ヴイエムウェア、柔軟かつ迅速なクラウド移行をサポート

 

VMware Cloudにより、お客様は経済性とリスクを軽減しながらアプリケーションをモダナイズ

VMware Cloudの今後の展望とともに、VMworld 2021でテクニカル プレビューを公開

 

【2021年10月6日(日本時間)東京発】

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山中 直)は本日、VMworld 2021において、ほぼ半分の時間と半分以下のコストでエンタープライズ アプリケーションのクラウド移行を可能にする、業界初かつ唯一のマルチクラウド コンピューティング インフラであるVMware Cloudの進化した拡張機能を発表しました。現在、多くの企業が業務の迅速化とデジタル化という差し迫った課題に直面しており、今やマルチクラウドは、迅速な変革を目指すデジタル企業にとってのモデルと言えます。ヴイエムウェアはこのマルチクラウド環境において、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。今回、拡張したVMware Cloudの最新機能は次のとおりです。

 

  • VMware Cloud上のアプリケーションをモダナイズする、マネージドKubernetesサービスの最新ポートフォリオ
  • VMware Cloudのエンタープライズ アプリケーションをよりシンプルかつ安全に実行するための機能
  • 独自主導のクラウドでビジネスを運用したいお客様のニーズに応える新たなイニシアチブ
  • VMware Cloudの今後の展望を見据えたテクニカル プレビュー

 

さらに、VMware Cloudユーザにはこうしたイノベーションにより、エンタープライズ アプリケーションのモダナイゼーションを加速し、ビジネスの俊敏性と回復力を高め、これまでのアプローチと比べて大幅なコスト削減を図ることができるツールも提供されます。

 

Kubernetesベースのコンテナとインフラをサービスとして提供

VMware Cloud with Tanzuサービスは、マネージドKubernetesサービスの新しいポートフォリオで、VMware Cloud on AWSの一部として、追加料金なしに利用できます。Tanzuサービスは、VMware Cloud上でKubernetesを使ったアプリケーションのモダナイゼーションを、他のマネージドKubernetesソリューションに比べて、より早く、より簡単に、より低コストで実現します。IT管理者は、VMware vCenterインターフェイスを使用して、仮想マシンとコンテナの管理を共通プラットフォーム上で統合し、Kubernetesクラスタのプロビジョニングを数分で行うことができます。プラットフォーム運用者やSREは、TanzuサービスをマルチクラウドのKubernetesマネジメントプレーンとして使用することで、クラウド間でKubernetesクラスタを一貫して管理できます。

 

VMware Cloudで、エンタープライズ アプリケーションをよりシンプルかつセキュアに運用

VMware Cloudによって、あらゆるクラウド環境でエンタープライズ向けのvSphereアプリケーションをよりシンプルかつセキュア実行します。調査の結果から、VMware CloudユーザはKubernetesのデプロイにかかる期間を300%短縮(1)、オンプレミスからクラウドへの移行を46%高速化(2)、総保有コスト(TCO)を57%削減(2) できることが明らかになりました。

 

よりシンプルに:VMware Cloudは、企業がそれぞれの実施計画に沿ってクラウドへ移行し、最適なクラウド環境でvSphereワークロードを運用できるよう柔軟性を提供します。100を超える地域でAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud、IBM Cloud、Oracle Cloudといったあらゆるパブリック クラウドに広がり、またパートナが展開する4,000ものクラウドから、プライベート運用のデータセンタ、そしてエッジまで、ネイティブ サービスとして稼動するのはVMware Cloudだけです。さらにVMware Cloud Universalを選択することで、現在利用しているVMware永久ライセンスのコスト メリットを活かしながら、VMware Cloudをヴイエムウェアまたはリセラー パートナからニーズに合わせて柔軟に購入して利用できます。

 

