すべての製品ライセンスを管理しサポートを合理化

My VMware は、製品ライセンスとサポート情報のオンライン管理を簡素化する、アカウントベースのセルフサービス型統合インターフェイスです。VMware のすべてのパートナーの皆様とお客様にご利用いただけます。

My VMware が提供する機能

  • 製品のダウンロード
  • 製品のライセンス キーとサポート情報をエンタイトルメント アカウント単位で表示および管理
  • 簡単に作成できるフォルダを使用してライセンス キーを整理
  • ヘルプ リソースの利用とサポート リクエストの発行
  • 製品のすべての評価版や無償評価の表示および管理
  • 購入履歴およびサポート契約のステータスの表示
  • 製品のダウンロードや評価版をわかりやすく整理して表示することで、インストールの時間を短縮
  • ライセンス キー管理およびサポート情報に関するユーザー権限の管理
  • サポート契約の更新見積もりのリクエスト
  • エンタイトルメント アカウント内のユーザーが行った全アクティビティの追跡

VMware 認定パートナーの皆様は、多くの場合、お客様からパートナーとしての指定を受ける際にこれらの権限を付与される可能性があります。

My VMware

My VMware の FAQ(パートナー向け)

概要

My VMware プロファイルで Partner Connect にログインできますか?

いいえ。My VMware プロファイルは、Partner Central のプロファイルとは異なります。Partner Central のアカウントには、your@emailaddress.com.vmw のように ログイン E メール アドレスに .vmw の拡張子が付けられていますが、My VMware ログイン E メール アドレスの場合、your@emailaddress.com のように、拡張子は付きません。Partner Connect のアカウントを登録するには、こちらのユーザー用セルフ登録フォームをご利用ください。

My VMware は、パートナーにどうのような影響を及ぼしますか?

My VMware では、マニュアルまたは EDI で発注書を発行する場合に必要な作業が、パートナーの種類に応じて異なることがあります。特に、既存のお客様による発注には、EA(エンタイトルメント アカウント)番号が必要になります。また、ライセンスやサポート情報の表示、および EA 内でのこれらの情報の管理方法も変わります。お客様のエンタイトルメント アカウントを管理する場合は、特定の権限が必要になることがあります。パートナーがお客様の代理を努める場合は、お客様にこれらの権限を割り当てていただく必要があります。

詳細については、お客様向けの FAQ を参照してください。 

Partner Connect から My VMware にログインできますか?

現時点ではできません。My VMware は多数の既存ポータルを統合していますが、Partner Connect との連携や Partner Connect の機能の移行はしていません。My VMware は 独立したポータルであり、別途ログインが必要です。 

スーパー ユーザー ロール

パートナーとしてお客様のライセンスを管理していますが、スーパー ユーザーの権限が必要ですか?

いいえ。通常、スーパー ユーザーロールはお客様が引き続き保持します。パートナーの権限レベルは、お客様から割り当てられます。パートナーがスーパー ユーザーになることを希望する場合は、お客様に直接権限を依頼してください。また、すべての権限と機能をパートナー企業に移行してパートナーをスーパー ユーザーとして指定することは、特定の法的な責任がパートナーに委譲される可能性があるため、お客様にその旨を確認してください。 

お客様のエンタイトルメント アカウントでスーパー ユーザーとして表示されていますが、心当たりがありません。どうしたらよいでしょうか?

My VMware への変換処理において問題が生じた可能性があります。Partner Support Center にお問い合わせください。 

サポート

サポート コードがツールに表示されないのはなぜでしょうか?

パートナーのサポート コードはプログラム レベルに基づいて表示されており、ライセンスには直接関連していません。したがって、サポート コードはこれまで同様に Partner Connect では表示されますが、My VMware では表示されません。

お客様が OEM ライセンスに関するサポートを確認できないのはなぜですか?

My VMware では、OEM ライセンスに関するサポートの表示または取得のプロセスは現行のまま変更されていません。特定の OEM パートナーは認定サポート プロバイダーとして、お客様に対してレベル 1 およびレベル 2 のサポートを提供します。したがって、サポートはこのポータル内のライセンスに関連づけられていないため、ポータルに表示されません。 

NFR

無償提供(NFR)ライセンスのサポートはどのようにリクエストしたらよいですか?

