VMware のコンサルタントが、絶えず変化する厳しいビジネス ニーズへの対応を支援します。

Software-Defined Data Center やエンド ユーザー コンピューティング環境の作成、拡張、または最適化を行う際に、エキスパート主導の設計と展開のメリットを活用しながら、お客様の担当チームは実践的な知識を習得できます。

VMware プロフェッショナルサービスの概要

VMware プロフェッショナルサービスの概要

VMwareでは、お客様の仮想化への取組度合に応じて有効なサービスを用意しています。

仮想化アセスメント

仮想化を検討されているお客様向けに、対象となる物理サーバ群のCPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどの使用情報を一定期間収集して、仮想化した場合に何台の物理サーバに統合できるかを分析します。また、お客様からコスト情報をいただいて仮想化によるTCO削減効果とROIを計算し、それらをレポートにまとめて提出します。仮想化に取り組む決断材料を提供すると同時に、収集したデータは、効果的な設計をするための有効な情報となります。

仮想環境設計ワークショップ

可用性、データ保護、パフォーマンス、運用管理、セキュリティの観点で、効果的な仮想インフラストラクチャの設計となるよう支援します。仮想インフラストラクチャ設計に伴う、ホスト、ストレージ、ネットワーク、運用管理インフラストラクチャ等、多岐にわたる技術的検討項目について、担当技術者の方たちとワークショップ形式で検討を重ね、各項目の決定理由と結果を整理して提供します。ご要望に応じて設計書の形にまとめることも可能です。また、既に設計が進んでいる場合、その内容のレビューと改善点のアドバイスなども対応できます。

運用変更ワークショップ

ITインフラストラクチャの仮想化で生じる運用上の変更点と考慮事項を担当技術者の方向けに解説し、ワークショップ形式で検討を重ねながら運用ガイドラインとして整理します。仮想インフラストラクチャ実現段階のどのステージまで達成するかというゴールを明確化し、そのゴールを実現する為の技術設計と運用設計を支援します。

ジャンプスタート

お客様先でお客様の実機を使用して、各種製品の実装やサーバ移行の方法を担当技術者の方たち向けに手ほどきするサービスです。経験豊富なコンサルタントが指導しますので、一般教育コースではカバーしきれないお客様固有の考慮事項や、実践的な対応を短期間に習得できます

仮想サーバ環境構築

お客様に代わってソフトウェアの導入、設定作業を行い、すぐに使える仮想サーバ環境を提供します。ハードウェアおよびソフトウェアの準備、仮想サーバへのOSおよびアプリケーションの導入はお客様側作業となります。

サーバ移行(P2V)

物理(Physical)サーバから仮想(Virtual)サーバへの移行(P2V)について、計画立案、手順整理、移行作業をお客様に代わって行います。対象サーバ停止の調整、移行後のアプリ動作確認などはお客様側に実施していただきます。

ヘルスチェック

既に稼働している仮想インフラストラクチャの各種設定情報の収集、分析を行い、改善すべき点をレポートにまとめて提出します。

さらに、これらの項目に限らず、支援範囲、作業内容、成果物を調整して、ご要望に応じたサービスを提供できます。