VMware®エンド ユーザー使用許諾契約書

注意: 本ソフトウェアのダウンロード、インストール、コピーを行ったお客様、あるいは本ソフトウェアを使用したお客様は、当EULAの条項に従うことに同意したものと見なされます。お客様が当EULAの条項に同意されない場合は、本ソフトウェアのダウンロード、インストール、コピーを行うことも、本ソフトウェアを使用することも許されません。この場合、お客様は未使用の本ソフトウェアを購入元のベンダーに30日以内に返却する必要があります。ライセンス料金の支払いが完了している場合は、その金額を証明する証憑を提示することで、払い戻しを要求することができます。ここで言う「お客様」とは、当EULAの条項に従うことに同意した個人または法人、その従業員、およびお客様にサービスを提供するサード パーティの契約者を意味します。上述の従業員およびサード パーティの契約者がこの契約書の条項に従わなかった場合の責任は、お客様が負うものとします。

1. 定義

1.1 「 指定管理アクセス」とは、指定のサード パーティに対して供与することが可能な、本ソフトウェア(この節で説明)の任意のインスタンスの標準的なユーザー インターフェイスへのアクセスを意味します。このアクセスの適用に際し、お客様は(a)そのサード パーティにアウトソース サービスを提供する旨を当社に対し事前に書面で通知する必要があり、また、(b)そのサード パーティの利益のみを目的として本ソフトウェアのインスタンスのライセンスを取得している必要があります。指定管理アクセスは、1)お客様がクライアント企業に対してアウトソーシングITサービスを提供するITアウトソーシング企業である場合にのみ適用可能であり、2)これを適用可能なソフトウェアは次のものに限るものとします。VMware ESX、VMware Server、およびVirtualCenter。

1.2 「 GPLソフトウェア」とは、Free Software Foundationによって発行されたGNU General Public License(GPL)に基づいてライセンスが供与されるGPLソフトウェアを意味します。GPLのコピーは、受領したソフトウェアが格納されているメディア内に含まれています。ソフトウェアをダウンロードした場合は、ダウンロードしたファイルの中に含まれています。

1.3 「 ゲスト オペレーティング システム」とは、ライセンスの供与者がお客様であり、仮想マシンにインストールされ、本ソフトウェアを使用して実行されるサード パーティ製のオペレーティング システムを意味します。

1.4 「 ライセンス供与済み追加モジュール」とは、本ソフトウェアと共に提供される、または本ソフトウェアと組み合わせて使用される追加モジュールのうち、お客様による所定のライセンス料金の支払いがなされ、所定の追加ライセンス条項の同意もなされたものを意味します。

1.5 「 オープン ソース ソフトウェア」とは、ソフトウェアに関連する資料に含まれている所定のオープン ソース ライセンス契約に基づいてライセンスが供与される、各種オープン ソース ソフトウェア コンポーネントを意味します。オープン ソース ソフトウェアは個別のソフトウェア コンポーネントで構成されており、各ソフトウェア コンポーネントには独自の著作権および独自のライセンス条件があります。オープン ソース ソフトウェア ライセンスは、open_source_licenses.txtファイル、本ソフトウェア パッケージに付属するその他の資料、ドキュメント、または http://www.vmware.com/download/open_sources.htmlで提供されるソース ファイルの中に含まれています。

1.6 「 プロセッサ」とは、最大2個のプロセッサ コアを含む単一の物理的なチップを意味します。

1.7 「 再配布可能なコンポーネント」とは、本ソフトウェアと合わせて提供され、再配布可能コンポーネント製品固有の契約条件に基づいてライセンスが供与される、Legacy PERL/COMクライアント ランタイム ライブラリおよびプログラミングAPIライブラリを意味します。

1.8 「 サンプル プログラム」とは、本ソフトウェアと共に配布される、サンプルのクライアント管理プログラムまたはスクリプトを意味します。

1.9 「サーバ」とは、種類が http://www.vmware.comで公開されている所定の製品データシートまたは「システム互換性ガイド」の中で述べられている仕様を満たす単一の物理的なコンピュータを意味します。「サーバ ファーム」またはそれと同様の構成によって、処理能力を共有している複数のコンピュータ、またはネットワーク構成内で1つの論理的なコンピュータとして動作している複数のコンピュータは、当EULAでは複数のサーバと見なされます。

