Windows の活用:Windows アプリケーションとデスクトップの仮想化による場所を問わないセキュアなアクセス

 

従来のアプリケーションの提供方法では、ブラウザやバージョンが限定されるほか、その他の細かい違いに対応する必要があるなど、アプリケーションの導入や管理が複雑になりがちですが、現在のデジタルワークスペースに求められるのは、デバイスの種類、場所、所有モデルを問わない、アプリケーションの可搬性です。

セキュリティの強化に関しては、Horizon でホストされている仮想アプリケーションへのアクセスをエア ギャップ環境からのものに限定することで、信頼されていないデバイスからのアクセスは拒否しつつ、リモート ユーザーが必要な社内アプリケーションへ必要なときにアクセスできる環境を提供します。

デジタルワークスペースでは、Windows アプリケーションやデスクトップ全体を仮想化し、クラウドやオンプレミスのインフラストラクチャに自動的にプロビジョニングできます。ユーザーは、共通のカタログを通じて、いつでも、どのデバイスやネットワークでも、可用性に優れたこれらの仮想アプリケーションや仮想デスクトップにアクセスできます。

(1:48)

VMware が推進する「従業員ファースト」のアプローチ

Alex は VMware Workspace ONE を通じてテクノロジーをシームレスに活用し、インテリジェントなセキュリティによって自身や企業情報を保護しています。

基盤となるデスクトップ仮想化

最新の Gartner によるレポートでは、ユーザー視点のセキュアなワークスペースの構築について考察しています。

レポートを読む

よくある 8 つの落とし穴を避ける方法

アプリケーションとデスクトップの仮想化を導入する際に注意すべきポイントを紹介しています。

ホワイトペーパーを読む

関連製品

VMware Workspace ONE
高い評価を受けている VMware AirWatch エンタープライズ モビリティ管理ソリューションを基盤とし、クラウド ベースのサービスで Windows の管理方法を変革できます。仮想化した Windows のアプリケーションやデスクトップを VMware Horizon で管理、提供できるため、互換性、データとネットワークのセキュリティ、Windows 以外のデバイス間での可搬性を確保できます。

 

VMware Workspace ONE の詳細情報

VMware AirWatch の詳細情報

VMware Horizon の詳細情報

セキュアなアクセス管理

あらゆるデバイスや場所からのセキュアな業務の遂行

詳細情報

統合エンドポイント管理

単一のプラットフォームを活用したあらゆるアプリとデバイスの管理

詳細情報