仮想化のパワーをデータセンター全体で活用

これからは、共通の運用モデルを提供する統合デジタル基盤が求められます。ソフトウェア ベースのコンピューティング、ストレージ、ネットワークの仮想化、またはハイパーコンバージド インフラストラクチャ スタックにより、プライベート クラウドとパブリック クラウドにわたって、柔軟性、俊敏性、セキュリティ、費用対効果に優れた方法でアプリケーションの提供と管理を行うことができます。

ソリューション概要:ソフトウェア ベースのプライベート クラウド

VMware はマルチ クラウド時代におけるデジタル ビジネスの進化をサポートします。

パブリック クラウドの導入準備

最新のインフラストラクチャを戦略として検討すべき理由を説明します。

ソフトウェア ベースのアプローチによるモダナイゼーション

インフラストラクチャと IT の俊敏性の関係をご紹介します。

eBook を読む

ハンズオン ラボ:インフラストラクチャのモダナイゼーション

インストールせずに無償で VMware 製品をお試しいただけます。

ハンズオン ラボを試す

イニシアティブの概要 


従来のデータセンターは、サイロ化されたインフラストラクチャ レイヤー、専用のハードウェア、細分化された管理機能で構成されていたため、導入や運用が複雑で、IT サービスやアプリケーションの提供に時間がかかっていました。ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)は従来のデータセンターをモダン化し、現代の企業が必要とする運用の柔軟性を提供します。

HCI によって、ストレージが直接接続された業界標準の x86 サーバは、ソフトウェアで制御されたコンピューティングとストレージを備えた費用対効果と拡張性に優れた構成要素として、仮想ネットワークと統合管理機能でシームレスに拡張できます。

 

VMware のソフトウェア ベースのアプローチを利用してインフラストラクチャをモダン化することで実現できるメリットは次のとおりです。

  • 迅速な展開、効率的な運用、優れた拡張性による、ビジネス ニーズへの迅速な対応
  • ネイティブに連携するハイパーコンバージド ソリューションによる、HCI の仮想ネットワークと自動管理機能を活用した、リスクのないインフラストラクチャの拡張、構成と管理リスクの大幅な低減
  • エンタープライズ アプリケーションや次世代のアプリケーションに対応したソリューションと、サーバやストレージの新しいテクノロジーによる、マルチ クラウド時代への対応
  • 仮想スタック全体でのデータセンターの統合的な監視および管理による、IT 部門の意思決定への貢献と全社的な可視性の実現
  • サーバ側の経済性、オンデマンドの拡張性、管理の簡素化、データセンターの統合による総所有コスト(TCO)の削減

関連製品

VMware Cloud Foundation は vSphere、vSAN、NSX で構成され、コンピューティング、ストレージ、ネットワークの仮想化がネイティブに統合された Software-Defined Data Center スタックです。

Cloud Foundation の詳細情報

VMware vSphere は、アプリケーション、クラウド、ビジネスに最適な基盤です。

vSphere の詳細情報

VMware vSAN は、業界をリードするハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューション向けソフトウェアです。vSAN の詳細情報

VMware NSX は、基盤となる物理ハードウェアからネットワーク全体を抽象化してソフトウェアで実行し、ハイパーバイザー レイヤーに組み込みます。NSX の詳細情報

VMware vRealize Suite は、IT サービスの運用と管理を効率化します。vRealize Operations、vRealize Log Insight、vRealize Business for Cloud を連携させることで、SDDC とマルチ クラウド環境のアプリケーションからインフラストラクチャまで、インテリジェントな運用管理が可能になります。

インテリジェントな運用の詳細情報

最新アプリケーションの展開

イノベーションの促進と俊敏性の強化

詳細情報

IT の自動化

IT サービスのライフサイクルの変革

詳細情報