1.10 「 ソフトウェア」とは、当EULAに基づいてライセンスが供与されるソフトウェア製品を意味し、本ソフトウェアと共に購入または提供されるあらゆる関連コンポーネント、アプリケーション プログラミング インターフェイス、関連するメディア、印刷物、オンライン ドキュメントまたは電子的なドキュメント、および付随するすべての更新プログラムやメンテナンス リリースが含まれます(ただしこれらに限定されるものではありません)。

1.11 「 ソフトウェア ライセンス キー」とは、本ソフトウェアを有効化して使用可能状態にするために当社がお客様に対して発行するシリアル ナンバー(該当する場合)を意味します。ライセンス供与済み追加モジュールを有効化して使用するにあたっては、追加モジュールごとに個別のソフトウェア ライセンス キーが必要になる場合があります。

1.12 「 VMware Tools」とは、ゲスト オペレーティング システムのパフォーマンスや機能を向上させるためのユーティリティおよびドライバのスイートを意味します。VMware Toolsには、以下に挙げる機能の一部、またはすべてが含まれる場合があります(ゲスト オペレーティング システムによって異なります)。SVGAドライバ、マウス ドライバ、VMware Toolsコントロール パネル、および共有フォルダ、Windowsゲスト内へのドラッグ アンド ドロップ、仮想ディスクの縮小、ホストとの時刻同期、VMware Toolsスクリプト、仮想マシン実行時のデバイスの接続と切断などの機能のサポート。

1.13 「 仮想マシン」とは、本ソフトウェアがインストールされているコンピューティング デバイス上で実行されている、またはそのコンピューティング デバイスからアクセス可能なディスクまたはその他の任意のストレージ メディアにサスペンドされている、ゲスト オペレーティング システムそれ自体とそこにインストールされているすべてのアプリケーション プログラムのインスタンスを意味します。

1.14 「 VMTNソフトウェア」は、VMwareテクノロジ ネットワーク サブスクリプションによって受け取ったソフトウェアを意味します。

2. 評価ライセンス

2.1 全般。場合によっては、本ソフトウェアおよびライセンス供与済み追加モジュールを、無償の評価用ソフトウェア ライセンス キーを使用して有効化することができます。評価用ソフトウェア ライセンス キーには、有効期限(「有効期限」)があります。

2.2 評価ライセンス。評価用ソフトウェア ライセンス キー(「評価製品」)を使用して、本ソフトウェアまたは任意のライセンス供与済み追加モジュールを有効化する場合は、評価製品のライセンスを有償で取得することが妥当であるかどうかを評価する目的でのみ、有効期限まで評価製品を使用することができます。ライセンス供与済み追加モジュール用の、評価用ソフトウェア ライセンス キーを取得することもできます。この場合、この「評価ライセンス」節の条項に従って、ライセンス供与済み追加モジュールのライセンスが供与されます。

2.3 評価製品の保証免責。評価製品の使用期間中は、後の7.1節で言及されている90日間限定の保証は適用されません。評価製品は、明示的、黙示的、法的にかかわらず、保証を一切付すことなく「現状有姿」で提供されます。当社は、有効期限内およびその後の評価製品の使用(または使用の試み)から生じた、いかなる損害に対しても責任を負わないものとします。

2.4 サポートの不提供。評価製品の使用期間中は、当社はお客様に対してサポートを提供する義務を負わないものとします。

3. ソフトウェアの権利の供与と使用

3.1 ライセンス。本ソフトウェアは、ライセンスが供与されるものであり、販売されるものではありません。当社は当EULAの条項に従い、当社が認めるライセンス モデル、またはソフトウェア製品に関する当EULAの特定の条項の規定によるソフトウェア ライセンス キー、もしくはこれら両方に基づいて、本ソフトウェアに該当するドキュメントの記述に従って、該当するライセンス料金の支払いにより許可される範囲で、本ソフトウェアのオブジェクト コードを使用するための、サブライセンスを供与する権利のない譲渡禁止の非独占的ライセンスをお客様に供与します。本ソフトウェアを使用するためにお客様が支払う該当のライセンス料金の算出に使用されるモデル(プロセッサ単位、仮想マシン単位、またはその他任意の当社が認めるライセンスモデルのいずれか)に基づいて、該当するソフトウェア ライセンス キーにより本ソフトウェアの使用が制限される場合があります。お客様は、本ソフトウェアの許可された使用方法に関連して、本ソフトウェアに付属するドキュメントを使用することができます。この文書中のいかなる記述にかかわらず、お客様がVMware Infrastructure - Starter Editionのライセンスを所有している場合にこのソフトウェアを使用するためのライセンスは、搭載する物理メモリが8ギガバイト(8 GB)を超えないサーバでの使用に制限されます。

