今すぐ登録

 

弊社 は、あなたが弊社に提供した個人データ(連絡先の詳細を含みます)を、Zoom 上で VMware が提供する Web セミナーへの参加申し込みを管理するため、質疑応答やリアルタイムのアンケート投票、チャット機能などの各種機能をご利用いただくために使用します。進行中の Web セミナーにおいて、弊社は主催者とパネリストの音声の録音やビデオの録画を行うことがあります。主催者が参加者の発言を許可する場合、あなたの声が録音される可能性があります。

弊社は、本プライバシー通知に記載されている目的のためにのみ、 VMware グローバル プライバシー ポリシー . に従ってあなたの個人データを処理します。

VMware はあなたの個人データの管理者です。Zoom は個人データの処理者であり、弊社はZoomと適切なデータの処理および転送に関する契約を締結しています。Zoom による個人データの取り扱いに関する詳細を確認するには、 Zoom プライバシー ポリシー. をお読みください。

VMware による個人データの取り扱いに関する詳細については、 VMware グローバル プライバシー ポリシー. をご覧ください。本プライバシー通知に関して質問または懸念がございましたら、弊社 privacy@vmware.com. までご連絡ください。


デモで体感する Cloud Management セミナー

 

Webinar Details

2022年 5月 24日

火曜日 13:00-14:00

 

 

今日、平均的な組織では、ビジネスを推進するためにおよそ500のアプリを実行しており、それらのアプリはクラウドに分散されています。VMware のお客様の 75% は、2 つ以上のパブリック クラウドを利用しており、40% は 3 つ以上のクラウドを利用しています。このようなマルチクラウド環境は、より多様で複雑、かつ分散しているため、俊敏性とリスク管理のトレードオフを強いられることが多く、結果として実行が遅くなり、コストが増加しています。

 

また、ハイブリッドやマルチクラウドにまたがるアプリケーション・ポートフォリオの増加に伴い、アプリケーション、コンテナ、データベース、クラウド・インフラ(コンピュート、ストレージ、ネットワーク)、物理ハードウェアなど、ITの管理するべき項目は何倍にも膨れ上がってきています。

当セミナーでは、次の2セッションで、次をカバーします。

 

セッション1) vRealize Automationによるセルフサービスと一貫性のあるクラウド利用体験の提供(30分)

VMware のマルチクラウドのエキスパートが、vRealize Automation を活用したインフラストラクチャの自動化やあらゆるクラウド上でのアプリケーション配信、複数のエコシステム パートナーと統合など、デモを交えてご紹介します。

  • ServiceNowとの統合によるセルフサービス体験の向上
  • マルチクラウド自動化のための連携機能

 

 

セッション2) ハイブリッド、マルチクラウド環境におけるフルスタックモニタリング(30分)

VMwareのマルチクラウドのエキスパートが、俊敏で安全なIT運用を実現するためのVMwareのフルITスタック監視とアナリティクスのアプローチについてデモンストレーションを行います。ITチームはどのようにして、すべてのコントロールポイントに対するITスタックのフル監視を行い、すべてのITチームに対してシングルソースの真実を提供できるのかをご紹介します。

 

 

  • VMware Multi-Cloud Managementのビジョンと、Universalサブスクリプションを使用した柔軟な SaaS/オンプレミス デプロイメント
  • クラウド上のさまざまなコントロールポイントにおけるインフラからアプリケーションへの可視性の統一されたビューの取得
  • IT スタックの一部が他の部分への影響についての理解
  • ハイブリッド、マルチクラウドの正常性(ヘルスサマリ)を豊富なメトリクスで表示
  • フルITスタック監視のアプローチを決定するためのツール、アセスメント

 

Speakers:

 

  • Yasuhide Motomura, Senior Solution Architect, Multi-Cloud Management, Japan, VMware
  • Ryuki Hashikawa, Specialist Solution Engineer, Multi-Cloud Management, Japan, VMware
  • Eiji Kyono, Manager, Solutions Architecture, Multi-Cloud Management, Japan, VMware