CIO 兼最高デジタル トランスフォーメーション責任者、バスク・アイヤーからのメッセージ 

alt テキスト

 

私たち VMware の事業は VMware の製品、アプリケーション、ソリューションを基盤としています。そして、この場をお借りして自社製品を私たちの IT 環境で活用したことによる成果や革新的な取り組みをご紹介できることを大変嬉しく思います。VMware の IT 部門は社内のあらゆる事業部門と緊密に連携しています。たとえば、研究開発部門と連携して VMware 製品を社内環境に展開する一方、営業部門とともに、自社製品をどのように導入したかをお客様にご紹介する活動を行っています。また、社内全体にわたるコラボレーションの強化に大きく貢献してきたほか、アプリケーションのモダン化を支援するインフラストラクチャ プログラムの導入も進めてきました。イノベーションや、効率性、俊敏性、耐障害性の向上に注力するチームの一員であること、そして、人材とプロセスを最優先に考え、それをテクノロジーで支えるという哲学を尊重する企業の一員であることに大きな誇りを感じています。


弊社の IT エキスパートへのお問合せや、自社製品の導入方法、ベスト プラクティス、ソート リーダーシップについては、vmwonvmw@vmware.com までぜひお問い合わせださい。

vmware-on-vmware.png

VMware の IT 部門における 2019 年の取り組み

VMware のデジタル トランスフォーメーションの取り組みにより、どのようにビジネスの俊敏性を強化することができたかをご紹介します。

Video Play Icon

VMware on VMware について

VMware の IT 担当者は、経験に基づく豊富な知識と IT のベスト プラクティスをお客様やパートナー企業にご紹介しています。

ブログ

VMware の IT 部門の実体験をご紹介

VMware では、多くの企業が日常的に直面しているような重要性の高い課題の解決に、自社の製品やテクノロジーを活用しており、そこから得られたインサイトやベスト プラクティスをブログでご紹介しています。

ブログを読む

 

VMware の IT 部門によるベスト プラクティス

ソート リーダーシップ

VMware 製品の活用

Web セミナーとイベント

vmware-it-explores-passwordless-security

VMware の IT 部門がパスワード不要のセキュリティの検討から見出した、より簡素なシステムのメリット

パスワードの使用にはマイナス面が多く、コストもかかるうえに、従業員とヘルプデスクの生産性の低下を招きかねません。それでも、従業員が必要とするリソースすべてへのアクセスを提供するためには不可欠と考えられています。果たしてそうでしょうか?パスワードを使用することなく、柔軟な働き方を求める従業員の多様なニーズをサポートしつつ、最高レベルのセキュリティとスケーラビリティを確保する方法を検討してみませんか?

開催日時:2020 年 6 月 24 日(水)午前 9:00 ~ 10:00(米国太平洋標準時、英語のみ)


登録はこちらブログ

vmware-carbon-black-965X545

VMware IT 部門の取り組み:Carbon Black Cloud の導入と採用

VMware Carbon Black Cloud はクラウドネイティブのエンドポイント保護プラットフォーム(EPP)です。インテリジェントなシステム強化機能と振る舞いベースの防御を組み合わせたこのプラットフォームは、単一の軽量エージェントと使いやすいコンソールにより、最新の脅威による被害を未然に防ぎます。このセッションでは、VMware の IT セキュリティ部門が、約 31,000 台のデバイスが存在する VMware 全社にこの Carbon Black Cloud を短期間で導入し、セキュリティ運用フレームワークへの採用を促進した方法について解説します。

 

開催日時:2020 年 6 月 25 日(木)午前 9:00 ~ 10:00(米国太平洋標準時、英語のみ)

 

