2020 年 4 月 16 日

VMware CEO からのメッセージ:COVID-19 について

 

先月、私は COVID-19 についての見方とともに、今回の危機的な状況においては「いつもどおりのビジネス」の遂行は難しいとお伝えしました。それから数週間で事態は急速に変化し、一部の地域では感染率が低下する一方、他の地域ではパンデミックのピークが近づいています。

 

どこで暮らしていても、私たちは何らかのストレスや精神的な負担を抱えながら生きています。多くの人々が愛する人を失い、喪に服しています。そして誰もが、子どもや高齢の親、友人、隣人、地域社会の健康状態をどのように見守っていくべきかという課題に、共に取り組んでいます。

 

今回の事態は早期には収束するものでなく、長期の闘いになることは間違いありません。私たちはこの世界全体で共有する経験を通じて大きな変化を迎え、働き方や学び方、病気の治療、コミュニティの維持など、重要な分野にこれまでとは異なる視点を持つようになるはずです。

 

私たちは、3 つの段階を経て変化していくと考えています。第一段階は、トリアージです。即時対応こそが重要となるタイミングでは、最も助けを必要としている人々への緊急措置が優先されます。第二段階は、「ニュー ノーマル(新たな日常)」を受け入れることです。旧来型の固定観念に立ち向かい、より効率的で共感性の高いやり方で物事を進めていくことになります。第三段階は、新しい機会の創出という観点から、健康、教育、ビジネスなどのあらゆる分野で、より良い方向への制度的/構造的変化を進めていくことです。

 

このような危機的状況のただなかにあっても、私がこれまで以上に確信しているのは、人類はこの困難を皆で乗り越えられる回復力、粘り強さ、叡智を備えているということです。人々が緊急のニーズに対応し、打開策を見つけようと全力を尽くしている様子については大小を問わず、心揺さぶられる多くのエピソードが語られています。また、危機の最前線で戦う人々の支援に乗り出している世界中の VMware の従業員から、私自身もおおいに刺激を受けています。

 

一例を挙げます。ここ数週間の間に、VMware の全世界の従業員有志によるチームが、世界中の企業や個人が使っていない GPU や CPU サイクルを「Folding@Home プロジェクト」で使えるよう簡単に提供できるようにする方法を構築しました。Folding@Home は、COVID-19 などの疾患を示すタンパク質の変性について調べている研究者を支援する、極めて重要なプロジェクトです。 

 

また、VMware の従業員が設立したばかりの非営利団体「Resource19」は、個人用防護具(PPE)サプライヤーのグローバル ネットワークと、防護具を必要としている医療機関をつなぐ活動を行っています。2 週間前に立ち上げて以来、Resource19 のネットワークは既に 2,000 人のユーザーにサービスを提供しており、50,000 個のマスクと 4,000 個のフェイスシールドを出荷するとともに、40 種類の医療機器や部品のオープンソースのデザインも提供しています。同様にインドの VMware のチームは胸部疾患を専門とするバンガロールのラジーヴ・ガンジー病院に 10,000 個の防護マスクを提供し、COVID-19 患者の治療のため長時間のシフト勤務を行う病院スタッフの安全性向上を支援しています。

 

VMware の多くのお客様も創造的な方法でイノベーションを起こし、成果を上げていらっしゃいます。先日、Vanderbilt University Medical Center では空いている駐車場をCOVID-19 の検査場に改装しました。VMware チームはこの取り組みをサポートしています。またオハイオ州最大規模のある医療機関は、州の遠隔地に COVID-19 検査用の期間限定クリニックを構築するにあたり VMware SD-WANを使用して迅速な拡張と展開を実現しています。さらに、世界中の政府機関が VMware のデジタルワークスペース ソリューションを使用して現場で働く職員の能力を強化することにより、公衆衛生、公共安全、水道、電気、ごみ収集などの重要なサービスが滞りなく提供されています。VMware は長年にわたって事業継続ソリューションを提供してきましたが、これまで以上にテクノロジーへの依存度が高まっている現在、その基盤となる役割を果たしていることを誇りに思います。

 

これらの例からは、危機的な状況下において、ある種の共同体のように対応が行われていることが読み取れます。私たちは 1 つのグローバル コミュニティとして、賢さ、思いやり、叡智を共有し活用できます。また本能的に、国境を越えて手を差し伸べ、物事を成し遂げようとします。困難を克服し、支援を最も必要としている人々の手に直接届ける方法を追い求めているのです。

 

私たちが持つこれらの資質こそ、この極めて困難な時代を切り抜ける上で、大いに役立つものです。そしてこの危機的状況を乗り越えた先の未来では、私たちを前進させる価値観を形作っていくでしょう。  

 

皆様の安全を心よりお祈り申し上げます。

Pat Gelsinger(パット・ゲルシンガー)

VMware の最高情報責任者(CIO)、 バスク・アイヤーからのメッセージ

VMware では、皆様と同じように現在の不透明な状況への対応に懸命に取り組んでいます。これまでの経験から得た知見と洞察をご紹介します。

ブログを読む(英語) 

COVID-19 の流行に伴う VMware サポート/プロフェッショナルサービス部門の対応について

グローバル サポートおよびプロフェッショナル サービス チームでは、事業継続のためのさまざまな課題に対応すべく、対応を行っています。

メッセージを読む(英語)