ヴイエムウェア、山中直が新社長に就任

 

社長を務めてきたジョン・ロバートソンは退任し、新しい道に進む

 

新しいリーダーシップは引き続き、モダンなマルチクラウド環境の提供を推進し、

日本の顧客企業のデジタルトランスフォーメーションの実現を支援

 

【 2020年12月4日 (日本時間)東京発】

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区)は本日、同社 上級執行役員 副社長の山中 直(やまなか ただし)が2021年1月18日付で代表取締役社長に就任すると発表しました。山中は日本の責任者として、ヴイエムウェアのすべての事業を指揮します。2015年3月から代表取締役社長として日本の事業を率いてきたジョン ロバートソンは退任し、本人の望む新しい道に進みます。ヴイエムウェアはこの新しい経営体制のもと、モダンなマルチクラウド環境を実現する統合プラットフォームを提供し、日本の顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを支援します。

 

山中は、2007年にシニア コーポレート アカウント マネージャとしてヴイエムウェア株式会社に入社し、その後、要職を歴任しながらエンタープライズ ビジネスを成長させてきました。直近は、上級執行役員 副社長として、顧客企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に注力しています。

 

ヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長 ジョン ロバートソンのコメント

「2007年の入社以来、ヴイエムウェアの発展に携わることができ、大変光栄でした。顧客中心の姿勢で情熱をもって業務に取り組み、長年にわたりヴイエムウェアの日本での成功を支えてきた経営陣と社員に深く感謝しています。山中とは14年にわたり、パートナとして、また友人として、二人三脚でヴイエムウェアの成長に取り組んできました。山中こそヴイエムウェアの次のリーダーに相応しい能力を有しており、次の時代に向けて、ヴイエムウェアがこれからも顧客やパートナのデジタルトランスフォーメーションを実現していけると強く確信しています」

 

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、アプリケーション モダナイゼーション、ネットワーキング、セキュリティ、デジタルワークスペース製品により、顧客はあらゆるクラウドにデバイスを問わずアプリケーションを提供できます。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なテクノロジの提供からグローバル インパクトまで世界への貢献に努めています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

 

VMwareは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。