登録はこちら

how-vmware-migrated-workloads-to-data-center

VMware は、どのように非常に大規模なワークロードを新しいデータセンターに移行したのか

VMware の IT 部門はつい先日、最重要の本番環境ワークロードを新規の物理データセンターに完全移行しました。ダウンタイムはなんと、わずか 4 時間でした。データセンターのライフサイクルに関するこの画期的な成果を、その過程で発生した課題や得られた教訓も含めご紹介します。計画と優先順位設定が非常に肝要であることや、ワークロードとともに関連するインフラストラクチャとサービスを移行するという主要戦略をご紹介します。さらに、移行を容易にするためにネットワークに対して行った準備、最小限のダウンタイムで移行の複雑さを軽減した方法についても検証します。


開催日時:2020 年 6 月 30 日(火)午前 9:00 ~ 10:00(米国太平洋標準時、英語のみ)


登録はこちらブログ

vmware-empowering-workspace-one-uem-webinar

Workspace ONE UEM の活用による成果の達成

VMware の IT 部門は、Workspace ONE Unified Endpoint Management™ UEM を活用して、アプリケーション、OS コンテンツ、およびさまざまなオプションをエンドユーザーに提供することで、ユーザーが会社のリソースに容易にアクセスできるようにするとともに、プライバシーの保護に関するユーザーの懸念を取り除いています。Workspace ONE UEM の導入により、VMware の IT 部門は、VMware Horizon® オンプレミスおよびクラウド環境全体で、社員の個人設定に影響を与えずに、OS のアップグレードを実行できるようになりました。これにより、VMware の IT 部門は、シームレスなアプリケーションの提供、モバイル シングル サインオン機能、通知サービスといった社員にとって便利な使用環境を実現しています。


開催日時:2020 年 7 月 8 日(水)午前 9:00 ~ 10:00(米国太平洋標準時、英語のみ)


登録はこちらブログ

vmware-sd-wan-965X545

伝統を打ち破る:VMware SD-WAN による WAN の変革に関する VMware IT 部門の取り組み

WAN は今や障害になっています。しかも巨大な障害です。VMware の IT 部門が SD-WAN に始めて取り組んだ方法を紹介します。エッジ ルータを置き換えて、エンドユーザーにとってのパフォーマンスを向上させ、新しい WAN 標準を拠点に導入し、複雑化していた QOS ポリシーをシンプルにした実際のユースケースを示します。さらに、現在弊社に展開されているアーキテクチャの実例と、VMware の IT 部門の将来のロードマップも紹介します。

開催日時:2020 年 7 月 22 日(水)午前 9:00 ~ 10:00(米国太平洋標準時、英語のみ)

 

登録はこちらブログ

vmware-running-sap-hana-on-vsphere-webinar

vSphere 上での SAP HANA の実行

VMware on VMware の主催で、VMware の IT 部門が SAP HANA の導入を通じて学んだことをお伝えする Web セミナーを開催します。VMware vSphere® などの VMware テクノロジーを利用することで、追加の SAP プロジェクトの導入期間を短縮した方法を紹介します。この Web セミナーでは、アーキテクチャの設計、ディザスタ リカバリ(DR)の設定、四半期ごとの DR テストについて説明します。また、VMware の IT 部門が継続的な運用サポートとメンテナンスを最小限のダウンタイムで実施している方法も紹介します。


開催日時:2020 年 8 月 6 日(木)午前 9:00 ~ 10:00(米国太平洋標準時、英語のみ)


登録はこちらブログ

今後開催される Web セミナーのテーマやオンライン イベントに関するご要望がございましたら、vmwonvmw@vmware.com までご連絡ください。

主なリソース 

VMware が展開するグローバル規模の耐障害性プログラムのご紹介

VMware の IT 部門による CloudHealth の導入

VMware では、CloudHealth を活用して社内ユーザーがクラウド予算を各自で管理できる環境を提供しています。

すべての本番環境ワークロードを新しいデータセンターへシームレスに移行

VMware SD-WAN によるコスト削減と支社の接続パフォーマンスの向上

VMware の IT エキスパートのご紹介

ジョシュ・バートン(Josh Burton)

