単一のプラットフォームを活用したあらゆるアプリとデバイスの管理

 

今日では、会社所有のデバイスの提供または共有、個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)、会社支給デバイスの私的利用(COPE)まで、さまざまなデバイス所有モデルが採用されています。

 

VMware のデジタル ワークスペース ソリューションでは、デバイス所有モデルを問わず、従業員のプライバシーを完全に維持しながら、単一のプラットフォームですべてのアプリケーションとデバイスを管理できます。


このソリューションには、業界をリードする VMware AirWatch テクノロジーを基盤とする統合エンドポイント管理が含まれているため、社内ネットワークへの接続の有無を問わず、複数の物理デスクトップにまたがってアプリケーションを管理できます。また、完全かつ拡張可能な、ワイヤレスでのプロビジョニングとライフサイクル管理が可能で、物理ネットワークと仮想ネットワークを問わず、任意のネットワーク全体でユーザー、アプリケーション、デバイスの状況をリアルタイムで確認できます。

エンドポイントの統合管理

モバイルとエンドポイントの戦略的なロードマップ

UEM 戦略の策定に役立つ Gartner の推奨事項

レポートを読む

Windows 10 に関する 5 つの主なトレンド

VMware が実施したアンケートから読み解く Windows 10 の導入と移行に関する知見

アンケート結果を入手する

関連製品

VMware Workspace ONE
高い評価を受けている VMware AirWatch エンタープライズ モビリティ管理ソリューションを基盤とする VMware Workspace ONE は、あらゆるデバイス タイプとユースケースを統合的に管理します。

アプリケーションとアクセスの管理の簡素化

あらゆるデバイスや場所からのセキュアな業務の遂行

詳細情報

Windows 提供方法の変革

場所や所有モデルを問わない、Windows 10 の PC 管理

詳細情報