アクセス管理:1 つのアプリケーションで一括管理

 

デジタルワークスペースの中枢は、セルフサービス アプリケーション カタログを提供する包括的なアクセス管理ソリューションです。ユーザーは必要な IT アプリケーションやサービスへ簡単にアクセスできます。デバイスとの信頼関係が確立されると、コンシューマ製品のようなシンプルな操作性で、アプリケーションに効率よくアクセスできるほか、VPN の設定、使い勝手の悪いトークン、パスワード リセットのためのヘルプデスク チケットなどが不要になります。

VMware のデジタルワークスペース ソリューションは、セキュリティを向上させながら選択肢と柔軟性を広げ、IT 部門とエンド ユーザーの双方にメリットをもたらす新しい運用モデルです。デジタルワークスペースを活用することで、新しいアプリケーションやデバイスのフォーム ファクターにコスト効率よく対応できるため、IT 部門はシャドウ IT の問題に悩むことなくスムーズで直感的なユーザー使用環境を提供できます。

VMware のアクセス管理は、エンタープライズクラスのセキュリティを考慮して構築されており、モバイル デバイスでの多要素認証にも対応しており、プライバシー バイ デザインのアプローチにより、ユーザー個人のアプリケーションやデータを IT 部門では確認できません。

(1:57)

VMware が推進する「従業員ファースト」のアプローチ

VMware Workspace ONE を活用している企業と契約した Rachael は、所有しているすべてのデバイスで、すべてのアプリケーションをわずか数分で利用できるようになりました。

エンドポイント管理の 3 つの主なトレンド

モバイル アプリのポリシーの再検討に役立つ Gartner レポート

レポートを読む

Secure Digital Workspace for Dummies

デバイスや場所を問わない、データとアプリへのセキュアかつリアルタイムのアクセスを提供するためのヒントが満載

ガイドをダウンロードする

関連製品

VMware Workspace ONE
コンシューマー製品のようなシンプルさで、新しいサービスやワークフローを迅速に導入できるだけでなく、コンテキストに応じたきめ細かなアクセス ポリシーの適用によってセキュリティを最適化できます。


VMware Workspace ONE の詳細情報

VMware AirWatch の詳細情報

 

統合エンドポイント管理

単一のプラットフォームを活用したあらゆるアプリとデバイスの管理

詳細情報

Windows 活用の簡素化

場所や所有モデルを問わない、Windows 10 の PC 管理

詳細情報