VMware、取締役会がCEO選定を開始

 

現CEOのパット・ゲルシンガーはインテル CEO就任のため退任。ゼイン・ロウが暫定CEOに就任

 

*本内容は、2021年1月13日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

 

【2021年1月13日(米国時間)カリフォルニア州発】
VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、取締役会が新しいCEO(最高経営責任者)の選定を開始したと発表しました。これは、現CEOのパット・ゲルシンガーがインテルの新しいCEOに就くため、2021年2月12日付けでVMwareのCEOを退任することをうけたものです。ゲルシンガーは以前、インテルに在籍し、最高技術責任者を含め30年にわたりさまざまな指導的役割を果たしていました。VMware CFO(最高財務責任者)のゼイン・C・ロウ(Zane Rowe)が暫定CEOに任命されました。ゲルシンガーは引き続きVMwareの取締役会に参加します。

 

VMware, Inc. 最高経営責任者(CEO)パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)コメント:
「VMware CEOを務めあげたことは私の人生においての誇りです。私たちは世界のテクノロジの光景をより良い方向へと変革しました。そしてVMwareは、予測困難な今日においても顧客にデジタル基盤を提供できる卓越した企業であり続けると確信しています。私のキャリアの中で最も充実した時間をくださったVMware社員、顧客、およびパートナに心から感謝します」

 

*US参考資料原文、および参考資料内コメントは下記URLよりご覧ください。(英語サイト)
https://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-newsfeed.VMware-Board-of-Directors-Initiates-Search-for-Chief-Executive-Officer.111a263c-9ba0-43d4-b608-7da7f956484d.html  

 

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、アプリケーション モダナイゼーション、ネットワーキング、セキュリティ、デジタルワークスペース製品により、顧客はあらゆるクラウドにデバイスを問わずアプリケーションを提供できます。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なテクノロジの提供からグローバル インパクトまで世界への貢献に努めています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

 

VMwareは、VMware, Inc.またはその子会社の米国および各国での商標または登録商標です。