  • VMware Cloud on AWS Outpostsは、VMwareの会計年度2022年第3四半期からVMware Cloud Service Portalを通じて提供開始予定です。お客様は自社運用のデータセンタや大規模なエッジ ロケーションで稼動するVMware Cloudインフラに、クラウド運用モデルのメリットを享受できます。この完全に管理された製品は、シンプルで拡張性が高く、より安全なオンプレミスのVMware Cloudインフラをサービスとして提供し、200以上のネイティブAWSサービスへのアクセスを最適化することで、データとアプリケーションの管理を強化します。(*VMware Cloud on AWS Outpostsの日本市場での提供開始時期は未定です。提供開始時期が明確になりましたら、改めてお知らせいたします。)
  • Dell Technologies APEX Cloud Services with VMware Cloudは、Dellが管理するサービスで、APEXエコシステムにVMware Cloudの機能を提供します。現在、プライベートプレビューの段階で、VMwareの会計年度2022年第4四半期から提供開始予定です。このIaaSを利用すると、事前設定済みのクラウド インスタンスを自社データセンタやエッジ ロケーション、コロケーション施設にデプロイできます。(*Dell Technologies APEX Cloud Services with VMware Cloudの日本市場での提供開始時期は未定です。提供開始時期が明確になりましたら、改めてお知らせいたします。)
  • VMware vRealize Cloud Managementの機能拡張によって、あらゆるクラウド環境において、クラウドに依存しないプロビジョニング、プロアクティブなモニタリング、キャパシティとコストの最適化、アプリケーションを意識したトラブルシューティング、エンドツーエンドのネットワークの可視化を実現します。新しいVMware Skyline Advisor Proは、問題が発生する前にプロアクティブに予防し、コストのかかる予定外のITダウンタイムを回避することが可能です。
  • VMware Marketplaceには、オープンソースのソフトウェア(Bitnami)、VMwareとISVのソリューションを含むプライベートサービスカタログを通じて、アプリケーションの開発と展開を迅速化する機能が追加されました。業界唯一のマルチクラウド マーケットプレイスでVMwareやISVのソリューションを購入することで、調達サイクルとデプロイ期間を短縮できます。
  • Project Arcticについてはテクニカル プレビューとして、数百万人ものIT管理者がすぐに利用できるVMware Cross-Cloudサービスを公開します。Project Arcticでは、vSphereにクラウド接続機能をネイティブ統合し、ハイブリッド クラウドをデフォルトの運用モデルとして確立します。お客様は無制限のクラウドキャパシティをオンデマンドで利用できるようになり、vCenterを介してVMware Cross-Cloudサービスに即座にアクセスできるようになります。

 

よりセキュアに:ヴイエムウェアでは、ソフトウェアのパワーと、スケールアウト可能な分散型のアーキテクチャ、クラウド導入モデルを活かし、セキュリティの強化とデータの保護に努め、使いやすさを追求しています。VMware Cloudユーザは、すべての環境にわたり一貫したセキュリティ ポリシーと機能を適用できるというメリットを享受できます。

 

  • VMware NSXのタップレスNDR、セキュアなワークロードアクセス、柔軟性のあるアプリケーション セキュリティ エッジ(elastic application security edge)は、ネットワーク内とVMware Cloud環境全体で高度なセキュリティを確保する、これまでにないイノベーションです。
  • VMware Cloud Disaster Recovery(VCDR)の機能拡張により、ランサムウェア攻撃から短時間でリカバリして、サービスとデータを素早く復旧できます。
  • VMware Carbon Black Cloud Workload、VMware NSX Advanced Firewall、VMware NSX Advanced Load Balancerは、VMware Cloud on AWSを利用する環境において攻撃対象箇所を減らし、アプリケーションの可用性と継続的な稼動率を確保し、セキュリティ運用を効率化します。
  • ストレッチ クラスタは、最小2台のホストで構成され、VMware Cloud on AWSの利用規模を問わず、ユーザの耐障害性を向上します。

 

企業独自のクラウド要件の実現をサポート

データセキュリティは企業や組織の課題であるだけでなく、アンケート調査の対象となった組織の50~60%が、データのセキュリティ強化とプライバシーの保護、そしてイノベーションを共通の義務と回答しています(3)。新しいVMware Sovereign Cloudイニシアチブでは、データ主権と権限制御、データアクセスと整合性、データセキュリティとコンプライアンス、データの独立性とモビリティ、データ分析とイノベーションに関連する地域固有の要件に対応できる、各国・地域で信頼性の高いビジネスを展開するクラウドサービス プロバイダによる支援提供を目指します。なお、VMware Sovereign Cloudの当初の指定パートナは、UKCloud、OVHcloud、AUCloud、Datacom、NxtGen、Noovle、Telefonica、TietoEvry、Telmex、ThinkOnです。

