VMware、年次カンファレンスVMworld 2020

のオンライン開催を発表

 

【2020年4月14日(米国時間)パロアルト発】

VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、年次カンファレンスであるVMworld® 2020を今年はオンラインイベントとして、9月28日の週に開催すると発表しました。VMwareでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を考慮し、VMworld 2020の参加者、顧客、パートナ企業、社員の健康と安全を守るための措置として、8月にサンフランシスコ、11月にバルセロナで開催を予定していた会場開催のイベントとしてのカンファレンスを中止にしました。

 

VMworld 2020 Onlineは9月28日の週に、世界中からリモートでの参加とコラボレーションが可能なデジタルイベントとして開催します。VMwareでは会場さながらのVMworldの体験をオンラインでも提供できるよう努めています。参加者はこのオンラインイベントを通じて、革新的かつ新しいテクノロジ ソリューションやVMware経営幹部の展望を把握できるだけでなく、技術的なコンテンツに触れたり、業界エコシステムの専門家との交流を持つこともできます。また、VMwareでは今秋後半に、各地域で小規模な会場イベントの開催を検討しています。

 

VMwareでは今後数週間以内に、VMworld 2020 Onlineに関する詳細情報を提供する予定です。

 

VMware Inc. 最高執行責任者(COO)およびカスタマー オペレーション責任者

サンジェイ・プーネン(Sanjay Poonen)コメント:

「VMworldでは、世界中から訪れる顧客、パートナ企業、社員を迎え、業界動向や知見に触れるとともに、多くの方と交流できることを毎年楽しみにしてきました。今年、私たちのコミュニティの方々と対面できないことを残念に思う一方、世界規模でのデジタル体験となるVMworldを主催できることを楽しみにしています」

 

*US参考資料原文、および参考資料内コメントは下記URLよりご覧ください。(英語サイト)

https://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-newsfeed.VMware-Update-on-VMworld-2020.63c08096-7898-4c41-99f9-14399155923e.html

 

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、アプリケーション モダナイゼーション、ネットワーキング、セキュリティ、デジタルワークスペース製品により、顧客はあらゆるクラウドにデバイスを問わずアプリケーションを提供できます。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なテクノロジの提供からグローバル インパクトまで世界への貢献に努めています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

 

VMwareとVMworldは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。