738900_NW01_sase_01

 

選ばれるVMware SASE の優位性を大公開!

 

企業のセキュリティ施策が、「内側は安全」とする境界防御型から、ゼロトラストアーキテクチャへと移行しています。

そして、新たな考え方として、SASE(Secure Access Service Edge、サシー)に注目が集まってきています。クラウド利用を前提とし、SD-WANと高度なセキュリティ機能を組み合わせ、あらゆる場所から企業のセキュアなアクセスを実現することができます。

本資料では、SASEについてヴイエムウェアの視点から詳しく解説しています。
「VMware SASE PoP」を中心としたSASE基盤をグローバルで提供することで、エンドポイント管理、SD-WAN環境、クラウドセキュリティサービスとの連携、ファイアウォールという4つの主要機能を実現、クラウドネットワークとセキュリティを融合できる様子を、豊富な図を交えてわかりやすく伝えています。