パートナー タイプによって異なりますが、これまでと同様、ほとんどの NFR ライセンスにはサブスクリプションが付与されています。NFR ライセンスのサポートをリクエストする場合は、サブスクリプションのサポート コードを使用します。Partner Connect でサポート コードをご参照のうえ、Partner Support Center にお問い合わせください。 

NFR ライセンスの更新方法を教えてください。

NFR ライセンスの更新方法はこれまでと同じです。パートナー プログラム契約を更新すると、毎年更新されます。パートナー プログラムに関するご質問は、Partner Support Center にお問い合わせください。

有効期限が切れた古い NFR ライセンスが現在も表示されるのはなぜですか?

古いバージョンのライセンスを使用していない場合は、Partner Support Center に連絡して、エンタイトルメント アカウントからそれらを削除するよう依頼してください。

評価

パートナー用の評価版がツールに表示されないのはなぜですか?お客様用の評価版は表示されますが、パートナー用の評価版は表示されないのはなぜですか?

VMware はパートナー固有の評価ライセンスを発行するために独立したプロセスを利用しています。このプロセスは現在 My VMware ポータルにリンクされていません。 

ただし、www.vmware.com/jp から直接ダウンロードされたお客様用評価版ライセンスは、My VMware に表示されます。 

EA(エンタイトルメント アカウント)番号

お客様は EA 番号を複数持つことができますか?

はい、できます。お客様には、複数の EA が割り当てられる可能性があります。また、複数の EA をリクエストすることもできます。My VMware への変換処理において、お客様は複数の EA 番号が自動的に割り当てられることがあります。EA 番号を統合する場合、または EA 番号の追加が必要な場合は、VMware にお問い合わせください。

EA は最上位のアカウントです。複数の EA を持つお客様にはスーパー ユーザーも複数設定され、それぞれのスーパー ユーザーは固有の EA 番号に関連付けられた情報のみを管理できます。

新規のお客様の場合は、初回の発注プロセスで新規の EA 番号が作成されます。特にリクエストがないかぎり、以降のすべての発注はこの EA に割り当てられます。 

EA 番号を指定しないで発注すると、どうなりますか?

既存のお客様の場合、My VMware を使用してライセンスにアクセスできるようにするには、お客様の EA 番号を検索して、発注書に記入することが重要です。既存のお客様で、EA 番号が記載されていない場合は、注文処理に遅延が生じることがあります。または誤って新しい EA 番号が作成され、それによってさらなる遅延が発生することがあります。このような遅延を避けるため、既存のお客様の場合は、すべての発注に対して EA 番号を指定するようにしてください。 

新規のお客様には、発注プロセスで EA 番号が割り当てられます。

お客様の EA 番号が不明な場合は、どこで検索したらよいですか?

既存のお客様の EA 番号は、Partner Connect にある「EA Lookup Tool(エンタイトルメント アカウント検索ツール)」で検索できます。 

お客様に誤って EA 番号が複数割り当てられた場合、どのように修正したらよいですか?

EA の集約または削除については、VMware の担当者または Partner Support Center にお問い合わせください。 

EA 番号: リセラー

私はリセラー パートナーです。ディストリビュータへの発注書にエンタイトルメント アカウント番号(EA 番号)を含めなかった場合、どうなりますか?

お客様の EA 番号が指定されていない場合に、リセラー パートナーが EA 番号を検索する方法を教えてください。

お客様の EA 番号を検索するには、Partner Connect で利用可能なオンラインの「EA Lookup Tool」を使用してください。お客様に EA 番号が複数ある場合は、お客様にお問い合わせのうえ、使用する EA 番号を確認してください。 

EA 番号:ディストリビュータ

私はディストリビュータ パートナーです。VMware への発注書に EA 番号を記載しなかった場合、どうなりますか?

