デジタルワークスペースとは

 

VMwareではデバイスの種類や接続する場所を問わず、業務に必要なアプリケーションやデータにアクセスすることができる環境をデジタルワークスペースと定義しています。最新のクラウドを活用し、IT 部門のサポートを必要とせず、セルフサービスですぐに使用できる環境を実現します。

デジタルワークスペースがもたらす効果

Video Play Icon
(1:53)

デジタルワークスペースがもたらす効果

デジタルワークスペースの実現に向けて

デジタルワークスペース戦略の構築に向けた第一歩を踏み出す方法をご紹介します。

デジタルワークスペースの実現に向けた取り組み

デジタルワークスペースの 5 つの要件

  1. 従業員の使用環境へのフォーカス
  2. 時間や場所を問わないアプリケーションの提供
  3. 最新のデバイス管理
  4. 使用環境とセキュリティの管理
  5. 自動化によるあらゆる規模への対応

詳細をブログで確認する

デジタルワークスペースに関するアンケート

御社のデジタルワークスペースの実現に向けた取り組みの状況を、同業他社の取り組みと比較してみませんか?簡単なアンケートにお答えいただくだけでご確認いただけます。(英語のみ)

 

アンケートに回答する

従業員一人ひとりのニーズに応えるデジタルワークスペース

時代とともに、従業員のニーズも変わってきました。働く時間や場所、業務に使用するデバイスを選択できる柔軟性が求められています。そのため、職務を問わずすべての従業員に、デジタル技術を活用したセキュアかつシームレスにアプリケーションやサービスを利用できる環境を提供し、生産性を確保することが今まで以上に重要になっています。

契約社員

VMware Workspace ONE を活用している企業で、契約社員として働き始めたレイチェルは、すべてのデバイスですべてのアプリケーションをわずか数分で利用できるようになりました。

モバイル ワーカー

出張当日、新しいラップトップを受け取ったアンナは VMware Workspace ONE のおかげでセットアップをスムーズに完了でき、予定のフライトに間に合いました。

期間従業員

アレックスが VMware Workspace ONE を通じて必要なアプリを利用できる一方で、IT 部門はインテリジェントなセキュリティ機能によってアレックスの作業環境や企業情報を保護できます。

従業員のニーズへの対応がもたらすビジネス上のメリット 

今すぐデジタルワークを導入すべき 3 つの理由

  • あらゆる企業で優秀な人材の確保が難航している
  • 会社への信頼/貢献度の高い従業員は多くの利益を創出している
  • 会社への信頼/貢献度の高い従業員の仕事は顧客満足度の向上につながっている

インフォグラフィック:従業員のニーズに応えるワークスペースの重要性 (英語) 

従業員のデジタル化へのニーズへの対応がもたらすメリット

  • チームメンバーとの連携強化:16 % 向上
  • 迅速な意思決定:16 % 向上
  • 各従業員の生産性向上(見込み):5 倍

Forbes Insights レポート:The Impact of the Digital Workforce(英語) 

最新の管理手法の導入 

最新のオペレーティング システムをクラウドからセキュアに管理するには、従来のサイロ化された管理方法では困難です。クラウドベースで行う最新の管理では、物理/仮想環境の Windows 10 のポリシー、パッチ、アップデートの自動化を、スマートフォンやタブレット、Mac や Chromebooks とともにサポートします。これにより、コストの削減、セキュリティの強化、従業員の使用環境の向上を実現できます。

  • 優れた使用環境によって従業員のニーズに応える
  • 最新の Windows 10 管理をサポートする
  • 物理および仮想デスクトップをクラウドから管理する

『Modern PC Management for Dummies』

PC、エンドポイント、ユーザー、アプリケーション、データのセキュアな管理が課題になっていませんか?

ヒントや情報が満載のガイドブックです

マルチプラットフォームのエンドポイント管理

ゼロトラスト セキュリティの実現 

ゼロトラスト セキュリティを導入することで、リスクを恐れずに修正の自動化を行い、従業員の業務環境全体を改善することができます。ゼロトラストは、組織の内部または外部を問わず通信を自動的に信頼すべきではなく、システムに接続しようとするすべての通信はアクセスを許可する前に必ず検証する必要がある、という考えに基づいたセキュリティ モデルです。

  • ユーザーのふるまいや、デバイスのコンテキスト、サードパーティ セキュリティ ツールを活用し、プロアクティブでインテリジェントなリスク評価とポリシー管理を実現
  • 暗号化、データ損失防止機能、アプリケーションの仮想化を活用し、機密情報を効果的に保護
  • ID 管理、ネットワーク トラフィック、デバイス コンプライアンスに基づき修正を自動化

『デジタルワークスペース の 8 つの重要なセキュリティ機能』

従業員、アプリケーション、エンドポイント、ネットワークを保護するための、最新の包括的な予測型アプローチを紹介します。

eBook を読む

単一のプラットフォームでデジタルワークスペースを実現

VMware Workspace ONE

VMware Workspace ONE は、デジタルワークスペースを実現する プラットフォームとして、あらゆるデバイスのあらゆるアプリケーションをシンプルかつセキュアに管理します。アクセス管理、アプリケーション管理、マルチ プラットフォームのエンドポイント管理などの機能が統合されており、クラウド サービスとして利用できるほか、オンプレミス環境への展開も可能です。

Workspace ONE の詳細情報

デジタルワークスペース活用の先駆的事例

Adobe が構築したエコシステムは、クリエイティブなアイディアをあらゆるデバイス上で記録し、緊密に連携した職場環境でそのアイディアをさらに展開させていくことができるように設計されています。

ドイツテレコムの Flexible Enterprise Workplace は、従業員がどこからでも好きなデバイスを使って作業可能で、仕事の生産性を高めるために必要なツールにアクセスできる環境を提供します。

米国赤十字社の Virtual Workplace は、移動の多い従業員やボランティアを対象に、コンシューマー製品のようにシンプルな使用環境とエンタープライズクラスのセキュリティを提供するとともに、150 を超えるアプリケーションへのワンストップ アクセスも実現しています。

デジタルワークスペースの詳細情報

Windows 10 の導入と移行に関する 5 つの主なトレンド  

500 を超えるグローバル企業を対象とした調査から Windows 10 の使用環境に関するインサイトと見解を解説します。

EMM および VDI からデジタルワークスペースへと進化する 10 の方法  

VDI および EMM から統合的なデジタルワークスペースへと移行すべき理由とその方法を解説します。

Office 365 とデジタルワークスペースにより従業員の利便性をセキュアに向上  

最新の統合エンドポイント管理による、最大の生産性とコンプライアンスの管理方法を、ESG のホワイトペーパーでご確認ください。