3.2 ライセンスの制限。バックアップまたはアーカイブを目的としてマシンによる解読が可能な妥当な数のコピーを作成する場合、および当EULAで明示的に許可されている場合を除き、本ソフトウェアをコピーすることは許可されません。本ソフトウェアのタイトル、商標、商業用名称、著作権に関する記述、凡例、または所有権が設定されたその他の標識を削除することは許可されません。当社のすべての商標またはサービス標識に関するいかなる権利も、お客様に供与するものではありません。お客様に対して明示的に供与されないすべての権利は、当社が保有するものとします。

3.3 制限事項。お客様が以下の行為を行うことは許可されません。(i)本ソフトウェアまたはソフトウェア ライセンス キーの全体または一部を、販売、貸与、ライセンス供与、サブライセンス供与、配布、または他の方法で他者に移管する(ii)当社の事前の書面による同意なしに、第三者(指定管理アクセスを除く)に対し、本ソフトウェアの全体または一部を提供、公開、公表する、利用可能にする、または使用を許可する(iii)本ソフトウェアを改造する、または本ソフトウェアに基づいた派生物を作成する。該当する法律によって明示的に許可されている範囲、および当社が該当する法律によって以下の権利を除外または制限することが許可されていない範囲を除き、本ソフトウェアの全体または一部に関して逆コンパイル、逆アセンブル、リバース エンジニアリングを行うこと、またはソース コードを取得するためのその他の試みを行うことは許可されません。本ソフトウェアを使用して、内部パフォーマンスのテストおよびベンチマークの調査を行うことは許可されます。また、お客様(または許可された第三者)がその結果を公開、または広く公表することも許可されます。ただしこれらは、その手法、前提、およびその他の調査用のパラメータを当社が確認済みである場合に限ります。この確認の要請については、当社( benchmark@vmware.comまでお問い合わせください。

3.4 GPLソフトウェア。お客様はGPLの条項に基づいて、GPLソフトウェアの再配布または修正を行うことができます。GPLソフトウェアのバイナリに対応するソース コード(「GPLソース ファイル」)のコピーを取得することができます。それには、当社のWebサイト( http://www.vmware.com/download/open_source.html)から「GPLソース ファイル」をダウンロードするか、または下記の「お問い合わせ先」に記載された当社の住所まで、お客様のご住所とお名前を記して依頼を送付してください。この場合、当社はお客様に対して、GPLソース ファイルのコピーをCDまたは同等の物理メディアに記録して郵送いたします。GPLソース ファイルのコピー入手の申し込みは、お客様がこのソフトウェア製品を入手した日から3年間有効です。

3.5 VMware Tools。お客様は、VMware Toolsをお客様の法人内で配布することができます。ただしこれは、以下の条件を満たす場合に限ります。(i)VMware Toolsの改造を行わない(ii)配布するVMware Toolsはオブジェクト コードの形式のみであり、本ソフトウェアを使用して作成した仮想マシン(およびその一部)と関連して単独で配布し、内部で共有する(iii)VMware Toolsをいかなるサード パーティにも配布しない(v)本ソフトウェアを使用して作成した仮想マシンのマーケティングを行う際に、VMwareの名称、ロゴ、または商標を使用しない(vi)お客様が作成した仮想マシンの使用または配布から生じたあらゆる請求や訴訟に対して、お客様は当社を補償し、当社の免責を行い、当社を保護することに同意する(これには弁護費用が含まれる)。前述の事項にかかわらず、本ソフトウェアを使用してお客様が作成した仮想マシンが本ソフトウェアとの互換性を保っていること、または本ソフトウェア向けに設計されていることを示すために、VMwareの名称、ロゴ、または商標に言及することは許可されます。

3.6 サード パーティ製ソフトウェアに対して必要なライセンス。本ソフトウェアによって、サード パーティ製ゲスト オペレーティング システムの複数のインスタンスおよびアプリケーション プログラムを実行できるようになります。お客様は、ゲスト オペレーティング システムを含む、該当するすべてのサード パーティ製ソフトウェアを動作させるために必要なライセンスを取得する責任を負うものとします。

3.7 サンプル プログラム。本ソフトウェアにはサンプル プログラムが含まれている場合があります。お客様は、該当するサンプル プログラム ファイル内に記述されている条項に基づいて、サンプル プログラムを使用および配布することを許可されます。当社は、サンプル プログラムに関するサポート サービスを提供いたしません。