 

ジョシュ

 

会議環境を改善する技術の重要性

VMware のオーディオ/ビジュアル チームのリーダーとして、グローバルな会議やイベントでのユーザー体験をサポートする有益かつ進歩的な技術ソリューションの開発に対して、私が注いでいる情熱とエネルギーをチームメンバーにも共有してもらえるよう努めています。こうした技術の開発は、物理的な距離、異文化間のコミュニケーション、多様なバックグラウンド、個人間の隔たりから生じる障壁の克服につながります。より生産性を高める環境を生み出す技術を通じて人と人をつなぐことが、私が夢中になれる目標なのです。

シャーリーン・フアン(Charlene Huang)

 

シャーリーン

 

あらゆる問題の根本原因の探求

VMware のデータベース アーキテクトである私が課題に直面した際に取るアプローチは、直接的なものです。私は、ディザスタ リカバリから可用性の高いアーキテクチャの設計に関するものまで、どのような問題に対しても、いつでもその根本原因の探求に努めています。そして、IT をどう活用すればもっともシンプルかつ効率的に問題を解決できるかを考えます。このアプローチは、多くの企業において、お客様が実際どのようにその技術を使用されるかについての全体像をつかもうとせず、ソリューションを無用に複雑化してしまう傾向があることを考慮すると、非常に有効だと思います。全体像を把握することで、長期的な解決策や予防策よりも迅速な問題への対処が求められる場合に、優れた対策を提供できるのです。

メフル・パテル(Mehul Patel)

 

メフル

 

変化への備えによる変革への対応

技術的な変革への対応における重要な要素は、高品質な IT プロセスの迅速な提供、時間のかかる重複したタスクの排除、オーバーヘッドの削減、すべてのタスクにおけるセキュリティ確保です。私は IT アプリケーション部門のシニア マネージャとして、主にこうした業務を担当していますが、もう一つの重要な職務として、DevOps に対し、企業体制や企業文化の変革を先導する主体となれるよう支援を提供しています。この職務により、私の業務は非常にやりがいのあるものになっています。変革のためのソリューションの構築と、同僚やお客様に対し、効率性と生産性を最大限に高めるためのアドバイザーとしての役割を担っています。

スコット・ティルニー(Scott Tilney)

 

スコット

 

情熱を欠いたテクノロジーは退屈な「仕事」

機械学習とマイクロ サービスを活用して、社内/社外のエンドユーザーの生産性を最大化する。理論上は、これが私の VMware での職責のすべてでしょう。しかし、イノベーションや、より良いソリューションと製品を生み出す真の原動力は、自分の仕事への情熱と興味だと考えるようになりました。驚かれるかもしれませんが、私は毎朝、出勤するのが楽しみです。新興テクノロジー部門のテクニカル スタッフの一員として、常識にとらわれず、どんな課題にもよりシンプルかつ簡単、そして楽しく取り組むための方法を考え、だれもが苛立ちではなく面白さを感じられるようなテクノロジーを生み出すことが、私の業務だからです。

リソース 

VMware の IT 部門のメンバーを募集しています

新入社員から上級職にいたるまで、すべての従業員なくして VMware の成功は成しえません。同僚と助け合いながらイノベーションを妥協なく追求する姿勢が、VMware IT 部門の原動力です。こうした職場文化に加え、充実した福利厚生、休暇制度、公園のような美しい敷地、希望する社会貢献活動への参加プログラムなどに惹かれ、VMware の IT 部門には自らの仕事とコミュニティに対する情熱にあふれた多様な人々が集まっています。Computerworld 誌による 2019 年度の「The 100 Best Places to Work in IT」では、福利厚生のカテゴリで第 4 位、大企業のカテゴリで第 12 位に選出されています。また、ダイバーシティとインクルージョンに対する取り組みも評価されており、Forbes による 2019 年度の「Best Employers for Diversity」に選出されています。