VMware が提唱する戦略的な IT の優先事項

 

テクノロジーの進化で世界が変化するなか、ビジネスには新しい優先事項が生じ、IT 部門にも新たな対応が求められています。VMware は、デジタル トランスフォーメーションの推進を通じて、コンピューティングとモバイル ユーザー環境の基盤をソフトウェアで刷新することで、競争優位性の確立やビジネスの成長に向けた支援を行っています。VMware のソリューションとサービスでは、使用するクラウドを柔軟に選択できる共通の運用環境、エンドツーエンドのセキュリティ ソリューション、シンプルでセキュアなデジタルワークスペースにより、現在、そして将来を見据えた必要な環境を、ニーズに合わせて構築できます。

VMware は、企業がビジネスの無限の可能性を自由に追求できるよう、重要なミッションの達成を後押ししています。そのミッションは、4 つの戦略的な IT の優先事項である、データセンターのモダナイゼーション、パブリック クラウドとの連携、デジタルワークスペースの実現、ネットワークとセキュリティの変革と連動しています。

データセンターのモダナイゼーション 

IT 部門が既存のデータセンターをそのまま活用していると、さまざまな課題が浮上してきます。多くの IT 部門では、企業の成長に必要な俊敏性と柔軟性を実現できないレガシー システムの問題に取り組んでいるほか、予算の縮小や固定化といった問題も抱えており、従来のインフラストラクチャ モデルでビジネス ニーズに確実に対応することは非常に困難です。また、複数部門がワークフローや承認プロセスに関与するため、イノベーションを活用しても、市場への投入期間がなかなか短縮されません。

場合によっては、社内の IT 部門が対応に手間取っている間に、各事業部門が、俊敏性と柔軟性を提供するパブリック クラウドやハイブリッド クラウドのサービスを導入し、それぞれで解決を図ってしまうこともあります。しかし、パブリック クラウドの利用は、使用するクラウドのサイロ化やコンプライアンス上のリスクをもたらす可能性があるため、IT 部門には、プライベート クラウドとパブリック クラウド全体で、サービスをシームレスかつセキュアに提供する新しい手法が求められています。

ますます高まるビジネス ニーズに対応するためには、俊敏性に優れたサービス指向の IT モデルをデータセンターに適用し、オンプレミス データセンターのリソースとパブリック クラウドの両方を活用する必要があります。少し前までは、可用性が高く、変化に柔軟に対応できる、プログラムで制御されたコンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティのサービスがあれば、競合他社より優位に立つことができました。しかし今日では、これらは標準的な運用であり、多くの企業で採用されています。俊敏性と柔軟性に優れた最新の Software-Defined Data Center 環境への移行を迅速に進めなければ、取り残されるリスクが高まります。

データセンターのモダナイゼーション

詳細を確認する

データセンターのモダナイゼーションに関する詳細情報をご確認ください。

パブリック クラウドとの連携 

パブリック クラウドは、拡張性の高い運用、サービスの迅速な展開、コスト削減の新たな機会を生み出すソリューションです。多くの IT 部門の責任者は、俊敏性の向上とコスト削減に向けて、パブリック クラウド使用の制度化を検討しており、パブリック クラウドのメリットを活用し、事業部門が各ワークロードの要件に応じて適切なクラウドを柔軟に選択できる方法を探っています。ただし、クラウドのサイロ化も防がなくてはなりません。

管理、ネットワーク、セキュリティに共通のソリューションを導入して、マルチクラウド環境の運用を簡素化する必要があるだけでなく、クラウド全体のアプリケーションのコストとパフォーマンスを可視化し、エンタープライズクラスのセキュリティを確保することも重要です。

パブリック クラウドとの連携

詳細を確認する

パブリック クラウドとの連携に関する詳細情報をご確認ください。

デジタルワークスペースの実現 

クラウドやモバイルなどの新しいテクノロジーは、人々の仕事や生活を急速に変化させ、ビジネス戦略にも大きな影響を与えています。モバイル ソリューションのような柔軟性、利便性、生産性を求めるユーザーは増加しており、コラボレーションの活用や、場所、デバイス、アプリケーションを問わない自由なワーク スタイルが求められています。

企業も俊敏性の向上を求めており、業務の効率や効果を最大限に高めるモバイル テクノロジーやクラウド テクノロジーを活用するプロセス作りに取り組んでいるほか、場所やデバイスを問わず、社員の生産性を確保できる優れたエンド ユーザー環境の提供も目指しています。

社員、アプリケーション、データを管理、保護、サポートする従来の方法では、必ずしもビジネス ニーズに対応できません。新たな課題に対応しながらも、新たな機会を活用できるよう、あらゆる業界で生産性、費用対効果、俊敏性に優れた組織作りに向けた新たなソリューションの模索が行われています。

デジタルワークスペースの実現

詳細を確認する

デジタルワークスペースの実現に関する詳細情報をご確認ください。

ネットワークとセキュリティの変革 

現在のビジネスの多くがクラウドやエッジ サービスに依存しているため、従来のネットワーク モデルでは急速に変化するビジネス ニーズに対応できず、デジタル ビジネスの変革に向けたイニシアティブや戦略の推進の妨げとなりかねません。また、アプリケーションやサービスが、モバイル エンドポイント、IoT、データセンター、パブリック クラウド、SaaS、支社環境、エッジなどに広く分散しているため、新しいアプローチでセキュリティを設計、展開する必要があります。効果的なのは、ネットワークとサイバーセキュリティがインフラストラクチャに組み込まれていることです。

これからは、ソフトウェア ベースのネットワークの時代です。一貫性のあるセキュアな基盤でビジネスを大きく発展させるには、データセンターからクラウド、エッジ インフラストラクチャまでを包括するユビキタスなソフトウェア レイヤーが不可欠ですが、そのために必要となるのが、エンドツーエンドのアーキテクチャをセキュアに接続、運用し、アプリケーションやデータにサービスを提供できるソフトウェアの活用です。

ネットワークとセキュリティの変革

詳細を確認する

ネットワークとセキュリティの変革に関する詳細情報をご確認ください。