3.8 VMwareライセンス プログラム。当社では、VMwareライセンス プログラム(VMwareアカデミック ライセンス、VMTNなど)を提供しています。お客様がこれらのVMwareライセンス プログラムに従って本ソフトウェアを受領した場合、これらのVMwareライセンス プログラムに基づいた製品の使用に関しては、 http://www.vmware.comで公開されている、そのプログラム用のその時点で最新の条項および条件が適用されるものとします。

4. 所有権。当社は、本ソフトウェアおよびソフトウェア ライセンス キーに含まれる、または付随するすべての権利、資格、権益を有し、また、すべての関連する著作権、商業上の機密事項、特許、商標、その他のあらゆる知的財産、産業財産、および所有権に含まれるすべての権利、資格、権益を有するものとします。これには、そのような権利の登録、応用、更新、および拡張が含まれます。

5. サポートおよびサブスクリプション サービスの除外

当社は、当EULAに基づいて、いかなるサポート サービスも提供いたしません。当EULAはお客様に対し、本ソフトウェアまたは将来のすべての時点で当社によって開発されたソフトウェアの、いかなる拡張や改良、またいかなる更新やアップグレードに対する権利も供与するものではありません。当社では、サポートおよびサブスクリプション サービスは別個に提供される場合があります。お客様が本ソフトウェアと共に当社のサポートおよびサブスクリプション サービスを購入された場合、これらのサービスは、当社のWebサイト( http://www.vmware.com/support)で公開されているサポート契約の契約条件に基づいてお客様に提供されます。当EULAの条項に同意した場合、これらのサポート契約の契約条件に同意したものと見なされます。サポートおよびサブスクリプション サービスの一環として当社がお客様に提供する補足的なソフトウェア コードまたは関連資料は、本ソフトウェアの一部と見なされ、当EULAの条項および条件に従うものとします。当社は、お客様が当社に提供したあらゆる技術情報を、製品のサポートや開発など、当社の事業目的のために制限なく利用する場合があります。お客様を個人的に特定するような形で、情報を利用することはありません。

6. 停止

6.1 停止。お客様が当EULAのいずれかの条項に違反した場合、当社は、通知することなく即座に当EULAを停止できるものとします。

6.2 停止の効力。このような停止が行われた場合、お客様は本ソフトウェアおよびソフトウェア ライセンス キーのすべてのコピーを破棄する必要があります。また、本ソフトウェアがインストールされているサーバおよびすべてのコンピュータと端末から、バックアップ コピーを含む、本ソフトウェアのすべてのコピーを削除する必要があります。当社はその時々において、当EULAの条項を変更できるものとします。当社はお客様に対して、このような変更を通知いたします。お客様が引き続き本ソフトウェアを使用する場合、お客様はこの変更に同意したものと見なされます。

7. 有限保証および制限責任

7.1 有限保証。本ソフトウェアを提供するためのメディアが存在する場合、当社はそのメディアに欠陥がないこと、および該当するエンド ユーザー ドキュメントに含まれる記述に事実上適合していることを保証します。いずれの場合も、保証が有効な期間は、ソフトウェア ライセンス キーが発送された日付から90日間となります。上述の明示的な有限保証を除き、当社は適用法で認められている最大限の範囲内で、当EULAのその他のいかなる条項やお客様との伝達においても、明示的、黙示的、法的にかかわらず本ソフトウェアに関する一切の保証を行いません。当社および当社のライセンス提供者は、商品性、特定目的への適合性、権利の不侵害に関するあらゆる黙示的な保証を明確に否認します。

7.2 当社は、適用法で認められている最大限の範囲内において、利益損失または事業機会損失、使用不能損失、事業の中断、データの喪失、あるいはあらゆる責任理論に基づくその他一切の間接的損害、特別損害、付随的損害、派生的損害に対し、契約、不法行為、過失、製造物責任のいずれによるものかを問わず、いかなる責任も負いません。裁判管轄によっては派生的損害や付随的損害に対する免責や責任制限が認められない地域もあり、上の制限条項がお客様に適用されない場合もあります。当EULAに基づいて生じる当社の債務総額は、いかなる場合においても、当EULAに基づいてお客様に対しライセンスが供与された本ソフトウェアの料金として、お客様が支払った金額を超えないものとします。当社が上記の損害が発生する可能性について通知を受けていたり、いずれかの救済手段の本質的目的が達成されないかにかかわらず、上記の制限条項は、適用法で認められている最大限の範囲内で適用されます。