 

VMware Cloudの今後の展望

VMwareは、研究開発の強化を目的とした追加投資と、VMware Cloudにおける現在進行中のイノベーションについて、以下のテクニカル プレビューで今後の展望を示しています。

 
  • Project Capitola:DRAM、PMEM、NVMeのほか将来のテクノロジに至るまでメモリ階層を集約することで、現行および次世代のアプリケーションに最適な価格性能比を提供する、ソフトウェアで定義されたメモリ実装です。
  • Project Cascade:このテクニカル プレビューでは、インフラ(IaaS)とコンテナ(CaaS)共通の宣言型消費インターフェイスを提供する、Kubernetesを用いた業界標準のプログラム インターフェイスによって、開発者とDevOpsエンジニアのニーズに応えます。
  • Project Ensemble:統合型の制御プレーンとしてVMware Cloud向けに設計されました。vRealize Cloud Managementサービス全体で単一のビューを提供することで、さらに運用効率を向上させます。

 

VMware, Inc. クラウドサービス担当 上級副社長兼ゼネラル マネージャ

マーク・ローマイヤー(Mark Lohmeyer)コメント:

「VMwareは、マルチクラウド コンピューティングの世界で、クラウドにおける目標を達成したいお客様がサポートを必要としている場所とタイミングで要望に応えることができる、他にはないポジションを確立してきました。企業のイノベーションとIT部門のコントロールの間で選択を誤らないように支えることがVMwareの役目です。最新イノベーションには、アプリケーション、インフラ、運用のモダナイゼーションをサポートするとともに、より低コストでリスクを抑えながら、開発チームの生産性を引き上げる数々の機能が含まれています。さらに、VMware vSphereを次のレベルへと進化させるProject Arcticでは、あらゆるエンタープライズ企業においてハイブリッド クラウドの可能性を最大限に引き出します」

 

マルチクラウド時代を進むお客様をVMwareがサポート 

VMworld 2021では、マルチクラウド時代の波に乗り、自由度、柔軟性、セキュリティを確保しながらイノベーションの加速を支援する、今後のVMwareの戦略を発表します。デジタル化を進める企業のスマートなクラウド移行に向けたVMwareの最新情報については、下記URL/VMworldメディアキットよりご覧ください。(英語サイト)

https://news.vmware.com/vmworld-2021-media-kit


 

VMworld 2021について

VMworld 2021は、クラウド コンピューティングとデジタル インフラに特化した、世界規模のプレミア イベントです。VMworldには75社ものスポンサー企業が参加し、600を超える貴重なセッションとラボのほか、モバイル デバイスからデータセンタ、クラウドまで、ソフトウェアベースのビジネスへ向かうプロセスを加速する、ネットワーク イベントを特長としています。VMworldの参加者は、クラウド環境の新たな動向を捉えるだけでなく、ビジネス変革に必要な他にはない知見やツールを入手できます。VMworldに関する詳細情報については、 www.vmworld.com にアクセスください。

 

1. ESG Economic Validation - Analyzing the Economic Benefits of Operationalizing Kubernetes with VMware Tanzu Standard, January 2021

2. IDC White Paper, sponsored by VMware, “The Business Value of Running Applications on VMware Cloud on AWS in VMware Hybrid Cloud Environments,” IDC #US46919520, October 2020

3. IDC Whitepaper, “ Deploying the Right Data to the Right Cloud in Regulated Industries, #US47726321, June 2021

 

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。 

 

VMware、vSphere、Tanzu、vRealize、vCenter、Skyline、Bitnami、NSX、Carbon Black Cloud、VMworldは、VMware, Inc.またはその子会社の米国および各国での商標または登録商標です。プレビューまたはベータ版として発表されたサービスの一般提供に対して義務を負うものではありません。この資料に記載の情報は、情報提供だけを目的としており、契約に加えられない可能性があります。この文書には、ヴイエムウェア以外のウェブサイトへのハイパーリンクが含まれている場合がありますが、これらはそのウェブサイトのコンテンツに責任を負う第三者により作成、ならびに維持されています。