場所や所有モデルを問わない、Windows 10 の PC 管理

 

従来、Windows OS デバイスの管理はオンプレミスのツールで行っており、ネットワークに接続されているかドメインに属している PC だけが対象でしたが、Windows 10 から、Microsoft 社は、オペレーティング システムをクラウドから管理する、今までとは根本的に異なるアプローチを提供しています。

VMware のデジタル ワークスペース プラットフォームでは、場所や所有モデルを問わず、Windows 10 の PC を管理および制御できます。IT 部門は新しいラップトップに触ることなく、システムをすぐにプロビジョニングできるほか、アプリケーションのライフサイクル管理を完全にサポートできます。デジタル ワークスペースは、承認されたユーザーが最新の Windows アプリケーション、既存の Windows アプリケーション、Web ベースのアプリケーションや SaaS アプリケーションにアクセスできる単一のセルフ サービス プラットフォームです。あらゆるデバイスに Windows アプリケーションを提供できるため、コンプライアンス要件を満たしながら、企業アプリケーションをスムーズに実行できます。セキュリティの強化に関しては、Horizon でホストされている仮想アプリケーションへのエア ギャップ環境でのアクセスにおいて、リモート ユーザーに必要な社内アプリケーションへのアクセスを提供しながら、信頼されていないデバイスからのアクセスを拒否します。

Windows 管理方法の変革

関連製品

VMware Workspace ONE
高い評価を受けている VMware AirWatch エンタープライズ モビリティ管理ソリューションを基盤とする Workspace ONE によって、クラウド ベースのサービスで Windows の管理方法を変革できます。仮想化した Windows のアプリケーションやデスクトップを VMware Horizon で管理、提供できるため、互換性、データとネットワークのセキュリティ、Windows 以外のデバイス間での可搬性を確保できます。

アプリケーションとアクセスの管理の簡素化

あらゆるデバイスや場所からのセキュアな業務の遂行

詳細情報

エンドポイントの統合管理

単一のプラットフォームを活用したあらゆるアプリとデバイスの管理

詳細情報