8. 全般

8.1 完全なる合意。この契約書は、本ソフトウェアに関する当社の責任全体、およびお客様の排他的な救済を示すものであり、本ソフトウェアに関するいかなる注文の条項、他のいかなる伝達や広告にも優先します。お客様は、この契約書が本ソフトウェアに関するお客様と当社の完全な合意を示すものであること、および本ソフトウェアに関して優先される、または同時に存在する、理解、契約、表現、記述が他に存在しないことを認めるものとします。

8.2 見出し。当EULAに含まれる見出しは、便宜のみを目的としており、当EULAの解釈に影響を与えるものではありません。

8.3 権利放棄および修正。当EULAに基づく権利をいずれの当事者も一切行使または主張しない場合においても、それらの権利が放棄されることを意味するものではありません。当EULAの変更、および当EULAに記載されているあらゆる権利の放棄は、主張者の相手側の当事者による書面での同意によってのみ成立します。

8.4 分離性。当EULAのいずれかの条項が違法または履行不能であることが明らかになった場合、その条項は許容される最大限の範囲で履行されるものとし、当EULAの他の条項の合法性および履行可能性は影響を受けないものとします。

8.5 準拠法。当EULAは、法原則の選択を問わず、カリフォルニア州法およびアメリカ合衆国法に準拠します。国連動産売買条約は適用されないものとします。

8.6 政府による制限。アメリカ合衆国輸出管理法、関連規則、規制、およびアメリカ合衆国以外の政府による規制(該当する場合)に準拠する場合を除き、本ソフトウェアを輸出または再輸出することはできません。本ソフトウェアおよび付属するドキュメントは、適用されるDFAR Section 227.7202およびFAR Section 12.212(b)に従って、それぞれ「商業用コンピュータ ソフトウェア」および「商業用コンピュータ ソフトウェアのドキュメント」と見なされます。アメリカ合衆国政府による本ソフトウェアのあらゆる使用、修正、複写、リリース、実行、表示、公表には、当EULAの条項のみが適用されるものとします。

8.7 お問い合わせ先。当EULAに関してご質問がある場合、または何らかの理由で当社へのお問い合わせをご希望の場合は、以下の窓口までご連絡ください。VMware, Inc., 3401 Hillview Ave, Palo Alto, CA 94304, United States of Americaに郵送いただくか、 メールでご連絡ください。

8.8 その他。VMwareおよびVMTNは、米国および複数の裁判管轄区域におけるVMware, Inc.の商標ならびに登録商標です。

9. ソフトウェア製品固有の条項および条件

以下のソフトウェア製品は、前述の内容に加え、以下に記述する条項および条件に従うものとします。以下に記述する製品固有の条項および条件と、前述の節の間に何らかの競合が生じた場合は、以下の製品固有の条項および条件が適用されるものとします。

9.1 Player:

追加のライセンス条項:

当社は、サブライセンスを供与する権利のない、譲渡禁止の非独占的ライセンスをお客様に供与します。このライセンスでは以下の行為が許可されます。(i)お客様の内部情報処理サービスおよびコンピュータ処理の必要性を満たす目的に限り、本ソフトウェアを使用する(ii)本ソフトウェアに付属するドキュメントを使用する。上述の内容を条件として、本ソフトウェアの各コピーは、他のいかなる人による使用も許可されません。これは、この人がお客様の法人によって雇用されているかどうか、またその他の関係があるかどうかにかかわりありません。本ソフトウェアの共有および同時使用は許可されません。

ソフトウェアの配布。インターネットからのソフトウェアの配布、内部のWebサイト、CD、その他のメディアを使用したソフトウェアの配布にご関心がある場合、または当社が支給するロゴの印刷物への使用にご関心がある場合は、当社( player_distribution@vmware.com(英語表記))までご請求ください。後ほど当社よりお送りする販売契約にお客様のご署名をご記入ください。

責任制限。当社は、適用法で認められている最大限の範囲内において、利益損失または事業機会損失、使用不能損失、事業の中断、データの喪失、あるいはあらゆる責任理論に基づくその他一切の直接的損害、間接的損害、特別損害、付随的損害、派生的損害に対し、契約、不法行為、過失、製造物責任のいずれによるものかを問わず、いかなる責任も負いません。裁判管轄によっては派生的損害や付随的損害に対する免責や責任制限が認められない地域もあり、上の制限条項がお客様に適用されない場合もあります。