述
This press release contains forward-looking statements including, among other things, statements regarding the expected benefits to customers of VMware products and services, including new offerings from VMware and AWS that will run on AWS Outposts and planned efforts with Heptio and within the open source community regarding Kuberbetes. These forward-looking statements are subject to the safe harbor provisions created by the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Actual results could differ materially from those projected in the forwardlooking statements as a result of certain risk factors, including but not limited to: (i) adverse changes in general economic or market conditions; (ii) delays or reductions in consumer, government and information technology spending; (iii) competitive factors, including but not limited to pricing pressures, industry consolidation, entry of new competitors into the virtualization software and cloud, end user and mobile computing industries, and new product and marketing initiatives by VMware’s competitors; (iv) VMware’s customers’ ability to transition to new products and computing strategies such as cloud computing, desktop virtualization and the software defined data center; (v) VMware’s ability to enter into and maintain strategically effective partnerships and alliances; (vi) the uncertainty of customer acceptance of emerging technology; (vii) the ability to successfully integrate into VMware acquired companies and assets and smoothly transition services related to divested assets from VMware; (viii) rapid technological changes in the virtualization software and cloud, end user and mobile computing industries; (ix) changes to product and service development timelines; (x) VMware’s relationship with Dell Technologies and Dell’s ability to control matters requiring stockholder approval, including the election of VMware’s board members and matters relating to Dell’s investment in VMware; (xi) VMware’s ability to protect its proprietary technology; (xii) VMware’s ability to attract and retain highly qualified employees; (xiii) the ability of VMware to realize synergies from Dell; (xiv) disruptions resulting from key management changes; (xv) risks associated with international sales such as fluctuating currency exchange rates and increased trade barriers; (xvi) changes in VMware’s financial condition; and (xvii) risks associated with cyber-attacks, information security and privacy. These forward-looking statements are made as of the date of this press release, are based on current expectations and are subject to uncertainties and changes in condition, significance, value and effect as well as other risks detailed in documents filed with the Securities and Exchange Commission, including VMware’s most recent reports on Form 10-K and Form 10-Q and current reports on Form 8-K that we may file from time to time, which could cause actual results to vary from expectations. VMware assumes no obligation to, and does not currently intend to, update any such forward-looking
statements after the date of this release.
 
これらの将来予想に関する記述は、当プレスリリースの発表時点での予想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 最新の報告書 Form 10-K、 Form 10-Q、Form 8-Kを含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があり ます。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。