新規のお客様の発注書の場合、注文処理中に VMware が EA 番号を作成します。既存のお客様の場合、EA 番号が必要です。既存のお客様で、EA 番号が記載されていない場合は、注文処理に遅延が生じることがあります。または誤って新しい EA 番号が作成され、それによってさらなる遅延が発生することがあります。 

私はディストリビュータ パートナーです。お客様から EA 番号が提供されない場合、どうしたら EA 番号を知ることができますか?

パートナー チャネルにおいて、EA 番号の確認は責任分担による運用になります。「EA Lookup Tool」は Distributor Central でも近日中に利用可能になる予定です。複数の EA から選択する必要がある場合は、詳細についてリセラー パートナーにお問い合わせください。 

ライセンスの種類

VSPP、OEM、NFR、IUL など、種類ごとにライセンスを区別するにはどうすればいいですか?

My VMware では、お客様の組織構造にあわせて、ライセンスを管理および設定できます。My VMware のフォルダ管理機能を利用すると、オーダー番号、名前、ライセンスの種類、または選択した指定内容に基づいて、製品の識別やグループ化が可能です。ポータルに表示されたライセンス情報は、このような方法で変更することができます。 

サポートおよびサブスクリプション(SnS)の更新

お客様は、ライセンスの更新時に別のパートナーを選択できますか?

 はい。My VMware では、このプロセスは今までと同じです。お客様は更新プロセスで、現行のパートナーで更新するか、別のパートナーを選択するかを決めることができます。

IUL(社内使用ライセンス)を更新する方法を教えてください。

 IUL の更新プロセスは今までと同じです。Renewals Center にアクセスして、更新してください(現在日本で Renewals Center をご利用いただけるのは、ディストリビュータ パートナー様のみとなっております)。

VMware の更新ポリシーはどのようなものですか?

更新ポリシーに関する一般的なお問い合わせについては、更新の FAQ をご覧ください。更新ポリシーの全文については、全世界向けのサポートおよびサブスクリプション サービス(SnS)ドキュメントをご覧ください。

OEM

OEM パートナーのお客様がライセンスを入手するための方法を教えてください。

OEM のお客様が PAC(Partner Activation Code)ライセンスを入手するためのプロセスについては、次の 1 点のみ変更されています。ライセンスを入手する手順において、お客様はドロップダウン メニューから適切な EA 番号を選択するように要求されます。個人および企業が複数の EA 番号を持つことは可能ですが、1 つのライセンスにつき選択できる EA 番号は 1 つのみです。EA 番号が選択されない場合は、お客様が新しい EA をリクエストしたとみなされます。選択できる EA 番号がない場合は、新規のお客様である可能性が高いため、VMware は EA を自動的に作成します。ただし、既存の EA 番号があるにもかかわらず、その EA 番号が表示されない場合は、VMware のカスタマー サービスにお問い合わせください。 

OEM からお客様用に購入したライセンスを更新する方法を教えてください。

パートナーが、ディストリビュータからでなく OEM からライセンスを購入した場合は、パートナーまたはお客様が OEM と直接やり取りしてライセンスを更新する必要があります。 

OEM ライセンスに関する更新アラートが表示されないのはなぜですか?

特定の OEM が販売したライセンスについては、更新はお客様と OEM の関係によるため、更新アラートがお客様に表示されません。 

お客様の OEM ライセンスを表示するにはどうすればよいですか?

ライセンスは EA 内のフォルダに契約番号別に格納されます。OEM パートナーがこれらを参照できるようになるためには、お客様に必要な権限を設定いただく必要があります。 

VSPP

VSPP パートナーは、レンタル ライセンスおよびサポートの情報を表示できますか?

はい。レンタル ライセンスは EA 内のホーム フォルダに格納されています。レンタル ライセンスのオーダー番号と指定されたオーダー番号を比較して、レンタル ライセンスを特定してください。容易に識別できるように、必要に応じて新しいフォルダを作成し、フォルダ名を変更することを推奨します。すべてのレンタル ライセンスで完全なプロダクション サポートを利用できます。サポート リクエストは既存のプロセスを使用して発行できます。