NW04

 

旭化成がSD-WANを国内340か所に導入する理由とは

 

リモートワークが拡大する中で、多くの企業で社内ネットワークの帯域逼迫が大きな問題になっています。

旭化成はその解決のために、国内約340拠点、3万人が使う社内ネットワークの VMware SD-WAN™ by VeloCloud®への切り替えを開始しました。これによって、社員がリモートワークでも不自由なく業務が行えるIT環境が実現します。

本資料では、導入前に抱えていた課題やVMware SD-WANを採用した決め手、導入後の効果などを4,000文字以上のボリュームでまとめています。
クラウドファーストな企業ネットワークを実現することを目指している企業の方はぜひご確認ください。

<お客様からの評価>
社内システムはクラウドファーストの方針で、インターネットで安全に業務ができることを根底にすえ、ゼロトラストの考え方で新しいネットワークを計画しました。VMwareSD-WANはインターネット通信を最適に利用ができ、ローカルブレイクアウトが可能で、通信の可視化も可能です。
その意味で旭化成のリモートワークでも働きやすいIT環境の実現に必須の製品だと考えています。これからも最先端のテクノロジーを取り入れながら、安定的に運用していきたいと思います。