IT を自動化して IT サービスのライフサイクルを変革

俊敏性に優れた戦略的ビジネス パートナーとしての IT 部門には、最新のクラウド インフラストラクチャやアプリケーションの提供と、継続的な管理の自動化が必要です。

(2:26)

VMware vRealize と NSX の連携:クラウド管理プラットフォーム + ネットワーク仮想化

常に利用可能なアプリケーションを効率よくスピーディに導入できます。

(4:08)

TriZetto

VMware のソリューションにより、新しい環境のプロビジョニング期間を 6 週間からわずか 1 日に短縮した TriZetto の事例をご覧ください。

デジタル エコノミーに不可欠な IT の自動化

自動化によって IT のボトルネックがどのように解消されるかをご覧ください。

インフォグラフィックを表示

IT の自動化:俊敏性を確保するためのポイント

アプリケーション展開の時間短縮の手法をご紹介します。

インタラクティブな Web ページにアクセス

IT を自動化するための実践ガイド

自動化により、IT サービスの提供がどのように促進されるかご確認ください。

ガイドを入手

イニシアティブの概要 

VMware のソリューションでデータセンターのモダナイゼーションを図ることで、インフラストラクチャやアプリケーションのリソースを「ブループリント」としてモデル化し、自動化やポリシーを組み込むことができるため、本番環境に対応したインフラストラクチャやアプリケーション コンポーネントのプロビジョニングにかかる時間を、数週間から数分に短縮できます。また、IT と組織全体のよりシームレスな連携が実現します。

ブループリントの管理がライフサイクル中も運用終了後も容易になるため、この最新のアプローチを取り入れることによって効率よく継続的な管理を行うことも可能です。VMware の自動化ソリューションによって、柔軟性と幅広い選択肢が得られ、IT サービスのライフサイクルを変革することができます。

VMware のソリューションを利用し、最新のインフラストラクチャとアプリケーションを自動化することで得られるメリットは次のとおりです。

  • 本番環境に対応したインフラストラクチャとアプリケーションの質を高めるとともに、より短期間での提供が可能
  • データセンター/ハイブリッド クラウド内でのアプリケーションの配置先を問わず、ライフサイクル全体を通して一貫したアプリケーションのマイクロセグメントと保護
  • プロビジョニング済みリソースのサイズ変更と再利用を自動化することで、リソースを解放し、IT コストの無駄と不整合を削減
  • オンプレミス環境とパブリック環境の両方にわたってサービス提供を管理することで、運用のリスクを低減
  • プライベート クラウドとパブリック クラウドのコストを正確に比較したデータやガイダンスを利用することで、ワークロードの配置が向上

関連製品 

VMware NSX
ネットワーク モデル全体をソフトウェアで再現するネットワーク仮想化の主要プラットフォームです。シンプルなネットワークから複雑なマルチティア ネットワークまで任意のネットワーク トポロジーを数秒で作成してプロビジョニングできます。
VMware NSX の詳細情報

VMware vRealize Automation
IT サービスの提供の自動化により、ネットワーク サービスやセキュリティ サービスなどを含むブループリントに自動化やポリシーを組み込むことで、本番環境に対応するインフラストラクチャを迅速に提供できます。
VMware vRealize Automation の詳細情報

最新アプリケーションの展開

イノベーションの促進と俊敏性の強化

詳細情報

インフラストラクチャのモダナイゼーション

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの導入

詳細情報